ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

リヒテンシュタイン家 - Wikipedia

リヒテンシュタイン家(リヒテンシュタインけ、ドイツ語: Haus Liechtenstein)は、ドイツ 南部のバイエルン・シュヴァーベン地方のドナウヴェルトを発祥とするドイツ系貴族。その 一族はオーストリア東部のウィーン州をはじめ、チェコのボヘミア地方とモラヴィア地方、 スロヴァキア、ハンガリー、ルーマニア北部のトランシルヴァニア地方、スロヴェニアなど に分散している。 リヒテンシュタイン家の当主は代々「Fürst」(公爵または侯爵。プリンス を参照)の称号を継ぐ。それとともに、神聖ローマ帝国期の領邦国家を引き継いだ小国家 で ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3  - 116k

ヨーハン2世 (リヒテンシュタイン公) - Wikipedia

ヨーハン2世(Johann II., 1840年10月5日 - 1929年2月11日)は、リヒテンシュタインの 公爵(侯爵、大公とも)(在位:1858年 - 1929年)。アロイス2世とその妻のフランツィスカ ・キンスキー伯爵夫人の間の長男。 1858年、18歳で公位を継承。その治世は70年と3 ヶ月の長きに渡った。その治世中には幾つもの国家的危機に見舞われたが、その天才 的な統治者的手腕と強運と機転で危機を次々と乗り越えた。国民が貧困に喘ぐのを 見かねて自らの資産から無償で生活資金を貸し付けたりするなど、その温かく心優しい 人柄から ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%8F%E3  - 78k

カール1世 (リヒテンシュタイン公) - Wikipedia

カール1世(Karl I. von Liechtenstein, 1569年7月30日 - 1627年2月12日)は、リヒテン シュタインの侯爵(公、大公とも)。在位1608年 - 1627年。初代リヒテンシュタイン公で ある。 1569年、モラヴィア、ヴァルチツェにリヒテンシュタイン家ハルトマン2世の長子 として生まれる。1599年にプロテスタントからカトリックに改宗した。ウィーンで ハプスブルク家の皇帝ルドルフ2世、およびその弟で後に兄の後を継いで皇帝となった マティアスに仕える。カールは要職に取り立てられ、1608年にはマティアスから侯爵の 位を与えられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB1%E  - 70k

リヒテンシュタイン侯爵家について - 朝日新聞デジタル

ハプスブルク家の寵臣として活躍したリヒテンシュタイン家は、1608年に世襲制の「侯」 の位を授与され、侯爵家となります。次いで、1699年にシェレンベルク領(現在の侯国 北部)を購入、1712年にファドゥーツ伯領(現在の侯国南部)を購入し、1719年にこれらを 併合した領土が神聖ローマ皇帝カール6世より帝国に属する領邦国家として承認され、 リヒテンシュタイン侯国が誕生しました。しかし、侯国の成立後も、リヒテンシュタイン候と その一家は主にウィーンに居を構え、1938年に侯国の首都ファドゥーツに移り住むまで 、この ...

http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/about.html  - 23k

リヒテンシュタイン侯爵の成立:徒然うだうだ雑記 - ブロマガ

2016年3月28日 ... 【12世紀頃】 シュヴァルツェンベルク家のハインリヒ伯爵、ウィーン郊外にリヒテン シュタイン城を建築する。 【1156年以前】 ドナウヴェルトから来たフーゴ伯爵、婚姻 によりリヒテンシュタイン城の継承者となる。 オーストリア辺境伯だったバーベンベルク家 (フランスのカペー家の同族)に仕える。 【13世紀頃】 リヒテンシュタイン家のウルリヒ( 恐らく傍流か、単に「リヒテンシュタイン」に住んでいた、程度の名乗りかもしれない)が詩 を書き残し、後世に詩人として知られる。 【1278年】 プシェミスル朝を経て、 ...

http://ch.nicovideo.jp/sirobe-hakuei/blomaga/ar997677  - 67k

世界一豊かな国 リヒテンシュタイン公国【タックスヘイブン】 - NAVER まとめ

2012年11月7日 ... リヒテンシュタイン家の当主は代々「Fürst」公爵または侯爵の称号を継ぐ。それとともに、 神聖ローマ帝国期の領邦国家を引き継いだ小国家であるリヒテンシュタイン公国の国家 元首の地位をも継承する。 リヒテンシュタイン家が国外に持つ所有地は公国の何倍もの 面積にもなる。リヒテンシュタイン家はこの財力を基礎として、18世紀以来文化・芸術の 保護者としても活動している。またリヒテンシュタイン家は公国から歳費を支給されておら ず、経済的に完全に自立している。現在の君主ハンス・アダム2世は ...

https://matome.naver.jp/odai/2135227153611895101  - 124k

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 | 美術館・博物館・展覧会なら ...

オーストリアとスイスの間にあるリヒテンシュタイン侯国。同国の国家元首であるリヒテン シュタイン侯爵家は、優れた美術品収集こそが一族の栄誉との家訓のもと、500年以上 にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきました。その珠玉の逸品が、ついに日本に 初来日します。本展は、3万点に及ぶ世界最大級のコレクション(英国王室に次ぐ)の なかから、139点を展示します。世界屈指のルーベンス・コレクションからは10点が一挙 に並びます。ラファエッロ、レンブラント、クラナッハなどの巨匠たちの名画を堪能できる 展覧 ...

http://www.museum-cafe.com/special/8088.html  - 25k

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 公式図録 | |本 | 通販 | Amazon

Amazonでのリヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 公式図録。アマゾンならポイント 還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またリヒテン シュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 公式図録もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3%83%B  - 470k

不思議の国リヒテンシュタイン・前編 - DTI

そしてハプスブルク家のアルプレヒト5世はリヒテンシュタイン家の一族を騙して宴会に 呼び、そこで一網打尽の牢屋送りにしました。彼らがもっていた23の城も、牢に入って いる間に没収です。ちょっとひどすぎかも。 ところが、こうして文無しになったリヒテン シュタイン家の人々は凹みませんでした。そこから200年にわたって主君のため仕事に 励みつつ財産を作り、位も世襲侯爵に昇進します。さらに、総理大臣、大蔵大臣、枢機卿 、将軍も輩出したそうですよ。 リヒテンシュタイン家の武器は、仕事の才能だけでは ありません。

http://www.onyx.dti.ne.jp/sissi/episode-83.htm  - 10k

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝 | インターネットミュージアム

オーストリアとスイスの間にあるリヒテンシュタイン侯国。人口3万人強の小さな国ですが 、国家元首のリヒテンシュタイン侯爵家が持つ美術コレクションは約3万点と、個人として は英国王室に次ぐ規模です。本展覧会では139点の名品が来日しています。

http://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view  - 153k