ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

ジョサイア・ウェッジウッド

ジョサイア・ウェッジウッド
ジョサイア・ウェッジウッドJosiah Wedgwood, 1730年7月12日 - 1795年1月3日)はイギリスの陶芸家、事業家。イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者。後にイギリス陶芸の父と称される。窯の中の高温を測るパイロメーター(高温測定計)を発明し王立協会会員にも選ばれた科学者としての一面もある。

略歴

  • 1730年 イングランドスタフォードシャ州ストーク・オン・トレントのバーズレムで代々作陶に携わってきた陶器職人の家に生まれる。父トーマス、母メアリー・ウェッジウッドの末子、第13子。
  • 1737年(9歳) 父が亡くなり、家業のチャーチヤード工房(Churchyard Works)の跡を継いだ兄トーマス(Thomas)のもとで陶芸を学び始める。
  • 1739年(11歳) 天然痘にかかり右足が不自由になる。陶器に関する調査と研究に没頭する。
  • 1770-11年 14歳頃から作陶を始める。
  • 1754年 バーズレムにて、トーマス・ウィルドン(Thomas Whieldon)と共に事業を開始。
  • 1759年(28歳) アイビーハウス工房(Ivy House Works)を借り受け、独立。
  • 1763年 硬質陶器クリームウェアが完成。
  • 1766年 国王ジョージ3世の妻シャーロット王妃の称賛を呼び王室御用達の陶工(Potter to Her Majesty)に認められ、「クィーンズウェア」と命名することを許される。
  • 1768年 右足の状況が悪化し、膝下を切断。
  • 1769年 バーズレムにて共同経営者のトーマス・ベントレーと共に「ウェッジウッド・カンパニー」を創業。
  • 1771年 工房をエトルリア(Etruria)へと移す。
  • 1774年 磁器に近いストーンウェアを下地にした「ジャスパーウェア」を完成。
  • 1786年 ポートランドの壺の再現に取り組む。
  • 1790年 ポートランドの壺をジャスパーウェアで再現することに成功(ウェッジウッド美術館・蔵)。
  • 1795年 64歳で亡くなる。

備考

  • 磁器を製作する際の融剤として長石の替わりに、リン酸カルシウムを含む牛骨を使ったボーンチャイナの生産を試みたのは、息子のジョサイア・ウェッジウッド2世。
  • ウェッジウッドの娘スザンナは、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの母。つまり、ダーウィンは孫にあたる。ダーウィンの父方の祖父であるエラズマス・ダーウィンは、ジョサイア・ウェッジウッドの主治医で友人だった。
  • イギリスで最も偉大な陶芸家の一人。

参考文献

  • 南川三治朗 『欧州陶磁紀行』 世界文化社、2005年、ISBN:448052208
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件