ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

シュテファン・エッフェンベルク

シュテファン・エッフェンベルク
シュテファン・エッフェンベルクStefan Effenberg1968年8月2日 - )は、ドイツハンブルク出身の元同国代表サッカー選手。選手時代のポジションはMF

略歴

1987年ボルシアMGでプロ生活をスタート。長短の精度の高いパス供給できる中心選手として頭角を現し、1990年に強豪バイエルン・ミュンヘンへ移籍。クラブに数多くのタイトルをもたらした。1992年からは2シーズンセリエAフィオレンティーナに移籍した。
ドイツ代表としては1991年に初招集され、翌1992年のUEFA欧州選手権に出場するが、ピッチの内外で騒動を起こす問題児としても知られており、1994年アメリカW杯では観客に挑発的な態度をとったとして強制帰国させられた。しかし、彼の抜けた穴は大きかったのか、アメリカW杯、フランスW杯は共に準々決勝で敗退。フランスW杯終了後、代表復帰を望む声が高まり、再び代表でプレーするが、わずか2試合出場しただけで代表を辞退。その後、代表でプレーする事はなかった。
クラブレベルにおいては、1994年からは再びボルシアMGに在籍したあと、1998年にバイエルンに復帰。オットマー・ヒッツフェルト監督に主将に任命される。1999年の「カンプ・ノウの悲劇」を経験した後、2001年のチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。2002年ヴォルフスブルクへ移籍した後、カタールのクラブチームであるアル・アラビでプレーしたのを最後に現役を引退した。2005年7月22日には引退試合が行われ、自身初のハットトリックを決めて引退に花を添えた。
また、タイに発展途上国支援の一環としてサッカースクールを開設し、若手の育成に取り組んでいる。

選手経歴

  • ボルシアMG 1987-1990、1994-1998
  • バイエルン・ミュンヘン 1990-1992、1998-2002
  • フィオレンティーナ 1992-1994
  • VfLヴォルフスブルク 2002-2003
  • アル・アラビ 2003-2004
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件