ウェブ 画像 動画 ショッピング レシピ 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

大友氏家臣( 1585年) で検索した結果   1~10 件目/約 368 件

1585年 - 86年 家康が秀吉に臣従|戦国時代勢力図と各大名の動向ブログ

2016年3月13日 ... 豊臣家>. 1585(天正13年)年初頭、毛利領との国境が画定。備中南部は高梁川を国境 とし、備中高松城は羽柴領、備中松山城は毛利領と決まる。 羽柴秀勝(於次丸 信長の 四男)と輝元養女の縁組が成立する。 1585年1月17日、秀吉が毛利へ伊予・土佐の 割譲を決定、その旨を蜂須賀正勝・黒田官兵衛が伝える。「四国の件、夏にてだてに 及ぶので伊予・土佐両国を与えると命じられた。それにつき長宗我部がいろいろと懇願し ているが、容認はされない。」【小早川家文書】. 1585年3月10日、秀吉が正ニ ...

http://sengokumap.blog.shinobi.jp/map/entry-11  - 55k

大友義鎮(宗麟)の家臣団と軍団

宇都宮鎮房 (1536~1588)城井・民部少輔。豊前の豪族。大友家旧臣。1556年大友 氏の侵攻により大友家に臣従。1560年毛利家に従い佐田氏から攻撃を受ける。1578年 大友家が「耳川の合戦」に大敗して以降は毛利氏に通じる。1580年大友一門「田原親貫 の乱」に加担し勢力を拡大。1580年竜造寺隆信の豊前侵攻に臣従。竜造寺隆信の弟・ 信周の与力。1585年島津家の北進に帰順。島津義久に降り筑前岩屋城攻撃に従軍 する。1586年秀吉の「九州征伐」に降服する。豊前に入植した黒田孝高・長政親子に 宇都宮 ...

http://1st.geocities.jp/tugami555syou/syouichi46.htm  - 85k

大友義統 - Wikipedia

大友 義統(おおとも よしむね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての豊後の戦国 大名。大友氏の第22代当主。大友宗麟の嫡男。 目次. [非表示]. 1 生涯. 1.1 島津氏との 戦い; 1.2 豊臣秀吉の臣下に; 1.3 改易の後. 1.3.1 関ヶ原の戦い. 1.4 晩年. 2 人物・ 逸話; 3 家系; 4 家臣; 5 関連作品; 6 脚注・出典; 7 参考文献; 8 関連項目. 生涯[編集]. 島津氏との戦い[編集]. 永禄元年(1558年)、第21代当主・大友義鎮(のちの宗麟)の 長男として生まれる。将軍・足利義昭の偏諱を受け義統と名乗った。 天正4年(1576年) 、父の ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8F%8B%E7%BE%A9%E7  - 186k

大友氏家臣の入田義実は、天正14年(1586)に島津軍が豊後に侵入した ...

大友氏家臣の入田義実は、天正14年(1586)に島津軍が豊後に侵入した際、どのよう な行動を取った. 2017年01月07日 06時00分00秒 テーマ:発見!ニッポン城めぐり クイズ. 【問題】 ≪難問≫大友氏家臣の入田義実は、天正14年(1586)に島津軍が豊後 に侵入した際、どのような行動を取ったか? 【選択肢】 無断で豊前に撤退し処分された 島津氏に内通し道案内を行った 徹底抗戦し居城を枕に討死した大友宗麟警護のため 臼杵へ入った. 【正解】. 島津氏に内通し道案内を行った. 【解説】 入田義実(にゅうたよし ざね)は ...

https://ameblo.jp/muratazou6/entry-12235723339.html  - 126k

杏葉大友氏 ・戦国大友氏 - harimaya.com

大友氏は龍造寺氏に対して、強力な反撃を起こし、筑後の諸士は多く大友方に帰参した 。当時、八代にあった島津義弘は、三州の大軍をもって北上し筑後に侵攻してきた。 こうして、龍造寺・大友・島津三氏の最後の攻防戦は筑後を舞台に展開されたのである。 天正十三年(1585)、まず大友氏が龍造寺・島津両軍の挟み撃ちにあって敗北した。 島津軍は筑前・肥前に討ち入って広門を降し、大友方の高橋紹運の岩屋城、立花宗茂 の立花城を攻撃した。このとき、紹運は自刃したが、宗茂は立花城に籠って最後まで 抵抗した。

