ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

加藤茶

加藤茶
加藤 茶(かとう ちゃ、1943年3月1日 - )は、日本ドラマー歌手・男性コメディアン俳優であり、ザ・ドリフターズの一員である。本名、加藤 英文(かとう ひでゆき)。身長:163cm。血液型はA型(長年AB型としていたが間違いが判明)。愛称は「加ト茶」「カトちゃん」「ヒデ坊」「チャー坊」など。父はギタリストの平八郎(たいら はちろう)。

来歴

ドリフ入りまで

東京都 世田谷区に生まれ、すぐに愛媛県新居浜市に移る。実父もバンドマンであった。 幼い頃両親が離婚し、物心つく前に母親に引き取られ小学校から高校卒業まで福島県福島市で妹と共に暮らす。学法福島高校卒業後、1960年東京の叔母を頼って上京。
上京後、トロンボーン奏者を目指してスターダスターズのバンドボーイをやるが、ある日手当ての100円をマネージャーに催促したところ、マネージャーに100円を投げつけられ、頭に来てマネージャーと喧嘩してクビになる。その後、先輩から捨てておいてと頼まれたスティックを使い練習、ドラマーとしてクレージーウエストにメンバー入りし、仲本コージ(現・仲本工事)と出会う。
1962年、碇矢長一(後のいかりや長介)と同時期に、「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」にメンバー入り。

ドリフ加入後

1964年には、ドリフの初レギュラー番組『ホイホイミュージックスクール』にて、「加トちゃんぺ」のギャグが受け、一躍人気者となる。これは、付けの糊が剥がれやすかったために、度々2本指で押さえていたものがギャグとして通用したと本人が語っている。
1964年、ドリフ内部で発生したクーデター(詳細はドンキーカルテットとの分裂を参照)の際、碇矢と共にドリフに残り、新生ドリフを立ち上げる。新生ドリフ結成直後、当時所属していた渡辺プロダクションの先輩・ハナ肇に「芸事で飯を食っていこうとするのなら、水に係わりのある芸名にした方がいい。お前は、みんなから「加トちゃん」って呼ばれてるんだから、加藤茶にしなさい」と言われ、加藤茶となった。
1969年より『8時だョ!全員集合』(以下『全員集合』)にて、さまざまな一発芸をヒットさせ、1970年代前半には小学生の間でカリスマ的存在となる。この時代のトレードマークは禿げヅラにビン底メガネにちょびヒゲであり、現在タレントショップ等で売られている彼のキャラクターグッズも、それらを装着した姿をモチーフにしたものが多い。
社会や人間関係の縮図をディフォルメした初期のコントや映画に於いては、お笑い(いつも損をする役、イジメられ役、笑われ役)の中心で、ドリフメンバーの中で最も持ちネタやギャグが多かった。特に1972年から1973年までの間『全員集合』で毎週たった一度だけ「タブー」の曲に合わせて踊る「ちょっとだけよ」は大ブレークし日本のコントの歴史に残るギャグとなる。
この頃付き人兼居候として志村けん、運転手としてすわしんじ(現・すわ親治)が加藤の下についた。
新生ドリフは、『全員集合』終了までソロ活動を行なわせなかったといかりやは語っているが、加藤のみクレージーキャッツ植木等と映画で共演していた。
志村の人気がブレイクした後は一手にギャグを受け持つ存在から、志村とのコンビで笑いを生み出す存在へと立ち位置を変化させた。このことが、『全員集合』の後番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』『KATO&KENテレビバスターズ』へつながっていく。

『全員集合』終了後

『加トケン』終了後は単独でバラエティ番組に出演する傍ら、俳優業にも進出。NHK新大型時代劇の『武蔵坊弁慶』ではそれまでのイメージを覆す、非常にシリアスな役を演じた。また「加トちゃんBAND」、「こぶ茶バンド」を率い、お笑いだけでなく、本来の持ち芸であるミュージシャンとしての活動も活発化させた。
2003年 3月1987年11月に結婚した夫人と熟年離婚したが、病気療養中のいかりやに心配をかけないようにとの心遣いから、このことはいかりやの死後まで公表しなかった。最近はバラエティ番組においても「家に帰っても誰もいないんだよ」などと自らの離婚をネタにしたトークを繰り広げることが多くなった。特に『行列のできる法律相談所』において離婚を決意した日のことを語ったときにはあまりの内容の重さに司会の島田紳助から「その続きは『その時歴史が動いた』でやってもらいましょ」といわれるほどだった。
2004年、いかりや長介が死去したことにより、ザ・ドリフターズの最古参メンバーとなった。いかりや長介の葬儀の際には、最古参メンバーということで、年長の高木ブーに代わって弔辞を読んだ。この中で、加藤は「これからオレたち4人で、ドリフターズ、やっていくよ。あんたが残した、財産だからね。(中略)あ、でもそっちからいきなり『全員集合』って言われても、俺たちすぐには行けないからね…」と語りかけた。
2006年 10月30日、微熱と体のだるさが1ヵ月以上続く体調不良により緊急入院。同年12月のこぶ茶バンド公演も出演中止が決まった。病名は、“Stanford A型大動脈解離”であると本人が2006年12月26日の会見で発表、生還を果たしリハビリ中であることを語った。実際の会見では「Standard A型大動脈解離」と言い間違えている。この際に看病してもらったのは、熟年離婚した元妻であった。記者会見の際にギャグを求められ、「加トちゃんペッ!」をした。またこの手術により、長年AB型だと思っていた血液型が、検査により本当はA型であると判明した。仕事復帰は困難とも言われたが、わずか4ヵ月で鬼嫁日記 いい湯だなに出演する形で復帰した。

