ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

ラインホルト・メスナー

ラインホルト・メスナー
ラインホルト・メスナーReinhold Messner, 1944年9月17日 ブレッサノーネ近郊フィルネス・フーネス Villnöss-Funes -)は、イタリア登山家、冒険家、作家、映画製作者。1986年に人類史上初の8000メートル峰全14座完全登頂を成し遂げた。
イタリアのドイツ語圏である南チロルのブレッサノーネに生まれる。登山家としての輝かしく、前人未到の数々の足跡を残し、現在はトレンティーノ=アルト・アディジェ州の名誉市民となっている。彼は自身が所有する13世紀頃に建築された城で生活している。ちなみに、この城は自治体から競売で購入したものである。
メスナーは現在の登山家の中で最も世界で著名でありながら、最も頻繁に議論の対象となる登山家でもある。その理由は、その旺盛な自己顕示と積極的なメディアへの露出の中での偏向的な登山に関する見解のためである。1970年ナンガ・パルバットでは、登攀予定計画には無かったアタックで、登山隊の仲間であった実弟のギュンター・メスナーの遭難死の原因を作ったと言われている(というよりは、ルパール壁を登っていたラインホルトをギュンターが追ったものであった)。このギュンターの雪崩による死に関しては、未だに真相が解明されていない。 ラインホルト・メスナーもこのナンガ・パルバット遠征中に、重度の凍傷に罹り足の指を6本切断している。
18歳頃から東アルプスで500回を超える登攀をこなし、1966年には22歳の若さでグランド・ジョラス北壁(ウォーカー側稜)を攻略。1969年三大北壁の中でも最も難易度が高いとされるアイガー北壁を当時の世界最短記録で攻略。1974年にも同じアイガーでペーター・ハーベラーとともに自身が持つ世界最短登頂記録を更新。なお、この時登攀途中に別の登攀者の救助を手伝っている。
1970年のナンガ・パルバット登頂を皮切りに17年の歳月をかけて1986年には人類史上初となる8000メートル峰全14座完全登頂という登山史における大金字塔を打ち立てた。その間に1978年に、エベレストでハーベラーとのコンビで人類初の無酸素登頂に成功。2年後の1980年には無酸素単独登頂の偉業を成し遂げた。1982年にはカンチェンジュンガガッシャーブルムII峰ブロード・ピークという8000メートル峰を1年の間に次々と登頂。チョ・オユーにおける同年の厳冬期登頂には失敗したものの、驚愕すべき記録であることに変わりは無い。世界初のガッシャーブルムI&II峰縦走にも1984年に成功。1990年には92日間をかけ徒歩で世界初の南極横断に成功した。
ラインホルト・メスナーはパドヴァ大学建築科を卒業しており、一時期数学教師として中学校で教鞭を取っていた。

8000メートル峰14座の登頂記録

  • 1970年 ナンガ・パルバット (8125m)
  • 1972年 マナスル (8156m)
  • 1975年 ガッシャーブルムI峰 (8068m)
  • 1977年 ダウラギリ (8167m)
  • 1978年 エベレスト(8848m)、ナンガ・パルバット(単独登頂)
  • 1979年 K2 (8611m)
  • 1980年 エベレスト(無酸素単独登頂)
  • 1981年 シシャパンマ (8013m)
  • 1982年 カンチェンジュンガ (8586m)、ガッシャーブルムII峰 (8035m)、ブロード・ピーク (8047m)
  • 1983年 チョ・オユー (8201m)
  • 1984年 ガッシャーブルムI峰 (8068m)、 ガッシャーブルムII峰 (8035m)
  • 1985年 アンナプルナ (8091m)、ダウラギリ (8167m)
  • 1986年 マカルー (8462m)、ローツェ (8516m)

その他の登頂(抜粋)

  • 1966年 グランド・ジョラス(4208m)
  • 1969年 アイガー北壁 当時世界最短となる1日半で登頂
  • 1972年 ノシャック (7492m)
  • 1974年 アイガー北壁 5年前の記録を上回る10時間で登頂
  • 1974年 アコンカグア (6959m)
  • 1976年 マッキンリー (6194m) 南西壁 世界初登頂
  • 1978年 キリマンジャロ (5895m)
  • 1981年 チャムラン (7317m)
  • 1986年 ヴィンソン・マシフ (4897m)
  • 1994年 シヴリン (6543m)

関連項目

  • 8000メートル峰
めすな めすなあらいんほると
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件