ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

英和・和英辞典の検索結果

ローラー

ローラー
(n) roller
(P)

Wikipediaの検索結果

ローラシア大陸

ローラシア大陸
]] ローラシア大陸(ローラシアたいりく、Laurasia)は、プレートテクトニクス理論で太古に存在したとされる超大陸ユーラメリカ大陸ともいう。1937年南アフリカの地質学者アレクサンダー・デュ・トワにより提示された。
超大陸パンゲアが分裂し、テチス海を挟んでローラシア大陸とゴンドワナ大陸が生成された。ローラシア大陸はさらに分裂し、ユーラシア大陸北アメリカ大陸が生成された。

関連項目

  • 超大陸
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

ローラン・シュワルツ

ローラン・シュワルツ
ローラン・シュワルツロラン・シュヴァルツLaurent Schwartz, 1915年3月5日 - 2002年7月4日)はフランス数学者である。超関数 (distribution) の理論を構築したことで有名。これによって、ディラックのデルタ関数なども正当化され、解析学の適用範囲を大きく広げた。彼はそれに関する業績で1950年フィールズ賞を受賞している。
ミシェル・ドブレとは親戚。

著書

  • 『超函数の理論』 岩村聯訳、岩波書店1971年 ISBN 4000056611
  • 『物理数学の方法』 吉田耕作渡邊二郎訳、岩波書店、1966年 ISBN 4000059084
  • 『解析学』全7巻、斎藤正彦他訳、東京図書、1985年
  • 『闘いの世紀を生きた数学者 - ローラン・シュヴァルツ自伝』(上・下巻)彌永健一訳、シュプリンガー・ジャパン2006年 上巻: ISBN 4431712283 下巻: ISBN 443171233X
150305 -150305
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

ローランド

ローランド
ローランド株式会社Roland Corporation )は日本の大手電子楽器メーカー。梯郁太郎大阪市で創業した。に本社を静岡県浜松市に移転。

概要

初期には電気楽器エレキギターエレキベース)の演奏時に音色を加工する機器「エフェクター」や演奏用スピーカーアンプ、音響ミキサーの製造を行っており、中でもギターアンプのJC-120(1975年発売)は多くのスタジオで見かけるほどの定番となり30年以上も販売が続くロングセラーとなった。1973年からはシンセサイザー電子ピアノなどの製造も手がけるようになり、以降、電子楽器・音響機器メーカーとして躍進することとなる。1970年代後半には富士弦楽器(現・フジゲン)との合弁で「富士ローランド」を設立し、ギターシンセサイザーの製造を開始した。
アナログ・シンセサイザーのJupiter-8(1981年発売)はローランドの国際的評価を高め、世界中のヒット曲で使用され、その派手なサウンドは当時のポップミュージックの雰囲気を作り上げる要素の1つとなった。また、1980年代に発売されたTR-808TR-909はその独特の音がダンスミュージックの定番リズム音源として使われ、現在においてもこれらの音は、特にテクノハウスといった分野の多くのCDで聞くことができる。
またシーケンサー・マイクロコンポーザーMC−8(1977年発売)を発表して以来、コンピュータと電子楽器の連携に注力している企業であり、ヤマハシーケンシャル・サーキット等と共にMIDI規格を提唱した。同規格が制定された後、MT-32等DTMのさきがけとなる製品を開発、鍵盤を持たないシンセサイザーである音源モジュールなどの機器を使用し、生演奏ではなくコンピュータにデータを入力することで楽器を演奏するという形態を一般家庭に広めた。1990年代にはDTM向けに特化した音源モジュールとしてGS音源SCシリーズを発売し、DTM音源のデファクトスタンダードを確立した。
時代がデジタル主流になると、プロやハイアマチュア向けに拡張ボードで波形を供給できる音源モジュールJVシリーズ、XVシリーズを発表。これらも音楽製作現場でのスタンダードとして利用された。また、レコーディング機器として、ハードディスクに演奏を記憶して楽曲作成ができるVS-880を発表。以降、ハードディスク・レコーダーの市場が急速に出来上がるきっかけを作った。現在では関係会社のボスも、ギタリスト向け仕様のハードディスク/メモリーレコーダーを開発し、人気を博している。
最新のV-Synthは、アナログ・シンセサイザー以来ほとんど同じだった音作りの方法から脱却し、新たな音を創造する楽器としてリリースされている。また、1990年代中頃より映像関連機器への進出が見られ、その中には楽器的な解釈で映像を操るCG-8のようなユニークな製品も存在する。V-LINKという音楽と映像との融合を目的としたローランド独自の規格も存在し、同社製の多くの楽器に搭載されている。
これら音楽機材などの開発・製造のほかに、米ケークウォーク社製品の輸入代行、音楽教室の経営、音楽振興財団の運営も行っている。
社名は中世ヨーロッパの叙事詩であるローランの歌の主人公、ローランからとられている 。郁太郎は最初から輸出を考えたブランド名として、どの国の言葉で発音してもよく聞こえるような名前を探していたということである。しかし皮肉なことに、L と R を区別しない日本人にとっては「Roland」の R 音を正しく発音するのは至難の業であった。

