ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

中村玉緒

中村玉緒
中村 玉緒(なかむら たまお、1939年7月12日 - )は、昭和時代中期から現在にかけて活躍中の日本女優である。タレント活動もこなす。本名、奥村 玉緒(おくむら たまお)。旧姓及び旧芸名は、林 玉緒(はやし たまお)。明石家さんまが「お母さん」と呼ぶことから、現在の愛称は「お母さん」。
長良プロダクション所属。

略歴

京都府 京都市出身。血液型はO型。実父は大映映画の貴重な脇役でもあった歌舞伎俳優2代目中村鴈治郎。夫は俳優の故・勝新太郎、実兄は歌舞伎役者の4代目坂田藤十郎、甥は同じく歌舞伎役者の中村翫雀中村扇雀兄弟。長男は俳優鴈龍太郎(奥村雄大)、長女は奥村真粧美。義姉は前・参議院議長扇千景
1953年、本名の林玉緒で松竹『景子と雪江』(大木実岸惠子主演)に映画初出演。しかしその後、お呼びがかからず大映の重役スター長谷川一夫が親戚であったこともあり頼み込み1954年、大映入社。初年度の給料は2万円(2007年の100万円)と破格でありハイヤーで撮影所通いしていたが、主役は回ってこなかった。1960年代半ばまで幼馴染の市川雷蔵山本富士子若尾文子らスターの脇役として大映で活躍。当時の玉緒の声は甲高く可愛らしく、純情な娘役として多数の映画に出演。
1970年代はテレビドラマの脇役として活躍。「不幸な母親を演じさせたら、この人の右に出る人は居ない」と言わしめる程、痛々しい母役を得意とし評価を得ていた。シリアスなドラマの出演が多かった。
1994年明石家さんま司会のバラエティ番組明石家多国籍軍』らでの天然ボケ役で大ブレイクする。長者番付に名を連ね、主演ドラマや主演舞台もこなすようになる。さんまだけでなく、小堺一機志村けんなどからも「お母さん」と慕われている。

