ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

稲畑汀子 - Wikipedia

稲畑 汀子(いなはた ていこ、1931年1月8日 - )は、神奈川県出身の俳人。高浜年尾の 娘で高浜虚子の孫。「ホトトギス」主宰を経て現名誉主宰、日本伝統俳句協会会長。 目次. [非表示]. 1 経歴; 2 著書. 2.1 句集; 2.2 随筆など; 2.3 編著. 3 参考文献; 4 外部 リンク. 経歴[編集]. 神奈川県横浜市に、父高濱年尾、母喜美の次女として生まれる。 幼児期を鎌倉で過ごしたのち、1935年、兵庫県芦屋に転居。小林聖心女子学院高校 卒業を経て、同英語専攻科在学中に病を得て中退。小学校のころから祖父高濱虚子と 父年尾のもと ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E7%95%91%E6%B1%80%E5  - 65k

辻桃子 - Wikipedia

辻 桃子(つじ ももこ、1945年2月4日 - )は、俳人。本姓・安部。 神奈川県横浜市に 生まれ、東京都立川市で育つ。子供時代から詩を書き、また画家だった父から写生を 叩き込まれた。当初は画家志望で、早稲田大学文学部美術学科に入学。1963年、大学 1年のときに母の影響で俳句をはじめ、楠本憲吉に師事、「青玄」に入会。翌年楠本の「 野の会」創刊同人。1967年に大学を中退、染色の仕事をしながら詩を書き、『花椿』『 現代詩手帖』などに詩を掲載。1970年、高柳重信の「俳句評論」五十句競作に入選、「 俳句評論」 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%A1%83%E5%AD%90  - 71k

小林貴子 (俳人) - Wikipedia

小林 貴子(こばやし たかこ、1959年8月15日 - )は、長野県出身の俳人。飯田市生まれ 。1981年、信州大学学生俳句会、宮坂静生の「岳」入会。1982年、藤田湘子の「鷹」 入会。1997年「鷹」退会。2003年、第58回現代俳句協会賞受賞。代表句「この世から三 尺浮ける牡丹かな」「海市見せむとかどはかされし子もありき」など、自在な詠みぶりと 評論活動で信州俳壇を牽引。松本市在住。「岳」編集長、現代俳句協会、俳文学会会員 。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E8%B2%B4%E5  - 55k

橋閒石『橋閒石俳句選集』(1987年5月/沖積舎) - 日本現代詩歌文学館

[略歴] 明治三十六年二月三日、石川県生れ。京大卒。「白燕」代表。昭和五十九年『和 栲』で第十八回蛇笏賞受賞。主な作...

https://www.shiikabun.jp/prize/130.html  - 16k

公益社団法人 俳人協会・俳句文学館:概要:俳人協会名誉会長

1974年, 句集『平遠』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞. 1976年, 「毎日俳壇」選者. 1978年, 「狩」創刊、主宰. 1984年, NHK教育テレビ「俳句入門」講師(3年間). 1987年, NHK国際放送の俳句番組担当(15年間). 1993年, 俳人協会理事長。「東京新聞」俳句 欄選者(9年間). 1994年, 国際俳句交流協会常務理事、現在顧問。NHK教育テレビ「 NHK俳壇」講師(3年間). 1999年, 文部大臣表彰。NHKラジオ深夜便「ラジオ歳時記」 担当(10年間). 2000年, 日本文藝家協会理事、現在常務理事。日本現代詩歌文学館 振興会 ...

http://www.haijinkyokai.jp/about/representative2.html  - 14k

深川正一郎とは - 美術人名辞典 Weblio辞書

深川 正一郎(ふかがわ しょういちろう、1902年3月6日 - 1987年8月12日)は、愛媛県 出身の俳人。上山村(現四国中央市)生。11歳で両親と死別し祖父母に育てられる。 川之江二洲学舎卒。在学中より俳句・短歌をたしなむ。1924年、文芸春秋社に入社。 1930年、日本コロムビア編集長に就任。翌年、俳句朗読の録音で高浜虚子と知り合い 師事する。のち「ホトトギス」同人。1949年「冬扇」を創刊・主宰。1973年、妻の健康の ため「冬扇」を終刊。1987年、「ホトトギス」同人会長となり、また日本伝統俳句協会設立 に伴い ...