ブランド

ローランドは、製品分野別にブランドを設ける「マルチブランド」展開をしている。以下に主なブランドを示す。
BOSS
ギター、ベース用のエフェクターアンプなどのブランド。
EDIROL
コンピュータミュージック、映像関連製品のブランド。edit + Roland の合成語。
RSS
3次元音響処理技術のブランド。Roland Sound Spaceの頭文字。
ロジャース
デジタルクラシックオルガンのブランド。

沿革

  • 1972年 4月18日 - 資本金3,300万円で大阪府大阪市住吉区に設立。
  • 1973年 - 国内初のシンセサイザーSH-1000発売。
  • 1977年 - 世界初のギターシンセサイザーGR-500発売。
  • 1984年 - 大阪市北区梅田に音楽教室を開設。
  • 1985年 - 東京都渋谷区に音楽教室を開設。
  • 1988年 - 大阪証券取引所第2部に上場。
  • 1993年 - 本社を大阪市北区に移転。
  • 1996年 - ISO9002を取得。
  • 1998年 - 東京証券取引所第2部に上場。
  • 1999年 - 東証・大証第1部に上場。ISO14001を取得。
  • 2001年 - ビクター・テクニクス・ミュージック株式会社を子会社化。(後に吸収合併)
  • 2005年 - 本社を静岡県浜松市に移転。

主要製品

アナログシンセサイザー

  • GR-300
  • Promars
  • SH-09
  • SH-1
  • SH-2
  • SH-2000
  • SH-3A
  • SH-7
  • SH-101
  • SH-201
  • MC-202
  • TB-303
  • TR-505
  • TR-606
  • TR-808
  • TR-909
  • System100
  • System700
  • Jupiter-4
  • Jupiter-6
  • Jupiter-8
  • Juno-6
  • Juno-60
  • Juno-106
  • Juno-106S
  • JX-3P
  • JX-8P
  • JX-10

デジタルシンセサイザー

  • Dシリーズ
    • D-5
    • D-10
    • D-20
    • D-50
    • D-70
    • D-110
  • Uシリーズ
    • U-20
    • U-110
    • U-220
  • JDシリーズ
    • JD-800
    • JD-990
  • JPシリーズ
    • JP-8000
    • JP-8080
  • JVシリーズ
    • JV-30
    • JV-35
    • JV-50
    • JV-80
    • JV-90
    • JV-880
    • JV-1000
    • JV-1010
    • JV-1080
    • JV-2080
  • XPシリーズ
    • XP-80
    • XP-60
    • XP-50
    • XP-30
    • XP-10
  • XVシリーズ
    • XV-88
    • XV-5050
    • XV-5080/3080
    • XV-2020
  • ローランド・Fantomシリーズ
    • Fantom
    • Fantom-S
    • Fantom-X/ XR
    • Fantom-G
  • JUNO-D
  • JUNO-G
  • JUNO-STAGE
  • V-Synth/V-Synth XT
  • V-Synth GT
  • VariOS
  • Groovebox
    • MC-303
    • MC-307
    • MC-505
    • MC-909
    • MC-808
他多数

ピアノ、オルガン

  • ローランドピアノ・デジタル(電子ピアノ)
  • 電子オルガン
    • ミュージック・アトリエ
    • : 家庭用電子オルガン
    • コンボ・オルガン
    • : VK-8,VK-88,VK-8M(モジュールタイプ)
    • ロジャースオルガン
    • : デジタルクラシックオルガン。教会などに導入されている。

打楽器、アコーディオン

  • Vドラム(電子ドラム)
  • Vアコーディオン(電子アコーディオン)

シーケンサー

  • アナログ出力デジタルミュージックシーケンサー
    • CSQ-100
    • CSQ-600
    • MC-8
    • MC-4
    • : FSKインターフェイスが追加されMTRとの同期レコーディングが可能となった。
  • マイクロ・コンポーザーシリーズ(MIDI系)
    • MC-500
    • : 86年発売 MIDIシーケンサーである。入力2系統出力2系統。表示画面は20桁×2行のバックライト付きLCD液晶。シーケンスソフトはMRC、2DDフロッピーディスクから起動して使用する。リズムトラック+16chX4トラック 四分音符あたりの分解能は96 CPUはZ80。後にMC-500からMC-500mkIIに基板交換する有料バージョンアップサービスが存在した。
    • MC-300
    • : 88年発売 定価98,000円 MC-500のローコスト版。入力1系統、出力2系統。
    • MC-500mkII
    • : 88年発売 定価180,000円 シーケンスソフトは大幅に改良されたSuper-MRC。リズムトラック+16chX8トラック、CPUをZ80からHD64180Zに変更しメモリーを倍に増やしたモデル。
    • MC-50
    • : 90年発売 定価78,000円 MC-500mkIIのローコストモデル、このモデルからシーケンスソフトがROM化されている。内蔵しているROMはSuper-MRCとSuper-MRP。Super-MRCをROMで内蔵しため大幅に使い勝手はよくなったが、メモリーはMC-500mkIIより少ないためMC-500mkIIと同様に複数の曲をロードする場合問題がでる場合がある。
    • MC-50mkII
    • : 92年発売 MC-50にSMFの対応などしたマイナーチェンジ版。
    • MC-80
    • : 99年発売 定価99,800円 シーケンスソフトはSuper-MRCからシンセサイザーXP-60/XP-80にも搭載されているMRC-Proとなった。20桁X2行のLCD液晶から320×80フル・ドット画面に替わり機能が強化されたがリズムトラックの概念が廃止された。四分音符あたりの分解能は480。従来の2DDから2HDのサポート、HDDやZIPドライブの拡張や音源モジュールの内蔵が可能。
    • MC-80EX
    • : 99年発売 定価138,000円 EXはMC-80にSC-88PRO音源モジュールであるVE-GSProを内蔵したもの。