エピソード

夫の勝には「生まれ変わってもあの人と一緒になりたい」といっているほど一途な想いを貫いている(無論、勝の人柄にもよる所が大きいが)。勝の晩年には二人舞台『夫婦善哉』で共演した。バラエティ番組に出始めるようになったのも、咽頭癌に臥している勝を励ますためだった。その頃の勝は、もはや発声が困難な状況であり、病室のテレビで玉緒が出演するバラエティ番組を見るのが唯一の楽しみであったという。勝の葬式には晴れ晴れとした笑顔で弔問者を迎え、スポーツ新聞には「東京タワー葬」と書かれた。祭壇のセットに東京タワーが組まれるという異例の葬儀であったが、玉緒は勝を明るく見送った。 また、御通夜に浅田美代子が訪れた際であるが、勝が「まだ生きてて、眠ってるような安らかな死に顔」であると説明したら、「これだけお母さん(玉緒)と親交があったのに、生前の勝さんとお会いする機会がなくて(生きてる時の顔が思い浮かばない)」と浅田が言ったのを受け、玉緒は「こんなんですけど…」と勝の白布を取って、浅田に死に顔を見せたという話が、後に共演した番組で紹介されていた。
今現在、バラエティ番組に出演するなどして視聴者からの人気を得ている玉緒だが、過去は勝と2人の子供のトラブルに悩まされることが多かった。1978年に勝がアヘン法違反容疑で書類送検され、1982年には長男と長女が大麻密売で揃って逮捕された(長男は2年後にも大麻取締法違反で再び逮捕されている)。1989年には映画『座頭市』の撮影で、長男が真剣を使い殺陣師を死亡させて業務上過失致死罪で警察から事情聴取を受けている。翌1990年には勝がハワイから日本に大麻を持ち込もうとして逮捕され、このときに出演が決まっていたビール会社のCMがお蔵入りしてしまい、損害賠償を請求されることになってしまった。家族4人の中で逮捕歴が一度も無いのは玉緒のみである。子供たちへの溺愛ぶりも有名で、長男と長女が揃って逮捕されたときには「罪は憎くても子供は憎めない」と語った。長男の初舞台では「息子の出番が少ない」と脚本を自ら書き直すほどの親バカぶりである。
家庭での玉緒と長女は大変なおしゃべりで、豪放なイメージのある勝のほうが閉口していたという。明石家さんまによると娘はドレスを着たガメラといわれている。「世間は私たちが勝を我慢していたように思っていますが、本当は勝が私たちを我慢していました」とのこと。
女優であるが、近年はバラエティ番組テレビCMの出演も多い。このような現象から、若い世代から「玉緒っち」という愛称で人気を集め、1998年にはバンダイたまごっちシリーズのキャラクターにもなっている。
『たけし・さんまの100万人伝説』にゲスト出演したときに、自分のエピソードを語っている。その内容は、『いのちの現場からシリーズ』で共演している佐川満男しゃぶしゃぶ店に連れて行ってもらったときに、その味が忘れられなかったというものであった。そして、今度は玉緒が佐川に連れて行ってもらったしゃぶしゃぶ店に行きたいときに玉緒が「ねーねー佐川さん。今度シャブ(しゃぶしゃぶを玉緒風に略称)しまへんかー」と佐川にいったことがある。その後、佐川が「俺が人前で話しているときに、シャブって何だと!」と困惑・憤慨していた(おそらく佐川は覚醒剤の俗称である、シャブと勘違いしたと思われる。)
2001年頃には「玉緒でどっかーん!」というパチンコも登場し、所属事務所の後輩で演歌歌手氷川きよしとデュエットソングを発表した。なおパチンコには、実生活でも相当通っていて、和田アキ子とはよく、パチンコする友人でもある。
2005年8月に声帯ポリープの除去手術を受け、全快した。なお、勝と同様に喫煙者であったが、結婚する際の条件は「煙草をやめること」であったという。退院会見の際、「やめなかった罰が当たった」と話している。
また、時代劇映画スターとして勝とライバル関係であり親友であった市川雷蔵とは、芸能界入りする以前から深い親交があり、現在でも雷蔵を兄の様に慕っていることで知られる。雷蔵はメーキャップ技術が天才的で、プライベートと映画撮影の時ではまるで別人と言われたほどで、プライベートでの雷蔵の姿は映画関係者やマスコミの人間が見てもほとんど雷蔵と気付けないほどであった。中村玉緒はそのプライベートでの雷蔵の人となりを知る数少ない生き証人の一人であり、また雷蔵没後約40年になり雷蔵を直接に知る人物が芸能界でも少なくなりつつある現在、雷蔵に関する記事が雑誌などで組まれる場合には、雷蔵の人柄を直接知る人物として玉緒のインタビューが掲載されることが少なくない。
岐阜県 美濃加茂市にあるテーマパーク日本昭和村の名誉村長を務めている。
2008年7月26日の『27時間テレビ』内の『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し、予選ペーパーテストで当番組名物のおバカタレント6人組(Pabo羞恥心)全員の点数を下回る3点を取り、ジミー大西とともに最下位になってしまった。なお、当番組の最下位の最高齢記録更新となった(それまでの記録は、坂田利夫の63歳)。

出演

映画

  • 景子と雪江(1953年)
  • 銭形平次捕物控シリーズ
    • 幽霊大名(1954年、シリーズ7作)
    • 人肌蜘蛛(1956年、シリーズ10作)
    • 雪女の足跡(1958年、シリーズ15作)
    • 美人蜘蛛(1960年、シリーズ16作)もよ 役
    • 夜のえんま帳(1961年、シリーズ17作)
  • かんかん虫は唄う(1955年、大映)
  • やさしい狼犬部隊(Three Stripes in the Sun)(1955年)共演 チャック・コナーズ(Chuck Connors)、ディック・ヨーク(Dick York))、日本ロケをしたアメリカ映画。
  • 残菊物語(1956年、大映)
  • 源氏物語・浮舟(1957年、大映)
  • 赤胴鈴之助(1957年)しのぶ 役
    • 赤胴鈴之助(1957年、シリーズ第1作)
    • 月夜の怪人(1957年、シリーズ第2作)
    • 飛鳥流真空斬り(1957年、シリーズ第4作)
    • 新月塔の妖鬼(1957年、シリーズ第5作)
    • 一本足の魔人(1957年、シリーズ第6作)
    • 三つ目の鳥人(1958年、シリーズ第7作)
  • 忠臣蔵(1958年)腰元 みどり 役
  • 炎上(1958年、大映)
  • ぼんち(1960年、大映)
  • 不知火検校(1960年、大映)
  • 大菩薩峠(1960年、大映)ブルーリボン助演女優賞受賞
  • 人間の條件 完結編(1961年)ヴェネチア国際映画祭サン・ジョルジョ賞、イタリア批評家賞受賞作品
  • 黒い十人の女(1961年)
  • 悪名(1961年、大映)
  • 眠狂四郎殺法帖(1963年)
  • 金環蝕(1975年)
  • 岸壁の母(1976年)
  • トラック野郎 突撃一番星(1978年)
  • 悪魔が来りて笛を吹く(1979年)
  • 裸の大将放浪記 山下清物語(1981年)
  • 山下少年物語(1985年)
  • 激走トラッカー伝説(1991年)
  • 橋のない川(1992年、東宝)第5回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞受賞
  • ホーホケキョ となりの山田くん(1999年)
  • 犬神家の一族(2006年)
  • 椿三十郎(2007年)

