ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

1956年 - Wikipedia

1956年(1956 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる閏年。昭和31年 。 目次. [非表示]. 1 他の紀年法; 2 カレンダー; 3 できごと. 3.1 1月; 3.2 2月; 3.3 3月; 3.4 4月; 3.5 5月; 3.6 6月; 3.7 7月; 3.8 8月; 3.9 9月; 3.10 10月; 3.11 11月; 3.12 12 月; 3.13 日付不詳. 4 周年; 5 芸術・文化・ファッション; 6 誕生. 6.1 1月; 6.2 2月; 6.3 3 月; 6.4 4月; 6.5 5月; 6.6 6月; 6.7 7月; 6.8 8月; 6.9 9月; 6.10 10月; 6.11 11月; 6.12 12月; 6.13 日付不詳. 7 死去. 7.1 1月; 7.2 2月; 7.3 3月; 7.4 4月; 7.5 5月; 7.6 6月; 7.7 7月 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/1956%E5%B9%B4  - 364k

小澤實 - Wikipedia

小澤 實(おざわ みのる、1956年8月29日 - )は、日本の俳人、俳文学者。大学時代より 「鷹」に所属し藤田湘子に師事。2000年に俳誌「澤」を創刊・主宰。本名・実。 目次. [非 表示]. 1 経歴; 2 作風; 3 著書; 4 参考文献; 5 外部リンク. 経歴[編集]. 長野県長野市 生まれ。1972年、長野県松本深志高等学校に入学。同級にのちに小説家・長野県知事 となる田中康夫がいた。高校時代は文学部の機関誌に小説を寄せ、ガリ版刷りの小 詩集を刊行するなどした。1976年、信州大学人文学部在学中に信大連句会に参加、 東明雅の ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%BE%A4%E5%AF%A6  - 67k

吉野義子 - Wikipedia

吉野 義子(よしの よしこ 1915年7月13日 - )は、俳人。台湾台北市に生まれる。父は 言語学者の小川尚義。幼時に母方の伯父の養女となり、愛媛県松山市にて育つ。県立 松山高等女学校(現松山南高等学校)を経て、1933年、同志社大学英文科に入学。 1934年、結婚のため中退。当初は詩を作っていたが、1947年に俳句に転向。1948年、 「濱」に入会、大野林火に師事。1954年、「濱」同人。1972年、濱同人賞受賞。1979年、 「芭蕉の精神を基盤とした叙情を継承する」として「星」を創刊・主宰。2001年、『流水』 により第1 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E7%BE%A9%E5  - 53k

俳人の金子兜太さん死去、前衛俳句運動を牽引|ニフティニュース

11 時間前 ... 戦争で同大を繰り上げ卒業し、日本銀行に就職後、海軍に入った。主計中尉として南洋 のトラック諸島(現ミクロネシア連邦・チューク諸島)に赴任し、現地で終戦を迎えた。 戦後は日銀に復職し、働きながら作句を続けた。 伝統的な「花鳥 諷詠 ( ふうえい ) 」の 俳句に異を唱え、人間や社会を詠むことを重視し、実作と理論から俳句の改革を目指し た。1956年、句集「少年」で現代俳句協会賞。62年、俳誌「 海程 ( かいてい ) 」を創刊 し、85年から主宰。83年に現代俳句協会会長、2000年から同名誉会長を ...

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12213-201802  - 2018/02/20 - 106k

俳人の金子兜太さん死去、前衛俳句運動を牽引 : カルチャー : 読売新聞 ...

11 時間前 ... 戦争で同大を繰り上げ卒業し、日本銀行に就職後、海軍に入った。主計中尉として南洋 のトラック諸島(現ミクロネシア連邦・チューク諸島)に赴任し、現地で終戦を迎えた。 戦後は日銀に復職し、働きながら作句を続けた。 伝統的な「花鳥 諷詠 ( ふうえい ) 」の 俳句に異を唱え、人間や社会を詠むことを重視し、実作と理論から俳句の改革を目指し た。1956年、句集「少年」で現代俳句協会賞。62年、俳誌「 海程 ( かいてい ) 」を創刊 し、85年から主宰。83年に現代俳句協会会長、2000年から同名誉会長を ...

