ウェブ 画像 動画 ショッピング レシピ 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

遺伝学者( 1991年) で検索した結果   1~10 件目/約 74,300 件

集団遺伝学 - Wikipedia

集団遺伝学(しゅうだんいでんがく、英: population genetics)は、生物集団内における 遺伝子の構成・頻度の変化に関する遺伝学の一分野。チャールズ・ダーウィンの自然 選択説とグレゴール・ヨハン・メンデルの遺伝法則の融合から誕生した分野と呼ぶことも できる。 個体群や生物群集の遺伝子プールを対象とし、進化と遺伝を確率論や統計学 などの数学的手法を用いて研究する。ロナルド・フィッシャー、シューアル・ライトや J・B・ S・ホールデンらによって考えだされた近代進化論を、ジョン・メイナード=スミス、 ウィリアム・ ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E9%81%BA%E4  - 137k

メンデルの法則 - Wikipedia

メンデルの法則(メンデルのほうそく)は、遺伝学を誕生させるきっかけとなった法則で あり、グレゴール・ヨハン・メンデルによって1865年に報告された。分離の法則、独立の 法則、優性の法則の3つからなる。 目次. [非表示]. 1 概観; 2 方法と結果; 3 解釈; 4 詳細. 4.1 メンデルの法則に合わない例. 5 埋没; 6 再発見. 6.1 ド・フリースの再発見; 6.2 コレンスの再発見; 6.3 チェルマックの再発見; 6.4 4番目の再発見者; 6.5 動物への 応用. 7 メンデルの実験データは合いすぎているのか; 8 その他; 9 脚注. 概観[編集]. 子 が親に似る ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3  - 2017/12/13 - 164k

斎藤成也 - Wikipedia

1972年福井大学教育学部附属中学校卒業、1975年福井県立藤島高等学校卒業、 1979年東京大学理学部生物学科人類学課程卒業、87年同大学院理学系研究科博士 課程人類学中退、1986年テキサス大学ヒューストン校生物医科学大学院修了(Ph.D.) 、1989年2月東京大学理学部助手(生物学科人類学教室)、1991年1月国立遺伝学 研究所助教授(進化遺伝研究部門)、1992年10月総合研究大学院大学生命科学研究 科遺伝学専攻助教授{併任}、1994年3月東京大学理学博士 「Hominoid Evolution at the ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E6%88%90%E4  - 101k

遺伝的浮動 - Wikipedia

遺伝的浮動(いでんてきふどう、genetic drift)とは、無作為抽出の効果によって生じる、 遺伝子プールにおける対立遺伝子頻度の変化である。機会的浮動とも云う。この対立 遺伝子頻度の変化には自然選択の効果は含まれていない。 具体的には、ある子世代 における対立遺伝子(allele)は親世代の対立遺伝子からの無作為抽出で決定される、 生物学的なモデルを考える。このモデルが仮定していることを現実的に解釈すると、「 個体が生殖可能年齢まで生き残り、繁殖に成功するか否かは全て偶然によって決定 されている」 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E7%9A%84%E6  - 2017/12/13 - 144k

斎藤 成也 (Saitou Naruya)の紹介 | 斎藤研究室

齋藤研究室 国立遺伝学研究所. ... 進化学研究会機関誌 SHINKAの編集責任者, 1989 -1999; Molecular Biology and Evolution, Editorial Board, 1991年-1993年; DDBJ ニュースレター(現在DDBJ/CIB Report), 編集長, 1991-科学紀元9年; Molecular Phylogenetics and Evolution, Editorial Board, 1992年-2001年; 日本人類学会機関 誌、Anthropological Science, Editorial Consultant, 1993年-1997年; American Journal of Human Biology, Editorial Board, 1995年- 2002年; Gene-COMBISの Editorial ...

http://www.saitou-naruya-laboratory.org/member/saitou.html  - 22k

倉田 のり 教授 - 国立遺伝学研究所

基盤整備が研究を展開する: ポスドク時代は主に動物を扱っていた倉田教授が、再び 植物の研究へと戻ってくることになったのは1991年のことだ。農林水産省が主体となっ て立ち上げたイネゲノムプロジェクトのプロジェクトリーダーを要請されたのだ。倉田教授 は、悩んだ。自分自身の興味に特化した研究をしたいという想いと、ここで誰かがやら ねば、いつまでもイネや植物研究全体のレベルが停滞するという想いに揺れていた。「 ゲノムをもっと詳しいレベルで見るツールが欲しいと、私も思いました。だから、だれかが やらない ...

https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/interviews/faculty-int  - 90k

遺伝学電子博物館 - 国立遺伝学研究所

ゲノムインプリンティング ~インプリンティングを受ける遺伝子. 1991年、イン プリンティングを受ける遺伝子の最初の例がノックアウト実験により偶然発見された。 この遺伝子はマウスのインスリン様成長因子II(Igfz)で、その欠損についてホモ接合体 の個体は子宮内の成長が阻害され、出生時体重が正常の60%ほどしかない。ところが ヘテロ接合体を調べると、変異を母親から伝達された場合は正常で、父親から伝達され た場合は欠損型であった。Igfzは父親由来の時だけ発現するインプリンティング遺伝子 であり、これから ...

https://www.nig.ac.jp/museum/genetic/04_c.html  - 10k

河村 正二 - 東京大学大学院新領域創成科学研究科

1991年4月~1992年7月 日本学術振興会特別研究員(PD) 1992年1月~1996年8月 米国シラキュース大学生物学専攻Shozo Yokoyama研究室ポストドクトラル研究員 1996年9月 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻助手 1999年4月 東京大学 大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻助教授(2007年4月より准教授に 改称) 2010年10月 現職. 教育活動. 大学院:適応進化遺伝学、生命科学英語特論、 生命科学英語演習. 研究活動. 1.ヒト色覚多様性の起源とその進化学的成因2.新 世界ザルを ...

https://www.k.u-tokyo.ac.jp/pros/person/shoji_kawamura/shoji  - 16k

桂 勲 - 研究者 - researchmap

2017年7月25日 ... 経歴. テキストで表示. 1973年4月. -. 1976年3月. スイス国バーゼル大学Biozentrum 微生物学部門助手. 1976年4月. -. 1988年3月. 東京大学理学部生物化学教室助手. 1988年4月. -. 1991年11月. 東京大学教養学部生物学教室助教授. 1991年12月. -. 1996年5月. 国立遺伝学研究所遺伝情報研究センター教授. 1996年5月. -. 2009年3月 . 国立遺伝学研究所構造遺伝学研究センター教授. 2009年4月. -. 現在. 国立遺伝学 研究所名誉教授. 2012年12月. -. 現在. 国立遺伝学研究所 所長. 2013年4月.

https://researchmap.jp/read0001229/  - 65k

クロー遺伝学概説

クロー著『遺伝学概説』について 青少年センター 池 田 博 明 クローの『遺伝学概説』 原書第8版(1983年)の訳書が,1991年の1月に出版された。原書第6版(1966年)の 訳書は6年後の1972年に,原書第7版(1976年)の訳書は2年後の1978年に出版され ている。8版については,原書が改版されてから訳書が改訳されるまでに,8年もかかっ たわけである。 分子生物学の参考書としては,ワトソンの『遺伝子の分子生物学』が 有名だが,この本には練習問題が無く,解説だけでは高校の教科書レベルの遺伝学と, 大腸菌や ...

http://spider.art.coocan.jp/crowiden.htm  - 14k