人となり

  • スピード狂のところがあり、1970年交通事故を起こしたり、1987年には首都高速を80キロオーバーの時速143kmで走るなどのスピード違反で数回処分歴があり、ドリフ大爆笑もしものコントでこの事がネタにされた事があった。後の『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』でも、カーアクションシーンでの運転(実際のアクション部分はスタントか代用人形だった)はだいたい加藤である。ただし、これは志村が運転免許を持っていないため志村の運転だとリアリティに欠けるというのも一因である。
  • 「『全員集合』全盛時代には、クラブの遊興費だけで、ひと月に3000万円は使っていた」と告白したことがある。ただし、普段はリハーサルや本番やほかの仕事で忙しく、これはドリフターズの夏休み期間のみの話である。「そんなお金、ぜ〜んぶなくなっちゃったね」と、あっさり言ってのけた。その発言の場に居合わせたウッチャンナンチャンをはじめ、ゲストたちは驚きを隠せなかった。
  • ギャンブルは穴狙いで、『木梨サイクル』にて見事的中させる様子が放映された。大量の札束をポーカーフェイスで受け取る加藤に対し、木梨憲武が「加藤さん…」と言ってその後絶句したが、加藤は「え、なに?」と一切興奮した様子を見せなかった。

タレントとしての評価

  • いかりやが著書『だめだこりゃ』で述べたところによると「ネタを積極的に出すタイプではなかったが、笑いを誘う間が良かった。ミュージシャンとしての才能、特にリズム感がお笑いでも生きている」。
  • ドラマーとしての評価も高く、コメディアンとしての認知が高かった頃の『全員集合』でもその実力の一端を見せているほか(西城秀樹とのドラムバトルは、度々『全員集合』の回顧企画でも取り上げられている)、1974年の映画『ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!!』でも加藤の長尺ドラム・ソロが披露されている。その経験の延長から、クラシックオーケストラを用いたコントではマリンバティンパニー等、打楽器の演奏も度々披露している。
  • 最近では、それぞれの県や観光地ごとに自身がキャラクターモデルとなった「御当地加トちゃん」が発売されている。「御当地加トちゃん」の第1号は、2000年静岡県限定で発売された「茶っきり加トちゃん」である。

加藤茶のギャグ

  • 「加トちゃんでございますよ〜」
    • このギャグから芸名がハナ肇によって「加藤茶」と付けられた。
  • 「1、2、3、4、やったぜ加トちゃん!!ぐるりと回ってウンコチンチン!」
  • 「加トちゃんペッ!」
    • 読売巨人軍アレックス・ラミレス本塁打を打った後のパフォーマンスの一つでもお馴染み。なお、ラミレスの場合はラミちゃんペッ、である。
  • 「ちょっとだけよ、あんたも好きねえ〜」
    • ラテンのスタンダード・ナンバー「タブー」を伴奏にストリップを真似る。このギャグが人気を博したため「タブー」がヒットすることにもなった。このセリフは、広島のストリップ劇場にいたストリッパーのセリフをそのまま使ったもの。
  • 「いかりやに〜おこられた〜」
  • 「仲本(加藤)さん、○○されましたなあ」「いや〜、参った参った」(仲本工事とのペア)
    • 初期ではその後に荒井注が「私も○○されましたなあ。いや〜、参った参った」と言おうとして、いかりやに突っ込まれるパターンがあった。
  • 「痛いの痛いの飛んでけー」
  • 「俺たち○○するかなあ?」「分かりません。」「ピッカピッカの〜1年生、ビシッ!」(志村けんとのペア)
  • 「タバコ、する?」
  • 「ひっきしっ!!(くしゃみ)」
    • 加藤の代表的ギャグのひとつ。南原清隆にワールドクラスだと言われた。
  • 「どうもすんずれい(失礼)しました〜」
    • お巡りさんに扮し『女のみち』を歌い自転車で登場する際の挨拶。
  • 「ヴエー(吐き真似)」
  • 「おーおー珍し珍し」
  • ヒゲダンス
  • 歌舞伎役者
  • 牛乳飲み
  • 「バッカみたい」
    • ザ・ビートルズ日本公演での前座でのギャグ
  • 「5秒前!4、3、2、1」「でーん」(変な顔をする)
  • 「まぁこのぉ〜」
    • 首相田中角栄の物まねと思われる。

