ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

ヒューストン・ストリート

ヒューストン・ストリート
ヒューストン・ローウェル・ストリート(Huston Lowell Street , 1983年8月2日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身の野球選手投手、右投右打。現在はMLBコロラド・ロッキーズに所属している。

経歴

父のジェームズ・ストリートは、テキサス大学オースティン校在学中に野球アメリカンフットボールの両方で活躍し、特にアメフトでは名クォーターバックとしてチームを1969年に全米王者に導いた選手だった。彼の息子として1983年8月2日に生まれたヒューストンもやがて父と同じ大学に進学、3年間の在学中に抑え投手として通算41セーブを挙げ、チームが3年連続でカレッジ・ワールドシリーズ出場する原動力となった。
大学屈指のクローザーだったが、体が小さいことが嫌われてどこのチームも獲得に動かなかった。それを見てのドラフト1巡目(全体40位)でオークランド・アスレチックスの指名を受けて入団、その年のうちにAから3Aの3つのマイナーリーグで21試合に登板し、被本塁打は0。翌年に招待選手としてメジャーのスプリングトレーニングに参加する。「ベテラン選手からできる限り知識を吸収して、マイナーで試すつもりだった」大冨真一郎「新人王★ヒューストン・ストリート[アスレチックス] HUSTON STREET/駆け足の先にあった栄冠」 『月刊メジャー・リーグ』2006年1月号、ベースボール・マガジン社、2005年、雑誌08625-1、14-15頁。ストリートだったが、リリーフ陣に故障者が出たため開幕をメジャーで迎える。4月6日にメジャー初登板。
チームの抑え投手だったオクタビオ・ドーテルも5月21日に故障者リスト入りすると、メジャーデビューから2か月足らずのストリートが代役に抜擢される。これについてもカート・ヤング投手コーチが「実際に、ストリートをあの時点でクローザーに指名するのは予定より早かった」<ref name=monthlymlb />と語っている。ストリートは、自身やチームの予定より早くメジャーでの地位を確立し、5勝1敗23セーブの成績を残し、ローリー・フィンガーズの持つ球団新人セーブ記録を35年ぶりに更新した<ref name="bio2005"/>。シーズン終了後、ストリートはロビンソン・カノヤンキース)や井口資仁ホワイトソックス=当時)らを抑え、クローザとしてアメリカンリーグ史上リーグ3人目となる新人王を受賞した<ref name="bio2005"></ref>。
にはワールド・ベースボール・クラシックアメリカ合衆国代表に選ばれた。しかしレギュラーシーズンでは、右大胸筋や右股関節を痛めるなど故障に悩まされ、37セーブ(リーグ4位)を挙げたもののセーブ失敗11度(両リーグワースト2位)と精彩を欠いた。さらには右腕痛で2か月近く投げることができず、復帰後は不安定な投球も9月になって制球が安定し、9月以降の防御率は0点台に抑えている。しかし、登板数・セーブ数ともにこれまでで最低の数字を残した。
も開幕はクローザーを務めたものの前年に続き不調で、後半にはブラッド・ジーグラーにクローザーの座を明け渡すことになった。シーズン終了後の11月14日マット・ホリデーとの交換トレードによりグレッグ・スミス、カルロス・ゴンザレスと共にコロラド・ロッキーズに移籍した<ref></ref>。

選手としての特徴

投球前に舌を出し、左足を前にして斜め後ろにもたれかかるようなフォームが特徴。球種は90mph前半(約144.8km/h - 151.2km/h)のツーシームスライダーチェンジアップ気味のシンカー
かなりのインテリでもあり、文章を書くのも好きなようで、2005年はルーキーながらスポーツ専門局ESPNに『大リーグ日記』を寄稿、好評を博した。

年度別投手成績

  • 2008年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰

  • アメリカンリーグ 新人王:2005年

参考資料

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件