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180221-OYT1T50010.html  - 2018/02/20 - 106k

金子兜太(かねことうた)とは - コトバンク

百科事典マイペディア - 金子兜太の用語解説 - 俳人。埼玉県生れ。東大経済学部卒。 1974年まで日本銀行勤務。学生時代は加藤楸邨に師事,《寒雷》に作品を発表。1955 年第1句集《少年》刊行。1956年現代俳句協会賞受賞。

https://kotobank.jp/word/%E9%87%91%E5%AD%90%E5%85%9C%E5%A4%A  - 178k

金子兜太さんが死去 戦後の俳句改革を率いる - サッと見ニュース - 産経 ...

11 時間前 ... 10代から俳句を作り、加藤楸邨に師事した。東京大(当時は東京帝大)経済学部を 繰り上げ卒業後、日本銀行に入行したが、海軍主計中尉として南洋のトラック島に赴任 。復員してからは「社会性俳句」「造形俳句」を提唱。俳誌「海程」を創刊して主宰となる など、前衛俳句運動をリードし、理論的支柱となった。 1956年現代俳句協会賞。83年 から同会長を務め、2000年に同名誉会長に。02年「東国抄」で蛇笏賞。08年文化 功労者。日本芸術院会員。 代表的な句に. 〈水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る〉.

http://www.sankei.com/photo/daily/news/180221/dly1802210004-  - 2018/02/20 - 84k

恩田 侑布子(おんだ・ゆうこ) - 現代俳句協会

俳人、文芸評論家。 ・昭和31年(1956年)9月17日静岡市生まれ(60歳)。 ・昭和46年( 1971年)静岡高校に在学中、毎日新聞に俳句は飯田龍太選、短歌は高安国世選で 入選・特選を重ねる。 ・昭和54年(1979年)早稲田大学第一文学部文芸科卒業。種村 季弘、池内紀、平賀敬らとの「酔眼朦朧湯煙句会」、草間時彦捌の 連句「木の会」に終 会まで所属。攝津幸彦に誘われ「豈」同人。 ・平成25年(2013年)芸術・俳句評論集『 余白の祭』で第23回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。 ・平成26年(2014年)国際 交流基金 ...

https://www.gendaihaiku.gr.jp/prize/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%BF  - 10k

晩年や思うところに猫柳 - 現代俳句コラム - 現代俳句協会

実生活では、1947年秋田県仙北郡に移住し、原野の開墾に従事するも生計成り立たず 、夫人のかよさんとともに中学分校の教師となった。余談になるが、そのときの生徒に「 河」前編集長の佐川広治氏がいた。そうした苦難の中で、1951年には執念をもって「 合歓」を復刊する。1956年に初めて乳牛を導入し、以後酪農にて生活は安定に向かった 。1973年に居住地の仙北郡協和町の第1回文化功労賞、1980年には秋田県芸術文化 賞を授与される一方、平凡社発行の「太陽」にて、「俳人とその職業」で脚光を浴びるなど 、 ...

https://www.gendaihaiku.gr.jp/column/view.php?act=detail&id=  - 7k

2017年公式サイト|第7回瀬戸内・松山国際写真俳句コンテスト

俳号マック。1956年カナダ生まれ。ケベック大学大学院経営学科修士課程修了。 鹿児島国際大学国際文化学部教授。 著書に[Haiku Composed in English as a Japanese language](Pukeko Graphics,)がある。朝日カルチャーセンター通信講座「 英語で俳句を楽しもう」担当。外務省、欧州連合主催 第2回EU英語俳句コンテストの 審査委員を務める。 ASAHI HAIKUIST NETWORK/ David McMurray. 発表・表彰. 選考後、2018年1月下旬に、入賞者へ電話もしくはメールでお知らせします。 2018年2 月3日(土)愛媛県 ...

http://matsuyamahaiku.jp/contest/  - 26k