舞台

  • 勝新太郎特別公演・夫婦善哉東男京女(1996年5月、新歌舞伎座)
  • 新・おんなたちの同窓会(1996年9月、名鉄ホール)座長公演
  • 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(1999年11月、中日劇場)座長公演
  • 夫婦うどん(2000年7月、名鉄ホール)座長公演
  • 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(2000年10月、新橋演舞場)座長公演、平成十二年度文化庁芸術祭参加。
  • 女の居場所(2001年8月、明治座)座長公演
  • 女の居場所(2001年10月、全国公演)座長公演
  • 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(2002年4月、新歌舞伎座)座長公演
  • 浪花弁天ものがたり(2002年6月、新橋演舞場)座長公演
  • 夢の淡雪 浪花弁天ものがたり(2002年10月、中日劇場)座長公演
  • 浪花弁天ものがたり(2003年3月、松竹座)座長公演
  • 夫婦漫才一代記「年上の女」(2004年4月、新歌舞伎座)座長公演
  • 夫婦善哉(2004年11月、明治座)座長公演

テレビドラマ

  • 張込み(1966年、KTV
  • 大河ドラマ 三姉妹(1967年、NHK) - 幾松
  • 大奥(1968年、KTV / 東映) - お伝の方
  • 飢餓海峡(1968年、NHK)
  • 銭形平次 第131話「浅野屋の娘」(1968年、CX / 東映)
  • 大河ドラマ 天と地と(1969年、NHK) - 諏訪御寮人
  • 大坂城の女(1970年、KTV / 東映)
  • 時間ですよ 第1シリーズ(1970年、TBS
  • 雪国(1970年、NHK)
  • ささらもさら(1970年、HTV
  • 徳川おんな絵巻 第7話「お妾拝領仕る」・第8話「嫁地獄」(1970年、KTV / 東映)
  • 大忠臣蔵(1971年、NET / 三船プロ
  • 必殺仕掛人(1972年、ABC / 松竹
  • 大河ドラマ 新・平家物語(1972年、NHK)
  • 眠狂四郎 第18話「悲しみは闇に消えた」(1973年、KTV / 東映)
  • 銀座わが町(1973年、NHK)
  • 唖侍 鬼一法眼 第10話「吠えた峠の女心」(1973年、NTV / 勝プロ
  • おからの華(1974年 - 1975年、NTV)
  • 非情のライセンス(NET / 東映)
    • 第2シリーズ 第1話「兇悪のアリバイ」(1974年) - 田村志津子 役
    • 第2シリーズ 第123話「償い」(1977年) - 山野富江 役
  • ぶらり信兵衛 道場破り 第37話「通しゃんせ」(1974年、CX / 東映)
  • 大江戸捜査網 第131話「火を招く狼の群れ!」(1974年、12ch / 三船プロ)
  • 右門捕物帖 第28話「くらやみ河岸」(1974年、NET / 東映)
  • 座頭市物語 第2話「子守唄に散った女郎花」(1974年、CX / 勝プロ) - 女郎・おしの 役
  • 暗闇仕留人 第25話「晒されて候」(1974年、ABC / 松竹) - お陽 役
  • 斬り抜ける 第19話「黄金振舞」(1975年、ABC / 松竹)
  • 必殺仕置屋稼業(1975年、ABC / 松竹) - おこう
  • ふりむくな鶴吉 第25話「珊瑚玉の女」(1975年、NHK)
  • 中央流沙(1975年、NHK)
  • 水戸黄門(TBS / C.A.L.
    • 第6部 第11話「黄門さまの縁結び -出雲-」(1975年) - おもよ 役
    • 第20部 第8話「情け紡いだ西陣織 -京-」(1990年) - お園 役
    • 第28部 第18話「大人もビックリ! 天才少年 -枚方-」(2000年) - おさわ 役
    • 第30部 第3話「肝っ玉おかみの決闘 -喜連川-」(2002年) - お玉 役
    • 第34部 第19話「浪花女は銭の神様 -三春-」(2005年) - おしか 役
    • 第38部 第19話「わははオヨヨの珍道中 -三島-」(2008年) - おかね 役
  • :※東野英治郎西村晃佐野浅夫石坂浩二里見浩太朗と、「ナショナル劇場」歴代の全ての光圀役と共演している。
  • 夫婦旅日記 さらば浪人(1976年、CX / 勝プロ)
  • あかんたれ(1976年、THK
  • 新・座頭市 第17話「母子道に灯がともる」(1977年、CX / 勝プロ) - おたき 役
  • 俺たちの朝 第28話「母と不良少女とすんません」(1977年、NTV / 東宝
  • 特捜最前線 第10話「母・その愛の標的」(1977年、ANB / 東映)
  • 続・あかんたれ(1978年、THK)
  • 白い巨塔(1978年、CX)
  • 暴れん坊将軍 Iシリーズ~春のスペシャル(1978年 - 2004年、2008年 ANB / 東映) - 徳川吉宗の生母 お由利の方(浄円院) 役
  • 不毛地帯(1979年、MBS
  • 弁護士かあさん(1979年、TBS
  • 警視-K(1980年、NTV / 勝プロ) ※勝新太郎と夫婦共演。
  • ザ・商社(1980年、NHK)
  • 和宮様御留(1981年、CX)
  • 特命刑事ザ・コップ(1985年、ABC)
  • ドラマ30 いのちの現場から / 新・いのちの現場からシリーズ(1992年4月 - 、MBS)
  • 理想の結婚(1997年1月、TBS)
  • 木曜の怪談'97「悪霊学園」(1997年、CX) - お玉さん 役
  • 南町奉行事件帖 怒れ!求馬 第5話「騙されつづけた女」(1997年、TBS / C.A.L.) - おせい 役
  • 京都祇園入り婿刑事事件簿シリーズ(1997年 - 、 CX)
  • あきまへんで!(1998年、TBS)
  • 土曜ワイド劇場 おばはん刑事!流石姫子シリーズ(1998年 - 2006年、ANB / テレパック
  • 連続テレビ小説 すずらん(1999年、NHK)
  • 月曜ミステリー劇場 おばさん会長・紫の犯罪清掃日記 ゴミは殺しを知っているシリーズ(2000年 - 、TBS)
  • 大河ドラマ 武蔵 MUSASHI(2003年、NHK)
  • 冠婚葬祭探偵(2007年11月26日、TBS) - 福本華恵 役
  • ドラマ30 京都へおこしやす!(2008年1月 - 、MBS)
  • ドラマスペシャル 徳川家康と三人の女(2008年3月15日、EX

