ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

加藤嘉

加藤嘉
加藤 嘉かとう よし=本名・ただし、1913年1月12日 - 1988年3月1日)は、名バイプレイヤーとして活躍した日本俳優東京都出身。(イメージ)

来歴・人物

慶應義塾高等学校在学中にアマチュア劇団に出演。1934年、東京宝塚劇場の俳優になったが、反戦思想に共鳴して1936年に新築地劇団付属研究所に入所した。戦後は1947年に民衆芸術劇場(第一次民芸)、1950年劇団民藝(第二次民藝)創立に参加。1965年には文学座に準座員として入り、1967年に座員昇格。『女の一生』『五稜郭血書』などの舞台に立った。
映画テレビドラマにおいても欠かせぬ名脇役として活躍し、出演映画本数は300本を越える。特に映画『砂の器』ではハンセン病を患う父親役を演じ、鬼気迫る演技を見せた。
1983年の映画『ふるさと』では、モスクワ国際映画祭の最優秀主演男優賞を獲得している。
私生活では、1950年に女優の山田五十鈴結婚したが3年で離婚。その後、女優・中村雅子と再婚。
1988年2月29日深夜、自宅の寝室で倒れ救急車で運ばれたが、翌日3月1日になって間もなく搬送先の病院で脳卒中のため永眠。。

主な出演作品

映画

  • エデンの海(1950年、松竹
  • 旗本退屈男 唐人街の鬼(1951年、東映
  • 赤穂城(1952年、東映) - 千馬三郎兵衛
  • 女ひとり大地を行く(1953年、北星) - 当時の妻・山田五十鈴と共演
  • 億万長者(1954年、新東宝) - 山田五十鈴と共演しているが既に離婚
  • 暴力街(1955年、東映)
  • 赤穂浪士 天の巻 地の巻(1956年、東映) - 小野寺十内
  • 警視庁物語 追跡七十三時間(1956年、東映)
  • 少年探偵団 かぶと虫の妖奇(1957年、東映)
  • 点と線(1958年、東映)
  • 月光仮面 怪獣コング(1959年、東映)
  • 笛吹川(1960年、松竹) - お爺役
  • 多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ(1960年、東映)
  • ゼロの焦点(1961年、松竹)
  • 松川事件(1961年、松川事件劇映画製作委員会)
  • 破戒(1962年、大映
  • 拝啓天皇陛下様(1963年、松竹)
  • 武士道残酷物語(1963年、東映) - 元殿様役
  • 眠狂四郎勝負(1964年、大映)
  • 座頭市血笑旅(1964年、大映)
  • 徳川家康(1965年、東映)
  • 飢餓海峡(1965年、東映) - 杉戸八重の父役
  • 投げたダイスが明日を呼ぶ(1965年、日活
  • 白い巨塔(1966年、大映)- 大河内教授
  • 昭和残侠伝 血染の唐獅子(1967年、東映)
  • 女賭博師(1967年、大映)
  • 神々の深き欲望(1968年、日活) - 竜立元役
  • 心中天網島(1969年、ATG
  • 日本暴力団 組長(1969年、東映)
  • 橋のない川 第二部(1970年、ほるぷ映画)
  • 怪談昇り竜(1970年、日活)
  • 昭和残侠伝 死んで貰います(1970年、東映)
  • ごろつき無宿(1971年、東映)
  • あゝ声なき友(1972年、松竹)
  • 海軍特別年少兵(1972年、東宝
  • 影狩り ほえろ大砲(1972年、石原プロ / 東宝)
  • 股旅(1973年、ATG)
  • 戦争と人間 完結篇(1973年、日活)
  • 仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年、東映) - 大友連合会会長・大友長次役
  • 華麗なる一族(1974年、東宝)
  • 野獣死すべし 復讐のメカニック(1974年、東宝)
  • 砂の器(1974年、松竹) - 本浦千代吉役
  • 金環蝕(1975年、東宝)
  • 不毛地帯(1976年、東宝)
  • 八甲田山(1977年、東宝) - 田茂木野の長・作右衛門役
  • はなれ瞽女おりん(1977年、東宝)
  • 八つ墓村(1977年、松竹) - 辰弥の祖父・井川丑松役
  • トラック野郎 男一匹桃次郎(1977年、東映) - 雅子の父・小早川助左衛門役
  • 鬼畜(1978年、松竹)
  • 赤穂城断絶(1978年、東映) - 堀部弥兵衛
  • 水戸黄門(1978年、東映)
  • 復讐するは我にあり(1979年、松竹) - 河島弁護士役
  • 悪魔が来りて笛を吹く(1979年、東映) - 和尚役
  • 地獄(1979年、東映)
  • ふるさと(1983年、松竹富士
  • 海燕ジョーの奇跡(1984年、松竹富士)
  • タンポポ(1985年、東宝) - センセイ役
  • 蕾の眺め(1986年、にっかつ)
  • 木村家の人々(1988年、ヘラルド・エース

