ウェブ 画像 動画 ショッピング レシピ 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

講釈師( 1968年) で検索した結果   1~10 件目/約 1,890 件

講談師ただいま24人 (1968年) | 一竜斎 貞鳳 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで一竜斎 貞鳳の講談師ただいま24人 (1968年)。アマゾンならポイント還元本 が多数。一竜斎 貞鳳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また講談師 ただいま24人 (1968年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

https://www.amazon.co.jp/%E8%AC%9B%E8%AB%87%E5%B8%AB%E3%81%9  - 750k

講談師(コウダンシ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 講談師の用語解説 - 講談の口演を職業とする人。講釈師

https://kotobank.jp/word/%E8%AC%9B%E8%AB%87%E5%B8%AB-496496  - 169k

講釈師(コウシャクシ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 講釈師の用語解説 - 軍談や講談の講釈を職業とする人。講談師。軍 談師。太平記読み。「講釈師見てきたような嘘をつき」

https://kotobank.jp/word/%E8%AC%9B%E9%87%88%E5%B8%AB-495526  - 169k

一龍斎貞丈 - Wikipedia

一龍斎 貞丈(いちりゅうさい ていじょう)は、講釈師の名跡。元は昇龍斎貞丈といった。5 代目以降一龍斎貞丈。 目次. [非表示]. 1 初代; 2 3代目; 3 4代目 ... 明治39年(1906年 )8月13日 - 昭和43年(1968年)7月27日。 ... 早稲田実業在学中に講談師に憧れる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%BE%8D%E6%96%8E%E8  - 81k

悟道軒圓玉 - Wikipedia

悟道軒 圓玉(ごどうけん えんぎょく)は、講釈師の名跡。新字体は悟道軒円玉。 目次. [ 非表示]. 1 初代; 2 二代目. 2.1 外部リンク. 3 脚注. 初代[編集] ... 二代目[編集]. 本名: 貝野光男。 1942年12月28日 - 川越市の生まれ。 1963年 - 県立川越工業高校卒業後 十二代目田辺南鶴に入門し田辺南洲; 1968年 - 南鶴没後、服部伸の預かり弟子となる 。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%9F%E9%81%93%E8%BB%92%E5  - 79k

講談 - Wikipedia

五代目伯山(三代目桃川如燕であった1955年). 金車亭に出演の3代目神田伯山. 神田 伯山 · 神田伯龍 · 神田伯治 · 神田松鯉 · 神田愛山 · 神田陽子 · 神田すみれ · 神田昌味 · 神田山吹 · 神田山陽 · 神田北陽改メ三代目神田山陽 · 神田 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%9B%E8%AB%87  - 147k

旭堂南陵 - Wikipedia

旭堂 南陵(きょくどう なんりょう)は、上方講談(講釈師)の大名跡。旭堂一門の留め名。 本来は「あさひどう」と読ませていたが江戸と区別させる為「きょく ... 1968年 近畿大学 農学部入学、あがり症を克服するために落語講談研究会に入部。そこで講談に出会い ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E5%A0%82%E5%8D%97%E9  - 94k

講談師とは - Weblio辞書

講談師」に似た言葉» 類語の一覧を見る落語家 語部 講釈師>>『三省堂 大辞林』の 表記・記号につ... ... 東都講談師物語 吉田 修 中央公論事業出版; 絶滅危惧職、講談師 を生きる 杉江 松恋 新潮社; 講談師ただいま24人 (1968年) 一竜斎 貞鳳 朝日新聞社.

http://www.weblio.jp/content/%E8%AC%9B%E8%AB%87%E5%B8%AB  - 195k

永谷の演芸場- [講談師と歩く 歴史と文化の散歩ラリー] - 永谷グループ

講釈師の案内による、『東京の歴史を巡る街歩き』と「演芸場の寄席鑑賞』がセットになっ た、お得な史跡巡りのツアーです!古の出来事・文化の発展・四季折々の風景を ウォーキングで体感してみませんか?

http://www.ntgp.co.jp/engei/special/sanpo.html  - 33k

小島政二郎 - P+D BOOKS|小学館

... があった講釈師・五代目神田伯龍を題材とした短篇『一枚看板』で文壇に認められ、 1927年の『緑の騎士』で大衆的人気を得る。 ... した。1934年には直木賞・芥川賞の 選考委員となり、文壇の中心人物として活躍。1951年から1968年にかけて雑誌「あま カラ」 ...

http://www.pdbooks.jp/profile_kojima-masajiro.html  - 18k