ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

山本八郎

山本八郎
山本 八郎(やまもと はちろう、 1937年9月17日 - ? )は、大阪府出身のプロ野球選手捕手外野手)。現役時代は東映近鉄サンケイで活躍した。

来歴・人物

浪商高校(現・大阪体育大学浪商高等学校)では1955年の選抜大会に5番・捕手として出場し、優勝。1956年に東映に入団。礼儀正しい言動と闘志あふれるプレーで、猛者揃いのチームの中でも目立った存在だった。「ケンカはち」、「ケンカ八郎」のニックネームでファンが多かった。2年目の1957年のシーズン、一時期打率1位にランキングされる活躍を見せるが、8月の大映戦の試合中にクロスプレーで右腕を骨折、残りシーズンを棒に振った。
1958年 5月10日南海戦で、判定をめぐって審判へ暴力行為を働き退場、無期出場停止処分となり、ファンからの署名活動により6月23日に出場停止が解除された。1959年には試合中の乱闘が原因で自主的出場停止となり、永平寺での精神修行もおこなった。岩本義行監督の提案により1959年に三塁手1961年一塁手を務め、のち外野手に転向した。水原茂監督との確執により1963年に近鉄に移籍、同年に22本塁打を記録。1967年にサンケイに移籍、同年引退。引退後は水族館でシャチの飼育係に転身。 その後、大阪で実家の店を継ぐなど、球界と一線を引いている。

年度別打撃成績

  • 表中の太字はリーグ最多数字

タイトル・表彰

  • オールスターゲーム出場:4回(1957年、1963年~1965年)

関連項目

  • 大阪府出身の人物一覧
  • 別当薫
  • 飯田徳治
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件