ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

ムハンマドアリー朝 - Wikipedia

ムハンマドアリー朝(ムハンマド・アリーちょう、Muhammad Ali dynasty)は、19世紀 初頭からおよそ150年間にわたってエジプトを支配した王朝(1805年(1840年) - 1953 年)。駐エジプト・アルバニア人非正規軍の隊長ムハンマド・アリーがオスマン帝国主権 下で総督(ワーリー)の地位を獲得したのに始まり、イギリスによる占領、オスマン帝国の 形式的な主権からの離脱を経て、エジプト革命によって王制が打倒されるまで続いた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3  - 129k

ムハンマドアリー - 世界史の窓

ナポレオンのエジプト遠征の混乱時に台頭し、1805年、オスマン帝国のエジプト総督 となり、実質的な独立政権を立てた。1807年にはマムルークを一掃して実権を握って エジプトの近代化政策を推進した。その間、周辺のアラビア半島、スーダンに勢力を 伸ばす。1831年からはエジプト=トルコ戦争を戦い、一時はシリアも支配下に入れるが 、西欧列強の干渉を受けてシリアは放棄したが、1841年エジプト・スーダンの総督の 地位の世襲化を国際的に認められ、エジプトの「ムハンマドアリー朝」(~1952年)の 始祖となっ ...

http://www.y-history.net/appendix/wh1301-023.html  - 14k

ムハンマドアリー朝 - 世界史の窓

総督から副王へ. スエズ運河建設中の1867年、第5代の総督イスマーイールから副王 (ヘティーブ)と称し、自立を図り、実質的には君主としての統治権を持つようになった。 の地位も形式的にはスルタンの臣下であることには変わりはなかったので、完全な 主権国家とは言えず、半独立国という状態であった。そこでエジプトはオスマン帝国の 影響力を排除することを目指し、その過程でフランスとイギリスという列強との関係が 強まっていった。 イギリスの保護国となる. しかし、ムハンマドアリー朝エジプトは、  ...

http://www.y-history.net/appendix/wh1301-023_1.html  - 13k

帝国主義の時代とエジプト イギリスによるエジプトの保護国化 明治政府 ...

まずは、欧州列強の支配に組入れられる前のエジプトはどういう国であったか、そして、 エジプトの近代化を開始したムハンマドアリー朝の成立とその政策について、です。 仕切りマーク ... そのかわり、オスマン帝国の宗主権のもと、ムハンマド・アリー家の エジプトおよびスーダンにおける総督職の世襲が承認された。 ムハンマド・アリーは、 ..... 1892年タウフィークの急逝に伴い、嗣子のアッバース・ヒルミー2世がエジプト副王に。 1907年クローマー卿が退任、後任に民族運動にも理解のあったエルドン・ゴースト。 アッバース・ ...

http://sinojapanesewar1894.com/230egypt.html  - 48k

近代エジプトの国家元首の一覧 - Wikiwand

محمد علي . 1805年7月9日 - 1848年3月2日. 2, イブラーヒーム・パシャ إبراهيم باشا. 1848年3月2日 - 11月10日. 3, アッバース・パシャ عباس باشا. 1848年11月10日 - 1854年7月13日. 4, サイード・パシャ سعيد باشا. 1854年7月13日 - 1863年1月18日. 5, イスマーイール・パシャ إسماعيل باشا. 1863年1月18日 - 1867年6月8日. ムハンマドアリー朝ヘディーヴ(副王). 5, イスマーイール・パシャ إسماعيل باشا. 1867年6月8日 - 1879年6月26日. 6, タウフィーク・パシャ توفيق باشا. 1879年6月26日 - 1892年1月7 日.

http://www.wikiwand.com/ja/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E3%82%A8%E3%82  - 174k

イスマーイール・パシャ - Wikiwand

イスマーイール・パシャ(Isma'il Pasha, 1830年12月31日 - 1895年3月2日)は、 エジプトムハンマドアリー朝の第5代君主(在位:1863年 - 1867年)。オスマン帝国の エジプト総督(ワーリー、在任:1863年 - 1867年)であり、1879年から副王(ヘディーヴ、 在位:1867年 - 1879年)であった。イブラーヒーム・パシャの次男で、ムハンマド・アリー の孫にあたる。

http://www.wikiwand.com/ja/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83  - 100k

イスマーイール・パシャとは - Weblio辞書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/11 08:21 UTC 版). イスマーイール・パシャ(Isma'il Pasha, 1830年12月31日 - 1895年3月2日)は、 エジプトムハンマドアリー朝の第5代君主(在位:1863年 - 1867年)。オスマン帝国の エジプト総督(ワーリー、在任:1863年 - 1867年)であり、1879年から副王(ヘディーヴ、 在位:1867年 - 1879年)であった。イブラーヒーム・パシャの次男で、ムハンマド・アリー の孫にあたる。

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9E%E3  - 191k

山口直彦 『新版 エジプト近現代史 ムハンマドアリー朝成立から ...

2015年1月21日 ... 非西欧世界の近代化政策では明治維新に先行もしくは平行するものとしてオスマン朝の タンジマート、清朝の洋務運動、タイのチュラロンコーン改革などが挙げられるが、それら の中でエジプトムハンマドアリーの改革が、時期的に見れば一番早いと .... 1892年 タウフィーク死去、子のアッバース・ヒルミー2世即位、しかし第一次大戦で2世がトルコ・ 同盟国側に加担する気配を示すと、エジプトを完全に保護領化し、叔父のフセイン・ カーメルをスルタンの称号で即位させ、1517年以来のオスマン朝との ...

https://whbg.wordpress.com/2015/01/21/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%  - 79k

イスラーム思想家

ここに生まれた反列強,反ムハンマドアリー朝の動きは,立憲制・議会制の実現を めざす地主層や,重税から解放されることを願う農民層の支持をもとりつけ,やがて, 外部勢力の排除をスローガンとする一大民族運動へと発展していく.82年には アラービーが軍事 ... 74年,'75~'77年副首相.'80年選挙地盤のコンヤ市でイスラーム 法復活を要求する七万人デモを組織し,軍部によるクーデタで逮捕.'87年以降レファー 党総裁として政治活動を再開し,'96-'97年には首相に就任したが,失脚後はレファー党 そのものが解散に ...

http://www.aa.tufs.ac.jp/~masato/who's.htm  - 125k

WikiZero - 19世紀

アジア・アフリカにとっては苦渋の時代であり、トルコ、タイ王国などの国では西欧文化を 取り入れ近代化が試みられた。清国の半植民地化が実質的に始まったのは、アロー 戦争敗北後に天津条約、北京条約を締結してからである。オスマン帝国もヨーロッパ 諸国による介入でギリシャ独立戦争において敗北し、ムハンマドアリーエジプトでの 台頭を止めることが出来なかった。インドではイギリスが19世紀にマラーター戦争、シク 戦争を行い、インドを植民地化した。1857年にはインド大反乱が勃発したが、翌年に イギリスは ...

https://www.wikizero.com/ja/19%E4%B8%96%E7%B4%80  - 578k