DTM関連機器

  • ミュージくん
  • ミュージ郎
  • ローランド・SCシリーズ(サウンド・キャンバス)
  • ローランド・VSC(バーチャル・サウンド・キャンバス)
  • ローランド・VSシリーズ - マルチトラックハードディスクレコーダー
  • エディロール・SDシリーズ(スタジオ・キャンバス)
  • エディロール・HQソフトウェア・シンセサイザー
  • Sonic Cell
  • エディロール・UAシリーズ
ミュージック・プロダクション・システム
  • MV-30「STUDIO M」

音響関連機器

'RSS:業務用音響機器のブランド
  • RSS Digital Snake
  • RSS V-Mixing System - ライブ用ミキシング・システム
  • RSS ARシリーズ - メモリー・カード・レコーダー

映像関連機器

  • エディロール・VC-300HD/200HD
  • エディロール・V-440HD
  • エディロール・V-4
  • エディロール・DV-7DLシリーズ
  • エディロール・PRシリーズ

音楽教室

1984年より「ローランド・ミュージックスクール」を運営。2001年にビクター・テクニクス・ミュージック株式会社を買収し「ローランドRMS音楽教室」へ改称、国内音楽教室業界において第3位の規模となる。
国内8ヶ所でローランド直営センタースクールを運営している。また、2008年10月1日に「ローランド・サテラ」という直営スクールを開設した。その他、国内各地に特約店が運営する音楽教室がある。

センタースクール

  • RMS音楽教室北海道センター(札幌市中央区
  • RMS音楽教室渋谷センター(東京都渋谷区)
  • RMS音楽教室佐鳴台センター(浜松市中区
  • RMS音楽教室東海センター(名古屋市中区
  • RMS音楽教室京都センター(京都市中京区
  • RMS音楽教室梅田センター(大阪市北区)
  • RMS音楽教室広島センター(広島市中区
  • RMS音楽教室福岡センター(福岡市中央区

ローランド・サテラ

  • ローランド・サテラ 北山田教室(横浜市都筑区

開講科目

  • RMS幼児科(アトリエランド)
  • ピアノ
  • オルガン
  • コンピューター・ミュージック
  • ヤングミュージシャン科
  • Vドラムコース
  • Vアコーディオンコース

RMS音楽教室主催イベント

RMSオルガン・ミュージックフェスティバル
電子オルガンのコンクール。参加資格はRMS会員のみ。
RMSファンタスティック・ピアノコンクール
ポピュラー曲中心のピアノコンクール。参加はRMS会員の他、一般も可能。

ローランド・プロデュースショップ

ローランドがプロデュースする、楽器店内の専門コーナー。専門スタッフを配置し、ユーザーサポートの役割も担っている。
[http
//roland-planet.jp/ PLANET]
ローランド電子ドラム、シンセサイザー、コンピュータ関連機器を専門に展示・販売するコーナー
[http
//roland-foresta.jp/ Roland Foresta]
ローランドのデジタルピアノを専門に展示・販売するコーナー

主要工場・研究所

  • 本社工場(浜松市北区)
  • 都田工場(浜松市北区)
  • 伊左地工場(浜松市西区
  • 松本工場(長野県松本市
  • 浜松研究所(浜松市北区)

グループ会社

[http
//www.bosscorp.co.jp/ ボス株式会社](浜松市中区)
ギター、ベース用のエフェクターアンプなどの製造。
[http
//www.rolandsystemsgroup.net/ ローランド エスジー株式会社](長野県松本市)
音響機器、映像機器などを製造。旧社名:富士ローランド => ローランド エレクトロニクス => ローランド イーディー。
[http
//www.roland-engineering.co.jp/ ローランドエンジニアリング株式会社](浜松市北区)
ローランドグループ各社が持つ固有技術を用いたOEM製品の開発、製造、および販売。
ローランド ディー. ジー. 株式会社(浜松市北区)
パソコン用プロッタラピッドプロトタイピング用の簡易3次元加工機などの製造。
[http
//www.ateliervision.co.jp/ アトリエビジョン株式会社](東京都千代田区
音楽素材、映像素材ライブラリーの制作。
海外ではヨーロッパ各国・アメリカ中国マレーシアなど14ヵ国および台湾に生産・販売・物流の子会社を持つ。

関連項目

  • GS
  • ローランド ディー. ジー.
  • ローランド芸術文化振興財団

脚注

外部リンク

*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約  6  件