ウェブ 画像 動画 ショッピング レシピ 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

物理学者( 1874年) で検索した結果   1~10 件目/約 16,400 件

物理学者の一覧 - Wikipedia

... 磁性の研究; グリエルモ・マルコーニ - イタリア (1874 - 1937) ---無線通信の発明; セオドア・ライマン - アメリカ合衆国 (1874 - 1954) ---ライマン系列 · ルートヴィヒ・ プラントル - ドイツ (1875 - 1953) ---流体力学、境界層 · チャールズ・バークラ - イギリス (1877 - 1944) ---特性X線の発見; 寺田寅彦 - 日本 (1878 - 1935) ---X線回折、「寺田 物理学」、科学エッセイスト; リーゼ・マイトナー - オーストリア (1878 - 1968) ---核分裂の 発見、女性科学者; オットー・ハーン ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E8  - 197k

日本の天文学者の一覧 - Wikipedia

1 18世紀以前の日本の天文学者; 2 19世紀生まれの日本の天文学者; 3 1900年代 生まれの日本の天文学者; 4 1910年代生まれの日本の天文学者; 5 1920年代生まれ の日本の天文学者; 6 1930年代生まれの日本の天文学者; 7 1940年代生まれの日本 の天文学者; 8 1950年代生まれの日本の天文学者; 9 1960年代に生まれた日本の 天文学者; 10 1970年代以降に生まれた日本の天文学者; 11 生年不詳或いは生年非 公開の日本の天文学者; 12 日本の宇宙物理学者; 13 脚注・出典; 14 関連項目; 15 外部リンク ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5  - 104k

マックス・プランク - Wikipedia

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 - 1947年10月4日)は、ドイツの物理学者で、量子論の創始者の一人 である。「量子論の父」とも呼ばれている。科学の方法論に関して、エルンスト・マッハら の実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。1918年にノーベル 物理学賞を受賞。 目次. [非表示]. 1 生涯; 2 業績; 3 人物; 4 宗教観; 5 関連項目; 6 脚注. 生涯[編集]. マックス・プランクは、1858年4月23日、当時ホルシュタイン公国に 属していた港町 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3  - 154k

1874年に生まれた人々/誕生日データベース - ストローワラの情報交差点

サイト制作者・ストローワラが、独自の観点を踏まえて古今東西の有名・無名を問わず 集めた、誕生年が1874年(明治7年)の人々を収録したデータベースです。 ... 【経営者】 〔日本(京都府)〕 ※レナウン 創業者・元社長; 1874年5月3日〜1954年3月9日: ヴァン =ヴァルフリート=エクマン (Vagn Walfrid Ekman): 【海洋物理学者】 〔スウェーデン〕; 1874年5月9日〜1939年3月2日: ハワード=カーター (Howard Carter): 【考古学者】 〔 イギリス〕; 1874年5月12日〜1929年2月28日: クレメンス=フォン=ピルケ (Clemens von ...

https://straw-wara.net/today01/year/birth_1874.html  - 144k

プランク(ぷらんく)とは - コトバンク

日本大百科全書(ニッポニカ) - プランクの用語解説 - ドイツの理論物理学者。キールの 生まれ。曽祖父(そうそふ)はプロテスタント神学者、父は法学教授であった。1874年 ミュンヘンの中級学校を卒業したころ、プランクは数学、音楽に才能を示し、また古典語 にも興味を抱いたが、ミュンヘン大学、ベ...

https://kotobank.jp/word/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%A  - 176k

ストーニーとは - コトバンク

(1826―1911). アイルランドの物理学者。ダブリンのトリニティ・カレッジ卒業後、1852 年ゴールウェー(アイルランド)のクィーンズ・カレッジ教授。分子論的スペクトル研究など を経て、1873年以後、大英科学振興協会の「単位の選択と命名に関する委員会」に 参加。1874年同協会ベルファスト大会で「自然の物理的単位について」と題する報告を 行い、そのなかで電気素量の考えを提起、のちにそれをエレクトロン(電子)とよぶことが 提唱された。[宮下晋吉]. [参照項目] | 電子. 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本 ...

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%8  - 173k

おもなお雇い外国人 - コトバンク

鉱業、農業に関する諸改革案を提唱、また教育機関の充実、室蘭(むろらん)開港などを 含む札幌開府計画など広い分野にわたる意見を述べた。1874年大蔵省紙幣寮に移り、 約2年間、紙幣用インキの研究・製造にあたった。 ... ドイツの解剖学者。1876年(明治9 )デーニッツの後任として東京医学校解剖学教師として着任。中枢神経系を研究 ..... 東京大学理学部観象台の観測主任を務めるなど日本の地球物理学の基礎を築き、 田中館愛橘(たなかだてあいきつ)、藤沢利喜太郎、田中正平らを指導。1881年帰国。 モース* ...

https://kotobank.jp/word/%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%8  - 206k

長岡半太郎(ながおか はんたろう)とは - コトバンク

物理学者。肥前国(長崎県)大村藩士長岡治三郎(じさぶろう)(1839―1891)のひとり 息子。半太郎の半は祖父中尾半兵衛にちなむ。1874年(明治7)一家で上京。東京英語 学校、官立大阪英語学校を経て、1882年東京大学理学部入学、1887年卒業、大学院 に進む。1890年帝国大学理科大学助教授。1892年箕作麟祥(みつくりりんしょう)の三 女操子(みさこ)と結婚。1893年磁気ひずみ現象の研究で理学博士、同年ドイツに留学、 ヘルムホルツ、プランク、クントらに学び、ボルツマンの講義を聞く。1896年帰国し帝国 大学 ...

https://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E5%8D%8A%E5%A4%A  - 188k

ヨハネス シュタルクとは - コトバンク

20世紀西洋人名事典 - ヨハネス シュタルクの用語解説 - 1874.4.15 - 1957.6.21 ドイツ の物理学者。元・ドイツ国立物理工学研究所所長。バイエルン生まれ。ババリアの地主 の子として生れる。1909年にアーヘン工科大学教授に就任し、'17年にゲライスバルト 大学教授、'20〜22年までビュルツブルク大学...

https://kotobank.jp/word/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B  - 167k

シュタルクとは - コトバンク

のち民間の物理技術研究所所長 (33~39) 。カナル線におけるドップラー効果 (05) , 水素スペクトル線のシュタルク効果 (13) をそれぞれ発見。 1919年ノーベル物理学賞 受賞。ナチスに協力し,反ユダヤ主義の理論家としても知られる。 47年ナチス裁判で 有罪を宣告 ... (1874―1957). ドイツの実験物理学者。バイエルンの地主の子として 生まれる。1906年ハノーバー工科大学講師となったが、前任者と衝突して、1909年 アーヘン工科大学へ教授として移る。ゲッティンゲン大学の教授を望むが果たせず、 グライフスワルト ...

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%A  - 180k