出演

ここではソロ活動のみ記述する。ザ・ドリフターズとしての出演作品はザ・ドリフターズを参照。

テレビ

  • 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビTBS
  • KATO&KENテレビバスターズ(TBS)
  • ゲーム・史上最大の作戦(司会、TBS)
  • やったぜ!加トCHAN(司会、TBS)
  • 空と海をこえて後藤久美子主演のスペシャルドラマ)(TBS)
  • ダウトをさがせ!毎日放送・TBS系・舞台出演中の江守徹のピンチヒッター)
  • 加トちゃんケンちゃん光子ちゃん (フジテレビ
  • 武蔵坊弁慶NHK新大型時代劇
  • 加ト・けん・たけしの世紀末スペシャル!!(フジテレビ)
  • はぐれ刑事純情派テレビ朝日 - 三波・鑑識主任役)
  • 君が教えてくれたこと(TBS - ともさかりえ扮する雨宮繭子の父・洋平役)
  • 歌のビッグファイト!テレビ東京
  • 女医・優〜青空クリニック〜東海テレビ・フジテレビ系)
  • クイズ! 加トちゃんの1! 2! 3!(フジテレビ)
  • 加トちゃんマチャミのお台場CHA・CHA!!(フジテレビ)
  • 地元発信! 東京ジモティ(フジテレビ)
  • 鬼嫁日記 いい湯だな関西テレビ - ゴリ扮する山崎一馬の父・竜五郎役)
  • オトコの子育て朝日放送・テレビ朝日 - 大平万作役)
  • 日本史サスペンス劇場日本テレビ - 徳川家斉役、一休宗純役、豊臣秀吉役、桂小五郎役)
  • インタラクTV クイズあの日その時(NHK BSハイビジョン レギュラー解答者)
  • はなまるマーケット・はなまるカフェ(TBS)
ほか。

映画

  • 日本一のゴマすり男(1965年東宝
  • てなもんや東海道 (1966年東宝)
  • 夢は夜ひらく(1967年日活
  • 喜劇 大風呂敷 (1967年日活)
  • てなもんや幽霊道中 (1967年東宝)
  • 幕末 てなもんや大騒動 (1967年東宝)
  • 日本一の裏切り男 (1968年東宝)
  • クレージーメキシコ大作戦 (1968年東宝)
  • クレージーのぶちゃむくれ大発見 (1969年東宝)
  • 日本一のワルノリ男 (1970年)
  • 日本一のショック男 (1971年東宝)
  • だまされて貰います (1971年東宝)
  • 流れ板七人 (1997年東映
  • ビッグショーハワイに唄えば (1999年東宝)

ラジオ

  • 6時だョ加トちゃんのビバノンラジオ全員集合/8時だョ加トちゃんのビバノンラジオ全員集合 (ニッポン放送
  • 加トちゃんのラジオでチャッ!チャッ!チャッ! (ニッポン放送)
  • 加トちゃんのスーパー黄金伝説 (ニッポン放送)

CM

  • アビバジャパン
  • 東京三菱キャッシュワン
  • ロート製薬 パンシロン内服液 (松方弘樹および田代まさしと共演)
  • サントリー 冷撰洋酒 (三浦友和と共演)
  • サントリー C.C.レモン (歌とクシャミのみ)
  • ケーズデンキいかりや長介亡き後初めてドリフのメンバー4人で出演)
  • 加ト吉 冷凍さぬきうどん、お好み焼
  • サンヨー食品 サッポロ一番からくちラーメン
  • 日東あられ新社 えびせんサラダ
  • タイガー魔法瓶 餅つき機「力じまん」(志村けんと共演)

ゲーム

  • カトちゃんケンちゃん1987年ハドソンPCエンジンソフト志村けんと共演)

ディスコグラフィ

  • はじめての僕デス(志村けん東村山音頭との両A面)
    • この曲は競作でみんなのうたでも他歌手バージョンが流された(少年時代の宮本浩次も歌っている)。なお、この曲をとれなかった斉藤こず恵が吹き込んだのが山口さんちのツトム君である。
  • ラップミヨちゃん
  • 加トちゃんのスキャットマン
    • スキャットマン・ジョンのカバー
  • ズンドコ伝説

新聞掲載

  • 朝日新聞夕刊『人生の贈りもの』(インタビュー)2008年12月1日12月5日

関連項目

  • ザ・ドリフターズ
    • いかりや長介
    • 高木ブー
    • 仲本工事
    • 志村けん
    • 荒井注(元メンバー)
    • すわ親治(元準メンバー)
  • 小野ヤスシ
  • ドンキーカルテット
  • 植木等
  • こぶ茶バンド
  • 一堂零

脚注・出典

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件