ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

ティム・リンスカム

ティム・リンスカム
ティム・リンスカムTimothy LeRoy Lincecum, 1984年6月15日 - )はアメリカ合衆国ワシントン州出身、サンフランシスコジャイアンツ所属の投手である。
ニックネームはザ・フランチャイズ(The Franchise)。地元での人気は高く、特に若い女性からの人気が高い。

経歴

シカゴ・カブスに48巡目(全体1408位)で指名されるが拒否してワシントン大学に進学。に大学の所属リーグで史上初めて新人賞と最優秀投手賞を受賞し、にはクリーブランド・インディアンスに42巡目(全体1261位)で指名されるが契約で折り合いが付かず大学に残った。
は12勝4敗・199奪三振・防御率1.94を記録し、2度目の最優秀投手賞を受賞。身長の低さと特殊な投球フォームのためドラフトで多くの球団が指名を見送るも、サンフランシスコ・ジャイアンツに1巡目(全体10位)で指名されて6月30日に入団する。ワシントン大学出身者初の1巡目指名選手となった。7月26日にA-級でプロデビューを果たし、8月5日にA+級に昇格し、2つのクラスで31.2回を投げ、58奪三振を記録した。
は3Aで4勝0敗、防御率0.29の好成績を挙げ、5月6日ラス・オルティスが怪我により離脱したため昇格<ref name="bio2007"/>。同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。メジャー初勝利は5月11日のロッキーズ戦で、7月1日のダイヤモンドバックス戦で1試合12奪三振とサンフランシスコ移転後の球団史上の新人選手として4位にランクした<ref name="bio2007"/>。メジャー初年度は7勝5敗。投球回よりも多い150奪三振を記録し、リーグの新人選手最多となった<ref name="bio2007"></ref>。
は前半戦終了時に11勝2敗の成績でオールスターに初めて選出されたが、発熱のため登板はしなかった。9月23日のロッキーズ戦でシーズン三振数がジェイソン・シュミットの1958年にサンフランシスコ移転後の球団記録(251)を更新し、シーズン最後の登板となったドジャース戦では最初のアウトから9アウト連続で三振という22年ぶりの記録。7回1失点に抑え、13奪三振を記録し球団記録を265まで伸ばした。2位とは50以上もの差をつけて奪三振のタイトルを獲得し、18勝・防御率2.62・勝率.783はいずれもリーグ2位の好成績を記録した。シーズン終了後に最多勝利ブランドン・ウェブ最優秀防御率ヨハン・サンタナを押しのけてサイ・ヤング賞を受賞した。

投球スタイル

ボブ・フェラーサンディー・コーファックスと比較する声も上がる逸材で、投げるのは速球(ツーシーム)がほとんど。平均93 - 97マイル(150 - 156キロ)をしなやかなフォームから投げる(Max 100マイル)。またカーブチェンジアップで打者の打つタイミングを外す。

年度別投手成績

  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件