テレビドラマ

  • コロちゃんの冒険(1959年、東映 / NET
  • 大河ドラマNHK
赤穂浪士(1964年)
天と地と(1969年) - 昭田常陸介役
樅ノ木は残った(1970年) - 和尚役
春の坂道(1971年) - 前田利家
新・平家物語(1972年) - 藤原秀衡
元禄太平記(1975年) - 小野寺十内
獅子の時代(1980年) - 平沼助左衛門役
  • ザ・ガードマン大映テレビ室 / TBS
第44話「コンクリートの下」(1966年)
第59話「人喰い鮫」(1966年)
第61話「ダイヤモンドの歌が聞こえる」(1966年)
第68話「赤い関係」(1966年)
第86話「悪者たちは死んだ」(1966年)
第148話「風と火の呪い」(1968年)
第222話「怪談・吸血鬼」(1969年)
第227話「怪談・霧の夜に殺人鬼が笑う」(1969年)
第291話「バクチで稼ごう! 団地奥さん」(1970年)
第325話「200億の鍵は記憶を失った女」(1971年)
第339話「追い出された花嫁は復讐する」(1971年)
  • ありがとう(1970年、テレパック / TBS)
  • 大江戸捜査網日活三船プロ / 12ch
第10話「天狗に踊る黒い影」(1970年) - 樽屋茂左衛門役
第79話「てまり騒動危機一髪」(1971年)
第263話「ふたり隠密、華麗に参上! 」(1976年) - 日源和尚役
第276話「無残! 盗っ人秘録」(1977年) - 喜太郎役
  • キイハンター 第163話「南の海を渡る殺人部隊」(1971年、東映 / TBS)
  • 木枯し紋次郎C.A.L. / CX
第1シリーズ 第3話「峠に哭いた甲州路」(1972年)
第2シリーズ 第8話「獣道に涙を棄てた」(1973年)
  • 赤ひげ 第34話「短夜」(1972年、NHK) - 源次郎役
  • 銀河テレビ小説 楡家の人々(1972年、NHK) - 勝俣秀吉役
  • 眠狂四郎 第2話「女怨に剣が哭いた」(1972年、東映 / KTV
  • 長谷川伸シリーズ 第7話「一本刀土俵入(後編)」(1972年、東映 / NET)
  • 必殺仕掛人 第17話「花の吉原 地獄の手形」(1972年、松竹 / ABC) - 大庄屋・庄右衛門役
  • 走れ! ケー100 第15話「ほんとにきちゃった海賊船」(1973年、C.A.L. / TBS) - ミドリちゃんのおじいさん役
  • 唖侍 鬼一法眼 第3話「火炎の街道」(1973年、勝プロ / NTV) - 庄屋・左衛門役
  • ぶらり信兵衛 道場破り 第26話「悪い道場 良い道場」(1974年、東映 / CX)
  • 非情のライセンス(東映 / NET)
第1シリーズ 第40話「兇悪の望郷」(1974年) - 暴力団真中組・組長役
第2シリーズ 第8話「兇悪の燦めき」(1974年) - 伊能正幸役
第2シリーズ 第29話「兇悪の武者人形」(1975年) - 荻野部長刑事役
  • 子連れ狼ユニオン映画 / NTV)
第2部 第4話「しぐれ待ち」(1974年) - 井上周防役
第3部 第3話「来ない明日へ」(1976年) - 居形三郎兵衛役
  • 水戸黄門(C.A.L. / TBS)
第5部 第8話「黒い奉書紙 -福井-」(1974年) - 藤兵衛役
第7部 第11話「津軽こぎん -弘前-」(1976年) - 万造役
第8部 第7話「助さんの身替り亭主 -掛川-」(1977年) - 平右衛門役
第9部 第15話「名工二代輪島塗り -輪島-」(1978年) - 太兵衛役
第14部 第5話「三年味噌に賭けた意地 -仙台-」(1983年) - 古木屋役
第16部 第20話「九谷焼に賭けた兄弟愛 -大聖寺-」(1986年) - 杏雲堂泉右衛門役
  • 太陽にほえろ!東宝 / NTV)
第113話「虫けら」(1974年)
第269話「みつばちの家」(1977年) - 田沼コウヘイ役
第391話「黄色いボタン」(1980年)
  • 事件狩り 第7話「魔がさした若い二人」(1974年、大映テレビ / TBS)
  • 傷だらけの天使 第5話「殺人者に怒りの雷光を」(1974年、東宝 / NTV) - 暴力団千早組・組長役