https://www.weblio.jp/content/%E6%B7%B1%E5%B7%9D%E6%AD%A3%E4  - 176k

安西 篤(あんざい・あつし) - 現代俳句協会

本名 安齋篤史。 ・昭和 7年(1932年)4月14日三重県生まれ(82歳)。 ・昭和32年( 1957年)職場の先輩、見学玄・船戸竹雄両氏の知遇を得て梅田桑孤氏編集の「胴」 同人となる。 ・昭和37年(1962年)「海程」入会、金子兜太に師事。 ・昭和59年(1984年 )より昭和62年(1987年)まで「海程」編集長。 ・平成 3年(1991年)海程賞。 ・句集に、『 多摩蘭坂』『秋情(あきごころ)』『秋の道(タオ)』など。 著書に『秀句の条件』『金子兜太』 、共著に『現代の俳人101』など。 ・現在、現代俳句協会副会長、海程会会長。 安西 篤 『秋の ...

https://www.gendaihaiku.gr.jp/prize/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%BF  - 8k

編集長小林貴子のご紹介 | 岳俳句会

編集長小林貴子のご紹介. 編集長小林貴子略歴. 1959年8月15日 長野県飯田市生れ 。仮死状態にて生まれる; 1979年 信州大学人文学部に入学、専攻は国文学; 1981年 信州大学学生俳句会、岳俳句会に入会し、宮坂静生先生に師事; 2003年 第58回現代 俳句協会賞受賞; 現在「岳」編集長; 現代俳句協会会員、俳文学会会員、日本文藝家 協会会員. 著書. 第1句集「海市」(1987年12月/牧羊社); 秀句350選30「芸」(1991年12 月/蝸牛社); 第2句集「北斗七星」(1997年12月/本阿弥書店); 「もっと知りたい日本の ...

http://www.take.gr.jp/chief_editor  - 16k

「河」(かわ)は、俳誌。1958年12月、東京都にて角川源義が創刊・主宰 ...

角川 照子(かどかわ てるこ、1928年 - 2004年)は、東京府渋谷町(現東京都渋谷区) 出身の俳人。 1949年、角川源義と結婚する。1979年、源義創刊の「河」主宰に就任。 1987年、『花行脚』により第11回現代俳句 女流賞を受賞した。代表句に「さいはての 句碑に掛け置く春ショール」などがあり、格調と叙情を兼ね備えた句風 である。句集に『 幻戯微笑』『阿呍』『秋燕忌』などがある。2004年8月9日、荻窪の自宅にて死去した。75 歳。 「河」主宰は角川春樹が継いだ。 ◇ 角川春樹(かどかわ はるき、1942年- )1979年 、生前に ...

http://www.kawahakkoujo.com/page13.html  - 12k

第二十九回 伊藤園 お~いお茶新俳句大賞

夏草賞、現代俳句女流賞、俳人協会賞などを受賞。2011年、句集「日光月光」で、 蛇笏賞を受賞。 宮部みゆき作家. 1987年、「我らが隣人の犯罪」で作家デビュー。1999 年、「理由」で直木賞を受賞。推理小説だけでなく、時代小説でも人気作家となる。現代 の日本を代表する作家の一人。作品のドラマ化、映画化多数。 村治佳織ギタリスト. 1992年、ブローウェル国際ギター・コンクールで優勝など、数々のコンクールで受賞。 これまでに20タイトルのCDをリリース。モントリオール世界映画祭審査員特別賞 グランプリ受賞作「 ...

https://itoen-shinhaiku.jp/  - 32k