ウェブ 画像 動画 ショッピング レシピ 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

ルクセンブルク大公( 1912年) で検索した結果   1~10 件目/約 4,480 件

アドルフ (ルクセンブルク大公) - Wikipedia

アドルフ(仏: Adolphe, 独: Adolph, 1817年7月24日 - 1905年11月17日)は、ナッサウ 公(在位:1839年 - 1866年)、のちルクセンブルク大公(在位:1890年 - 1905年)。 ナッサウ公ヴィルヘルムの長男。異母妹にスウェーデン王オスカル2世の妃ゾフィアが いる。 生涯[編集]. ナッサウ公時代[編集]. 1839年、父の死によりナッサウ公を継承した。 1844年1月、ロシア皇帝パーヴェル1世の末子ミハイル大公の娘エリザヴェータ・ ミハイロヴナ(エリーザベト)と結婚したが、翌1845年にエリーザベトは女児を死産して 死去した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3  - 109k

ルクセンブルク大公 - Wikipedia

ルクセンブルク大公(フランス語: grand-duc de Luxembourg, ルクセンブルク語: Groussherzog vu Lëtzebuerg, ドイツ語: Großherzog von Luxemburg)は、 ルクセンブルク大公国の君主で国家元首である。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 歴代大公. 2.1 オランジュ=ナッソー家; 2.2 ナッソー=ヴェイユブール家/リュクサンブール家; 2.3 パルム=リュクサンブール家. 3 系図; 4 関連項目. 概要[編集]. 1815年の成立当初、 ルクセンブルク大公国はオラニエ=ナッサウ家のオランダ国王が大公を兼ねる同君連合 下にあり、事実上 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3  - 197k

マリー=アデライド (ルクセンブルク大公) - Wikipedia

マリー=アデライド(Marie-Adélaïde、1894年6月14日 - 1924年1月24日)は、 ルクセンブルク大公(在位:1912年 - 1919年)。大公ギヨーム4世の長女。 生涯[編集]. ルクセンブルクではそれまで女子の継承が認められていなかったが、ギヨーム4世の6 人の子は全員女子であり、傍系の男子も生存していなかった。そのため1907年に継承 法が改正されて、マリー=アデライドが大公位継承者とされ、ギヨーム4世の死去により 1912年に即位した。第一次世界大戦中、ルクセンブルクはドイツ軍の占領下に置かれ た。その際に ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%EF  - 108k

ギヨーム4世 (ルクセンブルク大公) - Wikipedia

ギヨーム4世(フランス語: Guillaume IV, 1852年4月22日 - 1912年2月25日)は、 ルクセンブルク大公(在位:1905年 - 1912年)。オランダ王を兼ねていたウィレム1世、 同2世、同3世にならってオランダ語名でウィレム4世(Willem IV)と呼ばれることもある。 ドイツ語名はヴィルヘルム(Wilhelm)。 生涯[編集]. ナッサウ公アドルフと妃アーデル ハイト・マリー・フォン・アンハルト=デッサウの長男として生まれる。公位継承者とされ ていたが、1866年にナッサウ公国はプロイセン王国に併合されたため、父とともに廃 された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A8%E3%83%BC%E3  - 110k

アンリ (ルクセンブルク大公) - Wikipedia

アンリ(Henri de Luxembourg, Henri Albert Gabriel Félix Marie Guillaume, 1955年 4月16日 - )は、現ルクセンブルク大公。 目次. [非表示]. 1 経歴・人物; 2 称号と敬称; 3 脚注; 4 関連項目; 5 外部リンク. 経歴・人物[編集]. 1964年、祖母のシャルロット大公が 父・ジャンに譲位したため、大公世子となる。 1998年から摂政を務める。長男の ギヨーム大公子が1999年に成人した(ルクセンブルクの成人年齢は18歳)ことを受けて 、ジャン大公の譲位により2000年10月7日に即位した。 1980年、ジュネーヴ大学を卒業 した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA_(%  - 125k

