ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

加藤千恵 (歌人) - Wikipedia

高校時代に本格的に創作を始め、インターネット上で作品を発表する傍ら、NHKの短歌 番組の常連入選者として活躍。10代の微妙な心情を、平易な言葉で巧みに表現した 作風は、枡野浩一らに高く評価される。2000年、「うたう」作品賞(短歌研究社主催)佳作 。2001年に雑誌『ハッピーマウンテン』、処女短歌集『ハッピーアイスクリーム』を出版。 特に後者は歌集としては異例のベストセラーを記録した。2002年進学を機に上京し、 本格的に活動を開始。同年第2短歌集『たぶん絶対』を出版した他、雑誌「Zipper」で 短歌エッセイ ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%8D%83%E6  - 80k

蒔田さくら子 - Wikipedia

その後、「短歌人」に入会し小宮良太郎に師事した。1953年(昭和28年)、「短歌人」が 編集委員制度移行の際、編集委員に就任。以後55年間に渡って編集に携わる。1982 年(昭和57年)歌集『紺紙金泥』で第9回日本歌人クラブ賞。1994年(平成6年)、歌集『 鱗翅目』で第15回ミューズ女流文学賞。1983年(昭和58年)より1987年(昭和62年) まで現代歌人協会理事。1985年(昭和60年)より1996年(平成8年)まで「短歌人」発行 人。2002年(平成14年)度「NHK歌壇」(現・「NHK短歌」)選者。2014年、歌集『標の ゆりの樹』 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%94%E7%94%B0%E3%81%95%E3  - 68k

河野裕子 - Wikipedia

河野 裕子(かわの ゆうこ、1946年7月24日 - 2010年8月12日)は、日本の歌人。「塔」 選者。夫は歌人の永田和宏。長男永田淳、長女永田紅も歌人。 目次. [非表示]. 1 人物; 2 略歴; 3 著書; 4 テレビ; 5 代表歌; 6 脚注; 7 関連項目; 8 外部リンク. 人物[編集]. 熊本 県上益城郡御船町に生まれ、滋賀県石部町(現湖南市)に育つ。京都女子高等学校を 経て京都女子大学文学部国文科卒業。高校時代より作歌を始め、大学3回生(23歳)の ときに角川短歌賞受賞。宮柊二に師事。みずみずしい青春の恋愛歌を収め、新鮮な 言葉で ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E8%A3%95%E5  - 81k

新井章 (歌人) - Wikipedia

新井 章(あらい あきら、1924年(大正13年)10月12日 - 2001年(平成13年)6月11日)は 、日本の歌人、文芸評論家。 長野県生まれ。國學院大學卒。歌誌『水門』主宰。江戸川 大学教授、1995年定年、名誉教授。新井正彦(1957年 - )は子。 目次. [非表示]. 1 著書. 1.1 共著. 2 関連書籍; 3 参考. 著書[編集]. 『煙突の町 ある中学教師の記録から』 文理書院、1961; 『生きる日の幸せ ある中学教師の記録から』三弥井書店、1964; 『 日本の詩歌』三弥井書店、1973; 『島木赤彦』桜楓社、1977; 『松井芒人論』教育出版 センター 以 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%BA%95%E7%AB%A0_(%  - 58k

斎藤史(さいとうふみ)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 斎藤史の用語解説 - [生]1909.2.14. 東京, 東京[没]2002.4.26. 長野,長野歌人。陸軍将官で佐佐木信綱門下の歌人だった父,瀏 の影響で 10代から作歌を始め,『心の花』に作品を発表。昭和初期のモダニズム・口語 歌隆盛の波にのって前川佐美雄らとともに注目された...

https://kotobank.jp/word/%E6%96%8E%E8%97%A4%E5%8F%B2-155315  - 183k

著者一覧 | 新鋭短歌シリーズ - 現代短歌ロード

いちまいの羊歯. 言葉が芽吹き、世界がひらく。 一粒の雪、一点の星、寒天の上の コロニー消え残った心のための. 東 直子. 四六判/並製/144ページ 定価:本体1700 円+税. ISBN978-4-86385-255-6. 尼崎 武 · @amagatak. あまがさき・たけし / 1979 年、佐賀県藤津郡嬉野町(現・嬉野市)に生まれる。 九州大学教育学部中退。 玉川大学 通信教育部教育学部在学中。 アーティスト奥井亜紀のファンであり、彼女が参加した トリビュートCD「君の鳥は歌を歌える」を通して枡野浩一と短歌を知る。 2002年から 短歌を作り ...

http://www.shintanka.com/shin-ei/list  - 91k

日本の歌謡史を彩った作家達シリーズ 昭和の歌人たち 最終回(第36回 ...

2018年1月20日 ... JASRACが主催するイベントなど、音楽文化振興事業について紹介します。日本音楽 著作権協会 JASRAC.

http://www.jasrac.or.jp/culture/2018/01/-36.html  - 28k

現代短歌 歌人 北久保まりこ

うたを詠むようになり10年が経った2002年、ふとしたきっかけから始めた短歌朗読が、 2013年で100回目をむかえました。 2005年から現在は、海外へ短歌を紹介し普及させ たいという思いから、 私の和英対訳歌集「On This Same Star」「Cicada Forest」と新作 を軸に万葉集を採り入れ、 国際イベントや国外でのパフォーマンスに力をいれて参りまし た。 お陰様でそちらも2012年で50回となりました。 国境を越えて暖かく見守って下さい ました世界各国の方々のご助力と、 私のパフォーマンスに足を運んで下さいました皆様  ...

http://www.kitakubo.com/  - 34k

歌人論 - 川野里子の短歌とエッセイ

歌人論. 『歌壇』2006年6月号 「日本」と刺し違えた人—山中智恵子論; 『ヤママユ』2005 年 3月号 前登志夫歌集『鳥總立』書評—山を創った人; 「現代詩歌研究」04年第6号 語り残された自我—葛原妙子論; 「NHK歌壇」05年1月号 小野茂樹論—戦後の光を 求めて; 「かりん」2004年1月号 暗室と薔薇窓—茂吉の孤独妙子の孤独; 「未来」2002 10月号 江戸雪、田中槐比較論—液体的、固体的震え; 「中部短歌」03年3月号 水原 紫苑論—われは「ささげもの」; 「歌壇」2002年7月号 少女言葉の絶壁―穂村弘論; 初出 「 ...

http://kawano-satoko.com/ja/180/  - 9k

虫武一俊歌集『羽虫群』批評会のお知らせ

パネリストプロフィール. 〇穂村弘(ほむら・ひろし) 1962年、北海道生。1988年、歌誌「 かばん」に入会。歌集に『シンジケート』(1990)、『ドライ ドライ アイス』(1992)、『手紙魔 まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』(2001)。2008年には評論集『短歌の友人』で第19回 伊藤整文学賞評論部門を受賞。 〇染野太朗(そめの・たろう) 1977年、茨城県生。 1995年に歌誌「まひる野」入会。「早稲田大学短歌会」に参加。2012年、第1歌集『あの 日の海』で第18回日本歌人クラブ新人賞を受賞。2015年4月より1年間、NHKテレビ「 NHK ...

http://www.kokoiru.com/hamushi/profile.html  - 4k