ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

ジャック・ロンドン

ジャック・ロンドン
ジャック・ロンドンJack London1876年1月12日 - 1916年11月22日)は、アメリカ合衆国作家。 本名はジョン・グリフィス・チェイニー(John Griffith Chaney)。

年譜

  • 1876年1月12日、カリフォルニア州サンフランシスコで生まれる。父親は、確証はないがチェイニーというアイルランド系の占星術師、55歳。母親は農家の娘フローラ・ウェルマンで32歳。結婚は正式なものではなく、フローラが妊娠すると、チェイニーは出産に反対し、6月にフローラは自殺未遂。夏に離別する。9月、フローラは降霊術の会で知り合った実直な労働者ジョン・ロンドンと結婚。ジョンにはイライザとアイダという娘がいた。チェイニーとの間にできた男児ジョンは、父親と区別するためにジャックと改名。
  • 1877年、一家はオークランドに住み、食料品店を始めるが失敗し、その後アラメダサンマテオ、リヴァモアの各地を転々とする。
  • 1881年、一家はサンフランシスコ郊外の農場に住み、野菜やトウモロコシを作る。貧しい生活が続く。
  • 1887年、ジャックは家計を助ける為に朝夕の新聞配達を始める。休刊日の週末は氷屋の配達係、ボウリング場のピン立てボーイとして働く。
  • 1889年、小学校は卒業するが、貧困の為に進学できず、缶詰工場で1日14~18時間働く。
  • 1891年、サンフランシスコ湾で、仲間たちと牡蠣荒らしをはじめ、やがてジャックは「牡蠣泥棒の王子」と呼ばれるようになる。
  • 1893年、アザラシ漁船の乗組員として、小笠原諸島横浜に上陸した。
  • 1894年3月25日、世界恐慌の最中、鉱業労働をしていた人民党員のジェイコブ・コクシーの失業対策として道路整備公共工事請願を目的とした「コクシーの軍隊」という、ワシントンのペンシルバニア大通りでのデモ行進に参加したが脱落。各地を流浪、バッファローで浮浪罪で逮捕され30日労役につく。
  • 1896年、カリフォルニア大学に入学するが一学期で中退。
  • 1897年、アラスカ・クロンダイクでのゴールド・ラッシュに加わるが、壊血病にかかり帰国。
  • 1901年、以前からカール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスの『共産党宣言』に共鳴していたため、アメリカ社会党に入る。
  • 1903年に出版された『野性の呼び声』によって、一躍流行作家となる。以後20年間に53冊の著書と200以上の短編小説を発表した。
  • 1904年(明治36年)、日露戦争の取材のために記者として来日した。撮影禁止区域で写真撮影しスパイ容疑で逮捕される。
  • 1905年、アメリカ社会党大会での日系アメリカ人移民差別反対意見について、自分は白人であると述べ封殺した。
  • 1906年社会主義思想による小説を書く。
  • 1916年11月21日、グレンエレンの自宅でモルヒネを飲み自殺。
日本における代表作は、『野性の呼び声』(The Call of the Wild)と『白牙』(The White Fang)。

邦訳作品

  • 『ジャック・ロンドン選集1 - 野性の呼び声・どん底の人々』(本の友社)
  • 『ジャック・ロンドン選集2 - ボクシング小説集・白牙』(本の友社)
  • 『ジャック・ロンドン選集3 - 太古の呼び声・アメリカ浮浪記』(本の友社)
  • 『野性の呼び声』(社会思想社・現代教養文庫)
  • 『白牙』(社会思想社・現代教養文庫)
  • 『ジャック・ロンドン大予言』(晶文社
  • 『ジャック・ロンドン自伝的物語』(晶文社)
  • 『どん底の人びと』(社会思想社・現代教養文庫)
  • 『ジョン・バーリコーン』(社会思想社・現代教養文庫)
  • 『試合 - ボクシング小説集』(社会思想社・現代教養文庫)
  • 『星を駆ける者』(国書刊行会
  • 『死の同心円』(国書刊行会)
  • 『鉄の踵』(新潮社
  • 『アメリカ浮浪記』(新潮社)
  • 『太古の呼び声』(平凡社
  • 『赤死病』(新潮社)
  • 『海の狼』(トパーズプレス)
  • 『極北の地にて』(新潮社)
  • 『アメリカ残酷物語』(新潮社)

関連項目

  • ジャック・ロンドン (小惑星)

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

ジャック・ロンドン (小惑星)

ジャック・ロンドン (小惑星)
ジャック・ロンドン (2625 Jack London) は小惑星帯に位置する小惑星。ロシアの天文学者ニコライ・チェルヌイフがクリミア天体物理天文台で発見した。
アメリカ合衆国の作家、ジャック・ロンドンに因んで命名された。

関連項目

  • 小惑星の一覧 (2001-3000)

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

ジャック・ロンドン (陸上選手)

ジャック・ロンドン (陸上選手)
}} ジャック・ロンドン (John Edward "Jack" London、1905年1月13日- 1966年5月2日)は、イギリス陸上競技選手。
ロンドンは、1928年アムステルダムオリンピックの100mに出場。10秒9の記録で、カナダパーシー・ウィリアムズに次いで銀メダルを獲得。さらに4×100mリレーにも出場。セシル・ジル、テディ・スムーハ、ウォルター・レンジリーらとともに銅メダルを獲得した。
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件