ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

ドントレル・ウィリス

ドントレル・ウィリス
ドントレル・ウェイン・ウィリス(Dontrelle Wayne Willis, 1982年1月12日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身の野球選手投手、左投左打。現在はMLBデトロイト・タイガースに所属している。
ハイキック投法から投げるので、"メキシコの怪童" フェルナンド・バレンズエラによく似ているといわれる。愛称はDトレイン(D-Train )。

経歴

1981年 1月12日カリフォルニア州オークランドで生まれ、母子家庭で育った。母は溶接工で休日はソフトボールの捕手を務め、地元球団オークランド・アスレチックスのエースヴァイダ・ブルーのファンで、ウィリスにブルーのハイキック投法を投げるように教えた。そしてウィリスはブルーそっくりな投手になった。
ドラフト8巡目(全体223位)指名でシカゴ・カブスに入団し、3月27日フロリダ・マーリンズトレードで移籍。
マイナーリーグAA級カロライナで6試合に先発して4勝0敗・防御率1.49の好成績を挙げると、5月9日ジョシュ・ベケット故障者リスト入りし、AAA級を飛び越してにメジャーに昇格し、同日にデビュー<ref name="bio2003"/>。デビュー戦から3回目の登板まで1勝1敗、防御率7.07だったが、その後7月13日までの10回の登板で8連勝をマークし、防御率は1.05<ref name="bio2003"></ref>。6月にはナリーグ新人選手としては野茂英雄(1995年6月)以来となるピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞した<ref name="bio2003"/>。7月12日に行われたMLBオールスターゲームにも選出され、ナリーグの投手として1985年のドワイト・グッデン以来の若さでの選出となった<ref name="bio2003"/>。ウィリスの登場は、ブラッド・ペニーカール・パバーノら伸び悩んでいた他の投手にも刺激をもたらし<ref>「30球団レギュラー・シーズン回顧 フロリダ・マーリンズ 監督交代と好補強が奏功して'97年以来のWカード」 『月刊メジャー・リーグ』2003年11月号、ベースボール・マガジン社、2003年、雑誌08625-11、55頁。 </ref>、その結果マーリンズはワールドシリーズを制覇。シーズン終了後、ウィリスは球団史上初<ref>"History: MLB Awards," The Official Site of Major League Baseball. 2008年1月11日閲覧。</ref>の新人王を受賞した。
は開幕から3試合連続で自責点0で3連勝。4月25日のブレーブス戦の初回で自責点を記録し、昨年の9月23日からの連続無自責点が27.1回で途切れた<ref name="bio2004"/>。しかし、その後は低迷し、負け越した上に防御率を0.7近く悪化させるなど2年目のジンクスにはまったが、カール・パバーノに次ぐチーム2番目の勝数(10)、奪三振(139)を記録した<ref name="bio2004"></ref>。
翌は開幕から2戦連続で完封勝利。その後は連勝を伸ばして7戦7勝を記録し、球団史上リバン・ヘルナンデスの開幕から9戦9勝に次ぐ好調なスタートを切った<ref></ref>。最終的に22勝で最多勝のタイトルを獲得し、球団史上初の20勝投手となった<ref>"Florida Marlins Pitching Leaders," Baseball-Reference.com. 2008年1月11日閲覧。</ref>。サイ・ヤング賞投票ではクリス・カーペンターに次ぐ票を集めた<ref>"Baseball Awards Voting for 2005," Baseball-Reference.com. 2008年1月11日閲覧。</ref>。
は、3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表として出場し、ロジャー・クレメンスジェイク・ピービーと先発ローテーションを形成。前年の2005年に行われたWBC開催発表記者会見に出席するなど意欲的だったが、調整不足からコントロールを乱し<ref>岡田弘太郎 「WBC米国代表はなぜ負けたのか」 『スポーツナビ』、2006年3月17日。2008年3月16日閲覧。</ref>、2試合に登板して2敗・防御率12.71<ref>"Statistics," World Baseball Classic. 2008年1月11日閲覧。</ref>と散々な成績だった。その後のMLBレギュラーシーズンでも安定せず<ref>杉浦大介 「30チーム・レポート&全選手シーズン最終成績 フロリダ・マーリンズ/FLA 何があろうとマウンドに立つ」 『月刊スラッガー』2006年12月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-12、79頁。</ref>、12勝12敗・防御率3.87と前年から成績を落とした。
は成績がさらに悪化した。選手層が薄いマーリンズにおいてローテーション落ちこそなかったが、敗戦数・防御率・失点・自責点WHIPで自己最悪の数字を記録、特に失点・自責点はリーグワーストだった。シーズン終了後、年俸総額の削減を進めていたマーリンズは、主砲のミゲル・カブレラとともにウィリスをデトロイト・タイガースへトレードし、その後2010年まで3年総額2,900万ドルで契約を結んだ<ref></ref>。2003年からの5年間マーリンズ在籍中に勝数(68)、奪三振(757)、先発登板数(162)を記録し、球団記録を更新した<ref></ref>。

投球スタイル

投球時に右足を極端に高く蹴り上げ、体を大きくひねって、サイドスロー気味にリリースする独特のハイキック投法から投げる。年々バランス向上のため右足の上げ幅を小さくしている。手元で小さくスライドするツーシーム、大きなスラーブチェンジアップを主な武器とする。またトリッキーな投法に惑わされがちだが、制球力も良い。

年度別投手成績

  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰

  • ナショナルリーグ 新人王:2003年
  • 最多勝利 1回:2005年(22勝)
  • MLBオールスターゲーム選出 2回:2003年2005年

脚注

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件