ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
アキノキリンソウ(秋の麒麟草、Solidago virgaurea var. asiatica)とはキク科アキノキリンソウ属多年草である。
高さは80cm程度となり、8-11月に総状の黄色い花を多数つける。は互生する。の下部の葉は先端がとがる楕円形で、茎の上部では被針状。
北海道から九州、それに朝鮮に分布。山地や丘陵部の日当たりのよい場所に生える。かつては里山に囲まれた水田の周辺、ため池の土手などにごく普通に見られ、秋草の代表でありリンドウ等と共に小学校の教科書や絵本などでよく紹介された。しかし、そのような環境の減少や荒廃と共に見られる場所が少なくなり、「秋の道ばたの黄色い花」はセイタカアワダチソウに取って代わられた感がある。

近縁種など

変異の多い種でもある。基本亜種ヨーロッパ産のヨウシュアキノキリンソウ。亜種のミヤマアキノキリンソウと比較して、は散房状で総苞片は4列であることが異なるが、中間型もあり厳密な区別は難しい。オオアキノキリンソウも別亜種で、北海道から本州北部の海岸に生える。
別種ながら関係のあるものとして、アオヤギバナイッスンキンカがある。
  • アオヤギバナ(S. yokusaiana Makino)は葉が細くて株立ちになる。本州から九州に分布し、常に渓流の周辺に生育する。アキノキリンソウから渓流植物になったものと考えられる。
  • イッスンキンカ(S. minutissima (Makino) Mitam.)は屋久島の高地のみに産するもので、草丈がせいせい7cmにしかならない、ごく小型の植物である。一種の島嶼型と考えられる。

関連項目

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

アキノキリンソウ属

アキノキリンソウ属
アキノキリンソウ属( - ぞく、秋の麒麟草属、学名 Solidago) は、キク科の属の一つである。黄色い小さな花を多数つけるのが特徴。
属名は、「くっつける」または「欠けたところを修復する」という意味で、ヨーロッパでアキノキリンソウ(S. virgaurea)が、薬草として用いられていたことによる。

概要

北アメリカ大陸を中心に、ヨーロッパ・北アフリカ・中近東・アジアなどに分布しており、一部南米にも分布する種がある。日本にも、アキノキリンソウミヤマアキノキリンソウなどの自生種がある。100種あまりが知られているが、一部を別属とする分類法もある。
ほとんどすべてが多年草で、茎は直立し、草丈は数十センチから3m以上になるものまである。葉は細く、前縁または鋸歯がある。開花期は夏から晩秋で、小さな黄色の頭状花を穂状または総状に多数つける。外側には1列の舌状花をならべる。

利用

園芸

欧米ではセイタカアワダチソウなどいくつかの種が花壇の背景用の草花として栽培されている。日本でも、アワダチソウは明治期に、セイタカアワダチソウも少し遅れて切り花用の草花として導入されたものであった。あまりにも性質が丈夫で、しかも花粉症などアレルギー疾患の原因(アレルゲン)とされ、植物のなかでも悪玉の代表のように見られているが、花の色は鮮やかな黄色で花穂も立派であり、園芸種として栽培されていたのもうなずける。
日本ではアキノキリンソウが秋の野草として親しまれたが、現在では見ることが少なくなり、セイタカアワダチソウに取って代わられた格好となっている。

薬用

S. virgaureaは、ヨーロッパの伝統医学で、皮膚病やインフルエンザ、咳、腎臓結石の薬として用いられていた。

分類

ヨーロッパにはS. virgaurea subsp. virgaureaのみが分布する。日本のアキノキリンソウはこの種の亜種の関係とされる。以下、日本に分布する種をあげる。
  • アキノキリンソウ S. virgaurea subsp. asiatica
  • ミヤマアキノキリンソウ S. virgaurea subsp. leipcarpa
    • キリガミネアキノキリンソウ S. virgaurea subsp. leipcarpa f. paludosa
  • オオアキノキリンソウ S. virgaurea subsp. gigantea
  • イッスンキンカ S. minutissima
  • アオヤギバナ S. yokusaiana
また、以下の種は帰化植物として日本で見られるものである。
  • セイタカアワダチソウ S. altissima L.
  • オオアワダチソウ S. gigantea Ait. var. leiophylla Fernald
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件