ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

原田康子

原田康子
原田康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - )は東京都生まれ、北海道釧路市出身の作家
高等女学校卒業後、釧路新聞に勤務。1949年に同人雑誌「北方文芸」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年新潮同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されると空前のベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で女流文学賞、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞した。

作品リスト

  • 遠い森
  • サビタの記憶
  • 廃園
  • 挽歌
  • 病める丘
  • 輪唱
  • いたずら
  • 殺人者
  • 望郷
  • 鳥のくる庭
  • 素直な容疑者
  • 北の林
  • 風の砦
  • 星の岬
  • 日曜日の白い雲
  • 恋人たち
  • イースターの卵
  • 満月
  • 聖母の鏡
  • 蝋涙
  • 海霧
はらたやすこ はらたやすこ はらたやすこ
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件