ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

アゴスティニョ・ネト

アゴスティニョ・ネト
アントニオ・アゴスティニョ・ネトAntónio Agostinho Neto1922年9月17日 - 1979年9月10日)は、アンゴラ民族主義者・政治家社会主義者・詩人で、初代大統領。イコロ・エ・ベンゴという町に生まれる。
ポルトガル統治時代の1940年代、アンゴラの伝統文化復興運動の中で頭角を現す。民族主義運動を行う一方、リスボン医学を学んだ。帰国後は民族主義運動を行い植民地当局に逮捕され、モロッコ亡命し国外から反ポルトガル闘争を続けた。
ポルトガル撤退後、アンゴラ解放人民運動(MPLA)を率い、他の勢力との権力闘争を勝ち抜き、1975年11月11日の正式独立に伴って初代大統領に就任した。職責に就いた後、ネトはソ連など共産圏に接近し、アンゴラが東側陣営に属するきっかけをつくった。また、キューバフィデル・カストロ首相と強い親交があり、内戦時代にキューバからの大規模な支援を受けた。
1979年9月にモスクワで死去し、後継はジョゼ・エドゥアルド・ドスサントスが継いだ。

関連項目

  • アンゴラの大統領一覧
ねと あこすていによ
ねと あこすていによ ねと あこすていによ
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件