ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

英和・和英辞典の検索結果

アニメーター

アニメーター
(n) animator

Wikipediaの検索結果

アニメーター

アニメーター
アニメーターは、アニメーションの制作行程においてものを動かす作業を担当する者のこと。
セルアニメーションなどで1枚ずつ絵を描く作画作業を担当したり、ストップモーション・アニメーションにおいて人形などを少しずつ動かして、動きを設計する作業を行なう。

仕事の内容

プライベートアニメでは全ての作画作業を1人で行なうことが多いが、商業アニメではほとんどの場合分担制が敷かれ、作画作業は作画監督と原画動画と動画検査に分けられる。
原画を担当する者は原画マンと呼ばれ、演出家と担当パートの打ち合わせをし、まず絵コンテを元にレイアウトを描き起こす。レイアウト作業ではカメラワーク、背景用の原図、動きのラフ等の絵を用意する(レイアウトのみ専門的に人を立てる作品もある)。
演出はレイアウト上がりがコンテの内容、演出意図とズレがないかを確認し、必要ならば指示を入れ、作画監督(作監)に渡す。演出、作画監督の修正が入り、チェック済みとなったものが、レイアウトバックとして各原画マンに戻される。
原画マンが作業するのは静止画や動きのキーポイントであり、その間の絵をつなげる作業は動画が担当する。複雑な動きが要求される場合は、原画マンがあらかじめ原画の間に参考絵を足すこともある。出来上がった原画は作画監督にチェックをされる。
動画を担当する者は動画マンと呼ばれ、原画と原画の間を補間するように絵を描き、これを中割りと言う。また、ラフに描かれた原画の線を拾いクリーンナップ(清書)作業を行なうのも動画の役割である。また原画工程同様に管理役職がおり、動画検査と呼ばれる動きに関する熟練者が動画の修正やリテイクを指示する。
一般的に新人アニメーターは動画を担当し力を認められると動画検査や原画を任せられるようになる。更に原画マンが経験を積むと作画監督やキャラクターデザイナーとなる。
作画監督は動きをチェックして修正したり、原画マンごとに異なるキャラクターの解釈をキャラクターデザインに基づいて修正して画面の統一を図る。アニメーター出身の演出の中には作画監督の領域までタッチすることもある。作品によっては作画監督間の絵のバラつきを押さえるために、総作画監督を立てることもある。
複数の原画マンで作画作業を行なう場合、キャラクター毎に原画を分担させる制作体制を取ることもある。この場合、作画の能率が低くなる代わりに1人のキャラクターを1人の原画マンが一貫して責任を持つため演技の設計が行ないやすく、また原画マン毎によるキャラクターの解釈(演技や表情)の違いが生じないというメリットがある。
これに対して日本ではカット毎に原画作業を分担することが一般的である。この方式は外注するには都合がよく能率的ではあるが、短いカットのみの参加だとアニメーターの演技設計がしにくく、画面や演技の統一感が得られなくなるデメリットがある。そのため、この制作体制では作画監督の存在が必要となる。
アニメーターは単に絵が描ければいいだけでなく、キャラクターに演技をつける演技者としての才能も必要である。
色付けを行う工程は「仕上げ」と言い、アニメーターとは別の役職である。

アニメーターとCG

1990年代後半からアニメ制作にコンピュータを使うことが一般化(デジタルアニメ)したがアニメーターの作画作業はコンピュータを使わず従来通り紙に鉛筆で描くのが普通である。動画作業の自動化技術にはトゥーンレンダリングなどが開発されているが人間や動物の表現は手描きに追いついていないのが現状である。
3DCGアニメーションの制作では動きをつける者のことをアニメーターと言う。

日本のアニメーターの労働環境

  • 現在の日本におけるアニメーターの多くは、アニメ制作会社から机を借りて仕事を請け負うフリーランス個人事業主)であり、「雇用関係」は結んでいないため「労働者」には法律上、該当しない。ただし、アニメーターとアニメ制作会社との間では人脈が形成されやすいので、特定の同じ制作会社だけでずっと仕事をするアニメーターも多く、実質上、特定の会社の従業員であるかのような勤務実態も見受けられる。
  • 賃金は動画の場合1枚いくら、原画の場合は1カットいくらという出来高制の業務委託・請負形式が多い。アニメーターを「従業員」として雇用し、固定給制である制作会社はスタジオジブリ京都アニメーションなど少数しか存在しない。
  • 新人アニメーターが最初にする仕事は低賃金の動画であるが、日本人のアニメーターは最初から動画に比べ割高である原画から育てている方針の指導員やスタジオも存在するhttp://info.toei-anim-inst.jp/?cid=34243
  • 作画監督賃金は1話20万〜60万円程度が基本となっているが、健康保険厚生年金などの福利厚生は無い。
  • 1話辺りの制作期間が2ヶ月程度の為多くは掛け持ち、もしくは会社より拘束料をもらって専属の作画監督になる場合もある。
  • アニメ作品の商業的な成功失敗に関わらず、金銭的影響は反映されない。
  • 劣悪な労働条件を改善する為、2007年10月13日にスタジオライブ社長の芦田豊雄の呼びかけで日本アニメーター・演出協会(JAniCA)というアニメーター団体が設立された{{Cite web
|author=森有正 |date=2007-10-13 |url=http://mainichi.jp/enta/mantan/archive/news/2007/10/13/20071013mog00m200018000c.html |title=アニメ制作:現場から悲鳴 労働環境改善求め協会設立へ |publisher=毎日新聞 |accessdate=2008-04-19 }}。

脚注

外部リンク

あにめえたあ *あにめえたあ
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約  1  件