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り 第26話「生きていた女」(1975年、三船プロ / NET) - 近江屋利兵衛役
  • 座頭市物語 第23話「心中あいや節」(1975年、勝プロ / CX) - 作衛門役
  • けんか安兵衛 第11話「仇討たれ」(1975年、KTV) - 早乙女又十郎役
  • 長崎犯科帳 第26話「さよなら長崎 また来るぜ」(1975年、ユニオン映画 / NTV) - 原島三左衛門役
  • はぐれ刑事 第5話「偽証」(1975年、国際放映 / NTV)
  • 前略おふくろ様(1975年、NTV)
  • 松本清張シリーズ / 中央流沙(1975年、NHK)
  • 夫婦旅日記 さらば浪人 第2話「春の城下町」(1976年、勝プロ / CX)
  • 俺たちの旅 第29話「生きるのがへたな男もいるのです」(1976年、ユニオン映画 / NTV)
  • 夜明けの刑事 第82話「裏切りの烙印に賭ける!!」(1976年、大映テレビ / TBS)
  • 俺たちの朝 第32話「酔っぱらいと腕のいい経理マンとタマネギの皮」(1977年、ユニオン映画 / NTV) - 西脇役
  • Gメン'75(東映 / TBS)
第47話「終バスの女子高校生殺人事件」(1976年)
第117話「日本降伏32年目の殺人」(1977年)
第135話「死んだ人からの緊急電話」(1977年)
  • 特捜最前線(東映 / ANB
第36話「傷痕・夜明けに叫ぶ男」(1977年)
第212話「地図を描く女! 」(1981年)
第253話「注射器を持った狼! 」(1982年)
第464話「埋み火・闇に濡れる哀切のルージュ! 」(1986年)
  • 男たちの旅路 第3部 第1話「シルバー・シート」(1977年、NHK) - 辻本役
  • 横溝正史シリーズ / 悪魔が来りて笛を吹く(1977年、東宝 / MBS) - 玉虫公丸役
  • 横溝正史シリーズII / 真珠郎(1978年、映像京都 / MBS) - 和尚役
  • 破れ新九郎 第2話「えん魔がくれた千両箱」(1978年、中村プロ / ANB)
  • 桃太郎侍 第115話「つっぱりすぎた欲の皮」(1978年、東映 / NTV)
  • 柳生一族の陰謀 第19話「髪の罠」(1978年、関西テレビ) - 伊達政宗・同影武者役
  • 土曜ワイド劇場(ANB)
田舎刑事(2)旅路の果て(1978年)
家政婦は見た!(4)華やかなエリート家族の乱れた秘密(1986年)
女弁護士 朝吹里矢子(9)相続欠格の謎(1987年)
  • 白い巨塔(1978年、CX) - 大河内教授
  • 新五捕物帳 第54話「岡っ引きの唄」(1979年、ユニオン映画 / NTV) - 仁助役
  • ささやかな設計(1980年、CX)
  • それからの武蔵(1981年、12ch)
  • 時代劇スペシャル / 快傑黒頭巾(1981年、CX) - 山鹿士行
  • 木曜ゴールデンドラマ / 松本清張の強き蟻(1981年、YTV)
  • 銀河テレビ小説 / 冬の稲妻(1982年、NHK)
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍 第207話「しばし名残の八百八町」(1982年、東映 / ANB) - 治助役
  • ザ・サスペンス / 骨肉の家(1983年、TBS)
  • 日本の面影(1984年、NHK)
  • オレゴンから愛(1984年、CX)
  • 真田太平記(1985年 - 1986年、NHK) - 矢沢頼綱
  • 年末時代劇スペシャル(ユニオン映画 / NTV)
忠臣蔵(1985年) - 堀部弥兵衛
白虎隊(1986年) - 時守りの老人役
田原坂(1987年)
  • スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇 第12話「明かされた風魔一族の宿命」(1987年、東映 / CX) - 海覚上人役
  • 花の生涯 井伊大老と桜田門(1988年、TX

