ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

スターリング・モス

スターリング・モス
スターリング・モスStirling MOSS, 1929年9月17日 - )は、かつてF1で活躍したイギリスのレーシングドライバーである。
歴代の中でもトップドライバーに数えられる実力を持ちながら、結局一度もチャンピオンになることはなく、このことからしばしば「無冠の帝王」と呼ばれる。

経歴

F1世界選手権最初のレース1950年イギリスGPの前座レースで、最終ラップにエンジンを壊しながらも2位に入賞。イギリス勢が著しく振るわなかったレースウィークにおける数少ない喜ばしい話題として、多くのメディアに取り上げられ、イギリス国内で注目を浴び始める。

F1

1954年以前

1951年開幕戦スイスGPにおいて、HWMからF1デビューし8位で完走。その後、1953年までは散発的なスポット参戦が多く、また恵まれないマシンで苦戦していたため、入賞は無かった。
1954年は序盤を欠場した後、シーズン途中よりマセラティから出走、初戦となった第3戦ベルギーGPでは3位に入っている。この年の入賞はこれのみだったが、第5戦イギリスGPでは初ファステストラップ(以下:FL)を記録。他にも、予選で上位につけるなど才能を開花させ、一躍トップドライバーとなった。

1955年

1955年はメルセデスから参戦。第4ベルギーGP・5戦オランダGPと連続で2位フィニッシュを記録した後、第6戦イギリスGPでは初のポールポジション(以下:PP)を獲得。決勝でも、ファン・マヌエル・ファンジオとのバトルを制し初優勝。ポール・トゥー・ウィンであることに加え、FLも記録しており、モスづくしのレースとなった。最終的に、ファンジオに次ぐランキング2位でシーズンを終えている。

1956年

マセラティに舞い戻った1956年も活躍し、2勝・1PP・3FLを記録。最終戦イタリアGPでの勝利により、ランキングでピーター・コリンズを上回り、ファンジオに次ぐ2位に浮上させた。

1957年

1957年は開幕戦アルゼンチンGPのみマセラティから出走し、その後ヴァンウォールに移籍。前半は結果を残せなかったものの、後半は4戦中3勝を記録(うち、1戦はシェアドライブ)、3年連続でファンジオに次ぐランキング2位となった。他にも1PP・2FLを記録した。

1958年

1958年もヴァンウォールからの出走だったが、開幕戦アルゼンチンGPのみミッドシップレイアウトクーパー・クライマックスから急遽参戦。当時の一流チームと比べエンジン性能が劣っている上、当時は珍車的扱いだったが、タイヤ無交換作戦(その為、ファイナルラップ寸前にはタイヤにゴムが殆ど残っていない状態となっていた)が決まり2位と2.7秒差で制している。前年暮に開催が決定した為、ワークスチームはフェラーリマセラーティだけと手薄だった事にも助けられた形となった。
この年は、ファンジオが2戦に出走したのみで引退、モスとフェラーリのマイク・ホーソンの間で、激しいチャンピオン争いが行われた。最終的にモスは4勝を挙げたが、1勝のホーソンに1ポイント差で敗れ、タイトルを逃している。これにより、4年連続でランキングは2位となった。堅実にポイントを稼いたホーソンに対し、モスはリタイヤが多く、またFL(当時は1ポイントが与えられていた)でもホーソンの5度に対し3度と下回っていた。PPは3度だった。

1959年

1959年以降に駆ったマシンは、プライベーター故に旧型のロータス等、トップレベルとは言いがたいものであった。しかし、非力なマシンでワークスチームに挑み、勝利を飾るモスの姿は、観衆から大きな支持を得たという。そのためワークスから参戦していた時期よりも、この頃のほうがスタードライバーとして、より人気があったと言われている。
1959年は開幕戦モナコGPにて、PPからトップ走行中、トラブルにより残り約20周でストップ。これも含め前半戦は未勝利だったが、第7戦ポルトガルGP・第8戦イタリアGPと2連続ポール・トゥー・ウィンを飾り、ジャック・ブラバムを猛追。最終戦アメリカGPを残した時点でランク2位につけ、チャンピオンのチャンスも残っていた。しかしアメリカGPでは、PPからトップ走行中の6周目に、トランスミッショントラブルでリタイヤ。トニー・ブルックスにも抜かれ、ランクは3位に終わった。
この年は実質8戦中、2勝以外に2位を1度記録したが、他はリタイヤ4回・失格1回と、前年まで見られた傾向は変わっていなかった。他に、PP・FLを共に4回獲得している。

1960年

1960年は、第2戦モナコGPで優勝するなど奮起していたが、第5戦ベルギーGPの予選中にクラッシュで両足を骨折。タイムは3位ながら決勝の走行は出来ず、また暫く欠場を余儀なくされた。
しかし、復帰後に最終戦アメリカGPで優勝。シーズンの半分近くは欠場という状況ながら、4PP・2勝・2FLを記録、ランキングではブラバム、ブルース・マクラーレンに次ぐ3位に入った。

1961年

1961年は開幕戦モナコGPでPPを獲得、決勝でも背後に迫るフェラーリリッチー・ギンザーとFLを出し合う展開を制し、3秒差で勝利を挙げた。この年の最強マシンであるフェラーリを相手にしての快勝劇は、モスのF1ベストレースとも言われている。その後、第6戦ドイツGPでも優勝。
この年もランキングは3位となり、1959年から3年連続となった。全8戦中、2勝以外は4位1回のみと、リタイヤの多さが見られた。

引退

1962年、シーズン開幕前にグッドウッドで行われたノンタイトル戦で瀕死の重傷を負い、全盛期中にもかかわらず現役引退を余儀なくされる。ロータスを始めとしたイギリスチームが、頭角をあらわし始めるのはその直後からであった。
引退後も、F1に何かしらの動向があれば度々コメントを発している。辛口な意見が掲載されることも多い。

エピソード

  • 何度もチャンピオン争いに絡みながら1度も王座に就けなかったのは、母国を愛する気持ちから、必要以上にイギリスチームに拘った結果とされる。エンツォ・フェラーリから「タツィオ・ヌヴォラーリと比較に値する唯一の存在」とまで買われながらイタリアの象徴であるフェラーリに乗らなかったのも、この拘りからと言われている。
    • 実際にはフェラーリとは契約寸前までいったことがあるが、エンツォの尊大な態度に腹を立てて契約は成立せず、これがフェラーリ打倒の原動力になったとも言われている。
  • チャンピオンにならなかったにもかかわらず、母国イギリスでは英雄的存在であり、「モスに手紙を書く際には、スターリング・モス、イングランド」という宛名だけで手紙が届く」という逸話もある。
  • デイモン・ヒルと誕生日が一緒である。

関連項目

  • モータースポーツ
  • ドライバー一覧
  • F1ドライバーの一覧
  • 国際モータースポーツ殿堂
  • ライレー
もすすたありんく もすすたありんく
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件