http://www2.harimaya.com/otomo/html/ot_sengk.html  - 20k

杏葉大友氏 ・九州三国志 - harimaya.com

天正十三年(1585)、まず大友氏が龍造寺・島津両軍の挟み撃ちにあって敗北した。 ところが翌十四年における筑紫広門の島津離反をきっかけに、島津軍は筑前・肥前に 討ち入って広門を降し、高橋紹運の岩屋城、立花宗茂の立花城を攻撃した。このとき、 紹運は自刃したが、宗茂は立花城に籠って最後まで抵抗した。 ここで、島津氏は筑前 平定と豊後討伐を評議して結果、後者を優先させることとし、大友氏の本拠豊後に突入 した。すでに大友氏が豊臣秀吉に救援を求めていたからである。大友宗麟の子義統は、 島津軍の ...

http://www2.harimaya.com/otomo/html/ot_3gok.html  - 28k

戦国武将録: 戦国豊後国人名事典

2013年12月22日 ... 弘治年間より兄臼杵鑑続の後を受けて加判衆を務め、臼杵鑑続の職であった豊前国、 筑前国守護職の継承などといった幕府との交渉を担当した。さらに毛利元就を始めと した近隣諸国、さらに ..... 大友家に属していた肥前国の龍造寺隆信が挙兵し、筑前国、 筑後国を攻撃し始めると志賀鑑隆は、筑前国、筑後国に参陣して龍造寺隆信と戦った。 1585年、島津義久が豊後国に侵攻すると志賀鑑隆は、大友義統を助け、南山城に籠城 して島津義久勢と戦った。大友義統が島津家久勢に大敗すると事態回復の ...

http://takatoshi24.blogspot.com/2013/12/blog-post.html  - 162k

大友宗麟(大友義鎮)~国崩し・豊後の王 -戦国武将1100記事

しかし1585年、立花道雪が病死し、これを好機と見た島津義久の北上が始まった。 家臣の高橋紹運・立花宗茂父子の奮戦で、なんとか島津軍の侵攻を遅らせたが(岩屋城 の戦い)、もはや大友家単独で島津軍には対抗出来なくなった。 その為、1586年、力を つけて来た豊臣秀吉を頼り、大友宗麟は大坂城で謁見し、豊臣傘下に加わる事で軍事 的支援を要請した。 しかし、島津義久はその後も大友領への侵攻を続け、高橋紹運が 岩屋城で戦死(岩屋城の戦い)。1586年12月には島津家久軍が戸次川の戦いで、大友 家救援 ...

https://senjp.com/sourin/  - 124k

[大分市]大友宗麟公を支えた家臣の魅力を紹介します

一方で、一時好色におぼれた宗麟に忠言する機会をつくるため、わざと京都から踊り子 を招いて日夜おどらせ、訪れた宗麟を涙ながらに諌めたという逸話があります。この エピソードで登場する「三つ拍子」という踊りが、「鶴崎おどり」の起源とも伝わっています 。 晩年になっても、道雪は大友氏と島津氏の対立の中で、戦いに明け暮れます。そして 、1585年にその島津氏との抗争のさなか、高良山(こうらさん、現久留米市)の陣中で 病没しました。 彼は最期を迎えるまで、大友家と主君宗麟のために戦い続けたのです。 ( ( ).

http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1434706295486/inde  - 20k

九州征伐 (きゅうしゅうせいばつ)とは【ピクシブ百科事典】

天正十三年(西暦1585年)、四国征伐が行われていた頃の九州はといえば、九州三国 鼎立時代ともいえる島津氏、大友氏、龍造寺氏の三雄が一人である大友宗麟は天正六 年(西暦1578年)、耳川の戦いで碌に指揮も執らず唯、ゼウスに祈るばかりの大敗を 喫し多くの国人が大友氏の元から離反するという事態を招く。その離反した一人で .... 小 松尾城、一万田城といった多くの城は戦わず島津氏に帰順したが、岡城を守る大友氏 家臣の志賀親次は島津義弘に激しく抵抗し、義弘は遅滞を余儀なくされた。 その一方で 義久は ...

https://dic.pixiv.net/a/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%BE%81%E4%BC%90  - 117k