ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

メアリー (スコットランド女王) - Wikipedia

メアリー・ステュアート(Mary Stuart, 1542年12月8日 - 1587年2月8日(グレゴリオ暦2 月18日))は、スコットランド女王(メアリー1世、在位:1542年12月14日 - 1567年7月24 日)。スコットランド王ジェームズ5世とフランス貴族ギーズ公家出身の王妃メアリー・オブ ・ギーズの長女。 メアリーは王家ステュアートの綴りを Stewart から Stuart に替えたが 、これは自身のフランス好みからであったという。同時代のイングランド女王エリザベス1 世と比較されることも多く、また数多くの芸術作品の題材となっている。 親しみを込め、 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3  - 198k

フランソワ2世 (フランス王) - Wikipedia

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。 (2017年8月); 出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2017年11月); 脚注による出典の参照が不十分です。脚注を追加して ... 1558年4月24日、フランソワ はフランスで育てられていたスコットランド女王メアリー・ステュアートと結婚する。1559 年、アンリ2世が不慮の事故で死去すると、フランソワ2世として即位した。フランスの法 では、15 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3  - 2018/02/23 - 138k

メアリー1世 (イングランド女王) - Wikipedia

メアリー1世(英: Mary I of England, 1516年2月18日 - 1558年11月17日)は、 イングランドとアイルランドの女王(在位:1553年7月19日 - 1558年11月17日)。 ヘンリー8世と最初の王妃キャサリン・オブ・アラゴン(カスティーリャ女王イサベル1世と アラゴン王フェルナンド2世の娘)との娘として、グリニッジ宮殿で生まれた。イングランド 国教会に連なるプロテスタントに対する過酷な迫害から、ブラッディ・メアリー(血まみれ のメアリー)と呼ばれた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3  - 169k

【悲劇の女王?それとも悪女?】スコットランド女王メアリー・ステュアート ...

2017年6月22日 ... そしてヘンリー8世の死をきっかけに、スコットランドと同じくカトリックを信仰する祖国 フランスの王太子フランソワとメアリーを婚約させることに成功します。わずか6歳だった 花嫁メアリーは、母と離れてフランスへと渡り、未来の王妃としてフランス王宮で大切に 育てられていきます。 1558年4月、美しく成長した15歳のメアリーは、婚約者の王太子 フランソワとパリのノートルダム寺院で結婚式をあげました。翌年、国王アンリ2世が事故 死したことで、王太子がフランソワ2世として即位し、メアリーはスコットランド ...

https://rekijin.com/?p=21615  - 128k

悲劇の女王 メアリー・スチュアート

フランソワ2世と王妃メアリー翌1559年7月国王アンリ2世の事故死で、王太子は フランソワ2世として即位。メアリーはフランス王妃であるとともにスコットランドの女王で あり、イングランドに関しても順位の高い王位継承権を有していました。メアリーの人生の 絶頂期でした。 即位式の エリザベス1世 1558年11月に姉のメアリー1世が亡くなって( 弟のエドワード6世はその前に亡くなっていました。姉メアリーは旧教徒のため新教徒を 迫害したことで血みどろのメアリーと呼ばれていました)エリザベス1世として即位した際 、

http://hmpiano.net/koharu/friend/michiko/year2005/mary/newpa  - 39k

【女性】フランス摂政母后カトリーヌ・ド・メディシス(1519-1589) | 世界史 ...

2016年11月11日 ... カトリーヌの子どもたち. (フランス国王)フランソワ2世(1544年1月19日 – 1560年12月 5日) – 1558年にスコットランド女王メアリーと結婚。 エリザベート(1545年4月2日 – 1568年10月3日) – 1559年にスペイン王フェリペ2世と結婚。 Isabel de Valois2..jpg. エリザベート・ド・ヴァロワ. オペラ『ドン・カルロス』 エリザベート・ド・ヴァロワは、スペイン 王太子ドン・カルロスと婚約していたが、父王フェリペ2世がエリザベートを3人目の王妃 とした。カルロスの死の数ヶ月後に、エリザベートは亡くなっている。

http://ch-gender.jp/wp/?page_id=12637  - 119k

エリザベス1世とメアリー・スチュアート

1559年義父のアンリ2世はスペインのフェリペ2世とフランスの王女エリザベートの結婚 を祝う席で事故死しました。直ちに夫である皇太子フランソワが即位して、17才の スコットランド女王メアリーはフランスの王妃となりました。しかし翌年フランソワ2世は 王位についてわずか1年半で病死してしまいます。夫の死とともにメアリーの黄金時代は 終わりを告げたのでした。 イギリス女王エリザベス1世との確執 1558年、エリザベス1 世がイングランド女王に即位すると義父アンリ2世はメアリーこそ正当なイングランド王位 継承者 ...

http://little-puku.travel.coocan.jp/1kaigai/12england/18eliz  - 44k

フランス王フランソワ1世妃 アリエノール - まりっぺのお気楽読書

2009年3月5日 ... なんて思いますがそれはそれ、ということで前妃クロードの死から6年後にカスティーリャ 王女でポルトガル王マヌエル1世の未亡人アリエノールと再婚します。カスティーリャ王 フェリペ1世の ... アリエノールももちろん王妃として嫁がせるべくイングランドのヘンリー7 世、次いで8世フランスのルイ12世、ポーランド王ジグムント1世などとの縁談をまとめ ようとしましたがうまくいかずやっと...フランス王 ... 1558年、アリエノールは和平のため に訪れていたスペインのバダホスからの帰途で亡くなりました。 (参考文献 ...

http://blog.goo.ne.jp/marifle1010/e/aea24b1fdd2e5192498863da  - 95k

メアリー・ステュアート

男で身を滅ぼしたといわれるメアリー・ステュアートは、生後6日でスコットランドの王位を 継承し、その後、1558年にフランスのアンリ2世の皇太子であるフランソワとの政略結婚 でフランスの王妃になる。しかし、1560年にフランソワが病死し、世継ぎがいなかった ことから、翌年にスコットランドに帰国。1565年には、ダーンリー卿と再婚を果たし、息子 ジェームズを無事に出産するが、夫婦仲は悪化の一途を辿る。1567年にダーンリー卿が 殺害され、その数日後に思いを寄せていたボスウェル伯と結婚、当時、ダーンリー卿を 殺害 ...

http://www.parco-play.com/web/play/mary/historical.html  - 10k

メアリースチュアートのドラマとは?美しい悲劇のクイーンとエリザベス1世 ...

また、馬の手綱さばきも男性顔負けだったと言います。 朗らかで平等な性格なメアリー は養父であるフランス王アンリ2世、カトリーヌ・ド・メディチからも大変可愛がられました。 虚弱体質だったフランソワ2世や、その姉のエリザベート(後のスペイン王妃)とはきょう だいのように仲良く育ち、メアリーはフランソワ2世の体調を気遣い、良く看病していたと いいます。 そして16歳の1558年、約束通りフランソワ2世とパリのノートルダム寺院で 結婚式を挙げました。 王族に憧れたナポレオンが、後にパリのノートルダム寺院で戴冠 式をし ...

http://european-style.net/marystuart-drama/  - 92k