バラエティ

  • 明石家多国籍軍毎日放送
  • さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中フジテレビ
  • さんまのSUPERからくりTVTBS
  • 正月特番 さんま・玉緒のあんたの夢をかなえたろかスペシャル(TBS)

ゲスト出演番組

  • 笑っていいとも! テレフォンショッキング(フジテレビ)
  • ごきげんよう(フジテレビ)
  • 今夜は最高!(日本テレビ)
  • 一枚の写真(フジテレビ)
  • 痛快!明石家電視台(毎日放送)
  • 徹子の部屋(2007年9月7日、テレビ朝日)
  • ためしてガッテン(NHK、不定期)

その他のテレビ番組

  • いのちの響(2002年、TBS)

CM

  • 大塚家具製造販売 洋服タンス長女・奥村真粧美と共演
  • 株式会社ガイア 『ガイア(パチンコ)』イメージキャラクター』
  • 塩水港精糖株式会社 『オリゴのおかげ』
  • 再春館製薬所ドモホルンリンクル
  • UCC上島珈琲 『すらっと茶』
  • ケイ・オプティコム 『eoホームファイバー』
  • 日本昭和村
  • マロニー
  • 大関
  • ロート製薬 『ビバメイト』
  • ロッテ 『ホカロン』(2005年 ペ・ヨンジュンと共演、2006年 ボビー・バレンタインと共演
  • 東建コーポレーション
  • オーダーメイドソリューションズ 『ドクターペンライト』石田純一と共演
  • 任天堂Wiifit

関連項目

  • 永田雅一(大映社長)
  • Miiコンテストチャンネル - Wii FitのCM出演がきっかけで当チャンネルにおいて題材にされた。

参考文献

  • 週刊文春 2003年8月14日・21日夏の特大号『芸能人に学ぶ いい子育て 悪い子育て』(文藝春秋)

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件