ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

坂本勇人

坂本勇人
坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手内野手)。

経歴

昆陽里小学校1年から、少年野球「昆陽里タイガース」において投手兼遊撃手として野球を始めた。田中将大とは小・中学校の同級生で、小学校時代は同じ野球チームだった。当時は坂本が投手、田中が捕手でバッテリーを組んでいた。松崎中時代は伊丹シニアに所属。
高校は青森県八戸市の光星学院に野球留学した。1年秋から遊撃のレギュラー、2年春から4番をつとめた。2年秋の東北大会準優勝で3年春のセンバツに出場。春の東北大会では16打数13安打打率.813、4本塁打をあげて注目を集めた。高校通算39本塁打。
2006年 9月25日に行われた高校生ドラフトで、この年の目玉だった堂上直倫の抽選に外れた巨人より1位指名を受ける(いわゆるハズレ1位)。そして11月5日に契約金8000万・年俸650万で仮契約。
2007年
ルーキーイヤーは開幕を二軍で迎える。しかしイースタン・リーグでは田中大二郎と共に出場機会を与えられた。途中実母の死去などによる欠場があったものの、シーズン前半の全60試合中、54試合に出場。7月に初めて1軍昇格し初出場(代走)を果たす。9月6日には中日戦で初安打初打点を記録(この試合の決勝点でもあった)。
2008年
春季キャンプで原辰徳監督などから急成長を認められ、オープン戦で遊撃手・二塁手として全試合に出場し、好成績を残す。開幕直前に正遊撃手二岡智宏が怪我から復帰したものの、打撃面の期待、短期間で二塁守備にも順応したこと、開幕投手が左投手の石川雅規だったことなど条件が重なり、巨人では松井秀喜以来となる10代での開幕スタメン(8番・二塁)を果たす。その後も木村拓也脇谷亮太などと併用されると思われたが、開幕戦で二岡が負傷。以降は本職である遊撃手としてスタメン出場を続けた。二岡の復帰後も遊撃手の位置を譲ることなく、全試合にスタメン出場した。高卒2年目での全試合スタメンは中西太清原和博に続いて史上3人目である(セ・リーグでは初)。また、坂本はこの年のオープン戦・公式戦・オールスター戦・クライマックスシリーズ・日本シリーズの全172試合に出場した。新人王こそ同僚の山口鉄也に譲ったが(坂本は次点)、巨人の選手では高橋由伸以来10年ぶりとなるセ・リーグ会長特別表彰(新人選手特別賞)を受賞した。
  • 7月31日オールスターゲームに初出場。第2戦で初安打も記録。
  • 11月1日西武との日本シリーズに初出場。また、最終第7戦では西口文也から本塁打を放つ。10代での日本シリーズ本塁打は当時西武だった清原和博以来、22年ぶり。

プレースタイル

  • 足を高く上げるフォームから、広角に打ち分ける強い打球が特徴。高校3年になってから急成長した選手である。
  • 50メートル走のタイムは6秒、遠投も110メートルと、線が細いながらもファーム時代から身体能力を高く評価されている。
  • 本来は左利き(ペンも箸も左)だが、幼少時に兄のお下がりである右利き用グラブを使い続けていた為、右投げ右打ちになった。外角の球でタイミングを外されても前足(利き足)で踏ん張り、腕一本でボールに食らい付く。追い込まれてから石井一久の厳しい内角のカットボールをスタンドに運んだかと思うと、打ち頃の球をあっさりと打ち上げてしまうような面もある。
    • 左打者のような一塁側にもたれかかるような動きが無く、強いリストで打球をはじき返すためか、打球の軌道は中長距離打者を期待させる弾道を描く。練習試合を一見した長嶋茂雄に「試合に出場して『体のバネ』をつけ、前田智徳(広島)のような打者になってほしい」との言葉を贈られた。
  • 原監督には右のスラッガーとして期待されており、いわゆる「大きく育てる打撃」と、ベンチ主導のバントの二者択一となっている。開幕当初のバント技術は高いとはいえなかったが、西山バッテリーコーチの指導で改善された。
  • 遊撃守備に関しては、補殺刺殺は両方ともかなり多く守備範囲は広い。しかし、三遊間の打球を取った後の送球等不安定な部分も多く、失策の多さも目立つ。まだ若いゆえに荒さは残るがこれからが注目される選手であり、現在の打撃と守備の課題を克服してどこまで成長できるかが期待されている。
  • 2008年ドラフト会議で1位指名された東海大学附属相模高等学校出身のルーキー・大田泰示との三遊間コンビ結成も期待されている。

エピソード

  • 入団1年目並びに2年目に付けた背番号の「61」は200「6」年の高校生ドラフト「1」位に由来していた。
  • 打席に入るときの登場曲はGReeeeNの『キセキ』。
  • スタメン獲得時には19歳という若さやその甘いマスクからマスコミにも大きく取り上げられ、時には週刊誌の表紙を飾るなど期待を受けている。こうした注目もあって、開幕直後に日本テレビ久保伸太郎社長が「(視聴率対策に)坂本を使い続けて欲しい」とインタビューに答えたほど。
  • 2008年に巨人がリーグ優勝しビールかけを行ったが、まだ未成年者の坂本はマスクをつけ、「ビールをかけないでください」と書かれたタスキをつけて登場。ビールの代わりに炭酸水を大量に浴びて優勝を喜んだ。

年度別成績

打撃成績

  • 表中の太字はリーグ最高

守備成績

  • 表中の太字はリーグ最高

個人記録

  • 初出場・盗塁・得点:2007年7月12日・対阪神12回戦・東京ドーム代走出場)
  • 初安打・打点:2007年9月6日・対中日21回戦・ナゴヤドーム代打出場安打・高橋聡文から)
  • 初本塁打:2008年4月6日・対阪神3回戦・東京ドーム(セ・リーグ史上最年少満塁本塁打・阿部健太から)

表彰

  • セ・リーグ会長特別表彰(新人選手特別賞) - 2008年
  • 東京ドームMVP特別賞(2008年)

背番号

  • 612007年 - 2008年
  • 62009年 - )

関連項目

  • 兵庫県出身の人物一覧
  • 読売ジャイアンツの選手一覧
  • 田中将大

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件