ナッサウ家 - Wikipedia

ナッサウ家(独: Haus Nassau)は、ドイツ西部のライン地方を発祥としたヨーロッパの 貴族、君主の家系。1代限りながら神聖ローマ帝国の君主(ローマ王)も出した家系で、 現在のオランダ王家であるオラニエ=ナッサウ家、ルクセンブルク大公家であるナッサウ =ヴァイルブルク家はともに同家の流れをくんでいる。 目次. [非表示]. 1 起源. 1.1 ラウレンブルク伯; 1.2 ナッサウ伯. 2 ヴァルラム系(ナッサウ=ヴァイルブルク家). 2.1 ヴィースバーデン・イトシュタイン・ヴァイルブルクのナッサウ伯; 2.2 ナッサウ=ヴァイル ブルク家.

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%B5%E3  - 385k

シャルロット (ルクセンブルク大公) - Wikipedia

シャルロット(Charlotte Aldegonde Élise Marie Wilhelmine,1896年1月23日 - 1985 年7月9日)は、ルクセンブルク大公(在位:1919年 - 1964年)。ルクセンブルク大公 ギヨーム4世の次女。1934年から1968年まで100ルクセンブルク・フラン紙幣に肖像が 使用されていた。 生涯[編集]. 1919年、共和制を望む左翼の暴動のため退位した姉 マリー=アデライドに代わって即位した。同年にパルマ公ロベルト1世の子で互いに母方 の従兄妹であるフェリックス公子(オーストリア皇后ツィタの弟)と結婚、2男4女をもうけた 。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3  - 111k

ジャン (ルクセンブルク大公) - Wikipedia

ジャン(フランス語: Jean、1921年1月5日 - )は、ルクセンブルク大公(在位:1964年 11月12日 - 2000年10月7日)。 ハプスブルク家の前当主オットーの従弟にあたる。 1968年から2002年のユーロ導入まで複数のルクセンブルク・フラン紙幣に肖像が使用 されていた。 経歴[ソースを編集]. 即位式(1964年11月12日). 1921年、大公家の居城 ベルク城でルクセンブルク大公シャルロットの長男(第1子)として生まれる。父は パルマ公ロベルト1世の子でオーストリア皇后ツィタの弟フェリックス。ローマ教皇 ベネディクトゥス15 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3_(%  - 150k

ルクセンブルク大公

〈ナッサウ公領は、1866年プロイセン王国に併合| される〉 | ルクセンブルク大公摂政 (1889-1890) | ルクセンブルク大公(1890-1905) | 配1)エリーザベト(ロシア大公 ミハイルの娘) | 2)アーデルハイト(アンハルト・デッサウ公フ| リードリヒの娘) | +― ―――――――――――――――――――――――――――――――――+ | + ―○ウィレム4世――――――――――――――――――――――――――+ [ 1852-1912] | ルクセンブルク大公、ナッサウ公(1905) | 配:マリー・アンナ( ポルトガル王ドン・ ...

http://kakei-joukaku.la.coocan.jp/World/Hugues/Bourbon/bourb  - 15k

ナッサウ家(ルクセンブルク家) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

アードルフ Adolphe Wilhelm Carl August Friedrich. 生没年:1817-1905; 父: ナッサウ公ヴィルヘルム: 1839-1866 ナッサウ公: 1890-1905 ルクセンブルク大公; 妻: エリーザベト(父:ロシア大公ミハイル): 1845 娘(死産); 妻:アーデルハイト・マリー(父: アンハルト公子フリードリヒ・アウグスト): 1852-1912 ウィレム4世: 1854-1855 フリードリヒ・パウル・ヴィルヘルム: 1857 マリー・バティルディス・ヴィルヘルミーネ: 1859-1875 フランツ・ヨーゼフ・ヴィルヘルム: 1864-1952 ヒルダ・シャルロッテ・ヴィル ヘルミーネ(夫: ...

https://reichsarchiv.jp/%E5%AE%B6%E7%B3%BB%E3%83%AA%E3%82%B9  - 15k