ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

マフムト1世

マフムト1世
マフムト1世Mahmut I, 1696年8月2日1754年12月13日)は、オスマン帝国第24代のスルタン。第22代ムスタファ2世の息子で、先代アフメト3世の甥。
1730年、パトロナ・ハリルの乱で叔父のアフメト3世が廃されてスルタンに擁立される。イェニチェリの反乱を鎮圧してペルシアとの戦争を続けたが、1736年に現状維持を条件に和平条約が締結された。一方1735年から新たな敵ロシア帝国およびその同盟国オーストリア帝国との戦争を始めた。戦争は4年に及び、ロシアには敗れたもののオーストリアに対する反撃に成功し、1739年のベオグラード条約でオーストリアに奪われた領土を一部奪還する外交的成功を収めた。
常に平和を望んでいたというマフムトは、宦官ハジ・ベシル・アーの強い影響下にあった。またマフムトの治世以後、ワラキア公とモルダヴィア公にファナリオティスを起用することが定着した。
マフムトは1754年、金曜礼拝から戻った直後に心臓発作のため死亡した。
まふむと1 まふむと1 まふむと1
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件