ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

英和・和英辞典の検索結果

サーキット

サーキット
(n) circuit
(P)

Wikipediaの検索結果

サキ

サキ
サキ(Saki、1870年12月18日 - 1916年11月14日)は、ミャンマー生まれのスコットランド小説家。本名:ヘクター・ヒュー・マンロウ。いわゆる「奇妙な味」の作家の一人に数えられる。

人物

警察官ジャーナリストなどを経て作家になる。ブラックユーモア風刺の効いた短編小説を得意とし、その作品の多くは新聞に掲載された。1916年第一次世界大戦に従軍中に前線での被弾によってフランスで没する。
ペンネームの由来はイランの詩人ウマル・ハイヤームの詩『ルバイヤート』に登場する「酒を酌する少年」の意からとされる説が通説であるが、確証に乏しい。南アメリカ産のサル「サキ」から採ったという説もある。
『レジノルド』・『獣と超獣』・『クローヴィス年代記』などの短編集があり、欧米ではオー・ヘンリーと並ぶ短編の名手とされる。E・V・ルーカスは「泊り客の枕もとに、オー・ヘンリー、あるいはサキ、あるいはその両方をおいていなければ、女主人として完璧とはいえない」と評している。しかし日本での知名度はオー・ヘンリーほどではない。全部で2長編135短編および戯曲4編が発表されていおり、短編の半数以上は邦訳されている。
オー・ヘンリーの作風が庶民的で情緒的、サキのそれは貴族的で冷笑的、という見解が通説としてあり、登場人物や彼らの暮らしぶり等には確かに顕著な懸隔がある。しかし、両者とも掌編にて理不尽を描き出す巧者として今も並び賞されている。
登場人物には一定の法則性がある。例えば、伯母は恐怖の原因であつかましい存在、子供は狂暴かつ野蛮、などである。また、動物が重要な存在として登場する例がある。
作品は、『サキ傑作選』(ハルキ文庫)、『ザ・ベスト・オブ・サキ1・2』(サンリオSF文庫ちくま文庫)、『サキ傑作集』(岩波文庫)、『サキ短篇集』(新潮文庫)などにまとめられている。

代表的短編

  • 開いた窓(The Open Window)
  • 平和的玩具(The Toys of Peace)
  • スレドニ・ヴァシュター(Sredni Vashtar)
伯母の支配的な養育をうけていた少年は、ある日から隠れて白い鼬を飼い始めることに成功する。少年は鼬へスレドニ・ヴァシターという神秘的な名を捧げ、餌を与える際も熱烈な儀式を執り行う。ついに、とうとう伯母が甥の怪しい挙動を察知してスレドニ・ヴァシターの小屋へ近づく。その間ただ少年は、ひたすらある祈りを捧げ…。
  • 狼少年(Gabriel-Ernest)
主人公の青年は、狩りの途中で奇妙な少年と出会う。伯母は気に入って屋敷に引き取り少年を可愛がるが、主人公は彼の身にまとう雰囲気が不安でならない。そして、ある日…。
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

サキソフォン

サキソフォン
サクソフォーン

サキシマハブ

サキシマハブ
サキシマハブ(先島波布、先島飯匙倩、Protobothrops elegans)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目クサリヘビ科ハブ属に分類されるヘビ。有毒。

分布

日本石垣島竹富島嘉弥真島小浜島黒島西表島固有種。人為的に持ちこまれた個体が沖縄本島にも分布を広げている。

形態

全長60-120cm。体色は褐色で、暗褐色の鎖状の斑紋が入るが、個体による変異も大きい。種小名elegansは「優雅な」の意。灰褐色の肌に、黒い斑紋が並ぶ。

生態

平地から山地森林草原水辺農地に住む。地表でも樹上でも活動する。夜行性
食性は動物食で、哺乳類、小型鳥類トカゲカエル等を食べる。
繁殖形態は卵生で、5-7月に1回に3-13個の卵を産む。

人間との関係

性質はホンハブと違い非常におとなしく、うかつに踏んだり、ちょっかいを出さない限り、噛まれることは少ないと言われている。また、ホンハブより毒が弱いとも言われる。しかし、実際にははそれなりに強く、過去には死亡例もあるヘビなので、くれぐれもちょっかいを出したりしないように気をつけることが望ましい。なお、命には関わらずとも、筋肉などが消化されることによる後遺症が残ることもある。
個体数は極めて多い。一説によれば、西表島では最も個体数が多いヘビが、このサキシマハブであるとも言う。また人家周辺にも出現するから遭遇する機会が多く、その意味でも注意が必要である。
観光みやげとして販売されているハブ酒の中身は、たいていサキシマハブである。そのため、沖縄本島各地にハブ酒用に持ち込まれてきた個体が逃げ出し、本島南部で野生化して問題になっている。このように、外国産ではない種が、その種の生息しない地域に持ち込まれるケースを国内外来種という。特に、ホンハブと交雑した個体の場合、従来のハブ用の抗血清が効かないとの報告もあり、注意が必要といわれる。

参考文献

  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、328頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、135頁

関連項目

  • ハブ属
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約  96  件