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

加藤嘉明

加藤嘉明
加藤 嘉明(かとう よしあきら)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将大名伊予松山藩主、のち陸奥会津藩初代藩主となる。水口藩加藤家初代。
父は徳川氏松平氏)に仕えていた徳川譜代の武士である加藤教明(岸教明)。賤ヶ岳の七本槍の1人。通称は孫六。

生涯

秀吉時代

永禄6年(1563年)、三河国愛知県)の徳川家康の家臣である加藤教明の長男として生まれる。生まれた年の三河一向一揆で父の教明が、一揆側に属して徳川家康に背き、流浪の身となったため、嘉明も放浪する。
やがて尾張国愛知県)で、加藤景泰の推挙を受けて羽柴秀吉(豊臣秀吉)に見出され、その小姓として仕えるようになる。織田信長死後の天正11年(1583年)には、秀吉と織田家筆頭家老の柴田勝家との間で行われた賤ヶ岳の戦いで、福島正則加藤清正らと共に活躍し、『賤ヶ岳七本槍』の一人に数えられた。
秀吉は信長の統一政策を継承し、嘉明は天正13年(1585年)の四国征伐、天正15年(1587年)の九州征伐、天正18年(1590年)の小田原征伐などに水軍を率いて参加した。それらの武功から、天正14年(1586年)には淡路志智において1万5000石を与えられ、大名となっている。
文禄元年(1592年)からの秀吉の朝鮮出兵である文禄の役では、水軍を統率して李舜臣指揮の朝鮮水軍と戦った。その功績により、文禄4年(1595年)には、伊予国愛媛県)正木(松前町)に6万石を与えられている。その後、慶長の役においては、漆川梁海戦元均率いる朝鮮水軍を壊滅させ、蔚山城の戦いでは朝鮮軍の包囲で篭城し、食糧の欠乏に苦しんだ蔚山城倭城)の清正を救援する武功も立て、10万石に加増されている。

関ヶ原

慶長3年(1598年)8月に秀吉が死去すると帰国し、豊臣政権における五奉行の石田三成らと五大老の徳川家康の争いでは家康派に属する。
慶長4年(1599年)、五大老の前田利家の死後に加藤清正らが三成殺害を企てた事件には、嘉明も襲撃メンバーに参加している。
(麓に二之丸(史跡庭園)、山頂に本丸、その間を結ぶ「登り石垣」(右側))]] 慶長5年(1600年)、家康が会津の上杉景勝の謀反を主張し、討伐を発令すると嘉明も従軍する。家康らの大坂留守中に三成らが挙兵し、引き返した東軍(徳川方)と美濃岐阜県)で衝突して関ヶ原の戦いに至ると、嘉明は前哨戦である岐阜城攻めや、大垣城攻めにおいて戦い、本戦では石田三成の軍勢と戦って武功を挙げた。戦後、その功績により伊予松山20万石に加増移封され、松山城を建築するが、完成する前に会津藩40万石に転封された。城が完成するのは蒲生忠知の時代のことである。

江戸時代

豊臣恩顧の大名であったため、家康に危険視されることを恐れて慶長19年(1614年)からの豊臣氏との戦いである大坂冬の陣では江戸城留守居を務め、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では2代将軍・徳川秀忠に従って徳川方として参加した。
元和5年(1619年)には福島正則の改易で広島城の接収をおこなった。
寛永4年(1627年)、会津の蒲生忠郷死後の騒動で蒲生氏が減転封された後を受けて、会津藩40万石に加増移封された。寛永8年(1631年)9月12日に江戸で死去した。享年69。

子孫

嘉明の死後、家督は嫡男の加藤明成が継いだが、明成が暗愚なために家中で堀主水立ち退き事件が起こって幕府の介入を招き、減封、嗣子を立てて家名存続との裁定となるが、明成が正室をはばかって子息はないと頑固に主張したため改易され、庶子の加藤明友近江水口藩2万石に減移封されることで名跡が保たれた。

人物

  • 賤ヶ岳七本槍の一人として名を馳せた武勇に優れた名将であった。
  • 武勇だけではなく、築城や城下町の建設などにも力量を発揮した政治家でもある。愛媛県においては、現在でも松山城築城の評価は高い。
  • 彼は「真の勇士とは責任感が強く律儀な人間である」と発言している。力が弱かったとしても団結力と連携を活かせば恐るべき抵抗力を発揮するからとの理由である。逆に豪傑肌の人間は「勝っているときは調子がいいが、危機には平気で仲間を見捨てる」と手厳しい。塙直之との確執もこの性格に起因している部分が大きい。

主な家臣

  • 佃十成
  • 塙直之
  • 足立重信
よしあき
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

加藤嘉矩

加藤嘉矩
加藤 嘉矩(かとう よしのリ)は、下野壬生藩の第2代藩主近江水口藩の初代藩主。水口藩加藤家5代。
元禄6年(1693年)10月21日、近江水口藩の初代藩主・加藤明友の三男・加藤明治の長男として生まれる。父の明治は兄で2代藩主・加藤明英の養子となったが、家督相続前の正徳元年(1711年)12月2日に早世し、翌年に明英も死去したため、跡を継ぐこととなった。同年6月26日に近江水口に転封され、12月に叙任される。享保9年(1724年)9月9日に死去。享年32。跡を長男の明経が継いだ。
よしのり
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件