ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

イサベル・アジェンデ

イサベル・アジェンデ
イサベル・アジェンデ(Isabel Allende Llona 1942年8月2日 - )は、チリの女性小説家である。
外交官だった父親の赴任先であるペルーリマで生まれた。父親のいとこに、後のチリ大統領サルバドール・アジェンデがいる。彼女がごく幼い頃、父親は妻子を捨てて行方をくらましたため、彼女は母とともにチリに帰国した。後に、母親は別の外交官と再婚し、その赴任に従ってラパスボリビア)、レバノンなどで暮らした。このような生い立ちのため、彼女は実父の一族とは没交渉であったが、サルバドール・アジェンデだけは例外で、親しく付き合っていたという。
1959年から65年までFAO(国連食糧農業機関)での勤務の後、雑誌記者となった。最初に働いた雑誌は、娘(後述)と同じ名前の『パウラ』という女性誌だった。1970年、サルバドール・アジェンデが大統領に当選したが、1973年9月11日ピノチェトクーデターののち、迫害は彼女にもおよび、ベネズエラに亡命した。この地で、祖父母から始まる自分の一族の半生をモチーフにして脚色を施した処女作『La casa de los espíritus』(邦題『精霊たちの家』)を1982年に発表、以後次々と作品を発表している。
最初の夫ミゲル・フリアスとの間に1男1女があったがのちに離婚、米国人のウィリー・ゴードンと再婚して米国カリフォルニア州に移り住んだ。娘のパウラは、1992年、28歳の若さでポルフィリン症のため1年の昏睡状態の後亡くなった。「娘が意識を取り戻したとき途方に暮れないように」と、彼女に語りかけるように書き留めた自分と一族の半生の記録に、看病の体験を織り交ぜた作品が『Paula』(邦題『パウラ、水泡なすもろき命』)である。作者自らが「自分の最高傑作」と称しているが、娘を失った痛手から、その後約3年ほど文筆生活を中断している。その後、執筆を再開し、現在ではラテンアメリカでもっとも人気のある小説家の一人である。
なお、サルバドール・アジェンデの娘の一人(従って彼女のまた従姉妹にあたる)も、イサベル・アジェンデ(Isabel Allende Bussi)という名を持ち、父親と同じ社会党所属の国会議員である。

主な作品

  • La casa de los espíritus 『精霊たちの家』木村榮一訳 国書刊行会 1989年
  • La gorda de porcelana (太い磁器)
  • De amor y de sombra (愛と影から)
  • Eva Luna 『エバ・ルーナ』木村榮一訳 国書刊行会 1994年
  • Cuentos de Eva Luna 『エバ・ルーナのお話』木村榮一訳 国書刊行会 1995年 短編集
  • El plan infinito (無限計画)
  • Paula 『パウラ、水泡なすもろき命』管啓二郎訳 国書刊行会 2002年
  • Afrodita (アフロディータ)
  • Hija de la fortuna 『天使の運命 上下』木村裕美訳 PHP研究所2004年
  • Retrato en sepia (セピア色の肖像)
  • La ciudad de las bestias 『神と野獣の都』宮崎寿子訳 扶桑社海外文庫 2005年
  • Mi país inventado (でっち上げられた我が国)
  • El Reino del Dragón de Oro (黄金の竜の王)
  • El Bosque de los Pigmeos (こびとたちの森)
  • El Zorro 『ゾロ:伝説の始まり 上下』中川紀子訳 扶桑社海外文庫 2008年
  • Inés del alma mía (我が魂のイネス)

関連項目

  • サルバドール・アジェンデ
  • チリ・クーデター
  • Interview on The Ledge, an independent platform for world literature. Includes excerpt and audio. In English!

外部リンク

ウェブサイト
講演ビデオ
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件