ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

広中平祐

広中平祐
広中 平祐(ひろなか へいすけ、1931年4月9日 - )は日本数学者日本人で2人目のフィールズ賞受賞者である。専門は代数幾何学で、フィールズ賞受賞対象の研究は「標数0の上の代数多様体特異点の解消および解析多様体の特異点の解消」。日本学士院会員
山口県 玖珂郡 由宇町(現・岩国市)生まれ。父は大手の呉服商を営んでいたが敗戦と共に没落し、衣料品の行商人として平祐たちを育てた。名字の「広」の字は正しくは「廣」である。夫人は環境庁長官を務めた広中和歌子。娘の広中えり子も数学者でフロリダ州立大学助教授
数学教育に積極的に取り組んでいることでも知られ、数理科学に強い情熱と優れた資質を持つ若者に学年や地域の壁を越えた交流の機会を提供するために、1980年に第1回数理の翼夏季セミナーを主催した。ほかに、東京書籍算数・数学教科書の監修も担当している。
若い頃はピアノの演奏家、作曲家を志していた。数学をしているときと作曲しているときと、同じ状態だという。指揮者の小沢征爾は古くから友人。ピアノは高校時代に殆ど独習で学んだが、始めた時期が遅いことからプロの演奏家になることは諦めた。
投資家でもあり、仕手筋として知られ、兜町では畑崎広敏と共に「買い占めのH2コンビ」と呼ばれている。

略歴

  • 1950年、山口県立柳井高等学校卒業。
  • 1954年、京都大学理学部卒業。
  • 1956年、京都大学理学研究科で修士号取得。
  • 1960年、ハーバード大学で博士号取得。
  • 1960年、ブランダイズ大学講師。
  • 1961年、ブランダイズ大学助教授。
  • 1963年、ブランダイズ大学准教授。
  • 1963年、京都大学理学研究科より博士号を取得。
  • 1964年、コロンビア大学教授。
  • 1968年、ハーバード大学教授(1992年まで)
  • 1970年 9月2日フィールズ賞受賞。
  • 1975年、京都大学数理解析研究所教授(1988年まで)
  • 1975年、文化勲章受章
  • 1984年、財団法人数理科学振興会設立代表
  • 1990年、ハーバード大学名誉教授(William Elwood Byerly Professorship in Mathematics)
  • 1996年、山口大学学長に就任(2002年まで)
  • 2003年、創造学園大学(2004年開学)初代学園長
  • 2004年、レジオンドヌール勲章(シュバリエ章)受章
  • 2008年、ソウル大学教授

関連項目

  • 数理の翼夏季セミナー
  • 広中 (小惑星)

脚注

310409 -310409
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件