ウェブ 画像 動画 ショッピング レシピ 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

O157 で検索した結果   0~10 件目/約  件

Wikipediaの検索結果

O157

O157
O157(オーいちごうなな)は、O抗原が157番の大腸菌である。ただし一般に病原菌として認知されているO157は、腸管出血性大腸菌O157:H7のことである。
腸管出血性かつベロ毒素をもつ病原性を示した菌株が発見された大腸菌のO抗原は、O1、O18、O26、O111、O128など多数ありO157:H7もその一部である。ただし同一O抗原の大腸菌の全てがこの病原性をもつことはなく多くの場合は極少数である。ただしO157:H7は比較的多くこの病原性を示す。
本来、これらの大腸菌にベロ毒素生成の機構、DNAはなかったと考えられており、DNA断片がウイルスファージ)により赤痢菌から運び込まれ、これらバクテリオファージに感染した大腸菌自体の遺伝情報に組み込まれたために発現したものとされる。これらの運び屋的ウイルスはウイルスベクターと呼ばれている。
なお、O157は強い酸性のなかでも繁殖が可能なため、酸性の消毒を行っても完全に殺菌されないことが多い。 そのため、熱湯による加熱殺菌が一番有効である。

名称が知られるようになったきっかけ

1996年(平成8年)5月28日岡山県邑久郡邑久町(現在の瀬戸内市邑久町)の学校給食に起因するO157食中毒事件を、岡山県保健福祉部環境衛生課が発表した際に、マスコミを通じて広まったものである。
ちなみに、一部のマスコミが誤った表記であるO-157というハイフンを付けた表記を使用しているため、正確な表記は「O157」であることはあまり定着していない。

経過と症状

加熱の不十分な食材から感染し、100個程度という極めて少数の菌で発症し感染症食中毒をおこす。 そのため感染者の便から容易に二次感染が起こる。
この菌はベロ毒素を作り出す。ベロ毒素は、大腸の粘膜内に取り込まれたのち、リボゾームを破壊し蛋白質の合成を阻害する。蛋白欠乏状態となった細胞は死滅していくため、感染して2~3日後に血便と激しい腹痛(出血性大腸炎)を引き起こす。また、血液中にもベロ毒素が取り込まれるため、血球や腎臓の尿細管細胞を破壊し、溶血性尿毒症症候群急性腎不全溶血性貧血)急性脳症なども起こることがある。急性脳症は死因となることがある。
等の便等から検出されており、その肉に付着する可能性が高い。その防止のためと畜場では施設改装し対応を行った。なお、牛に感染しても無症状である。
加熱に弱いであるため、ハンバーグ挽肉を原材料とする食品は、その中心温度を75℃1分と同等に加熱することが、感染を防ぐため必要である。
また、生レバー、生センマイ等などは殺菌していないので、子供や高齢者など抵抗力の少ない人は食べないことが予防のため必要である。
下痢止めを服用すると、ベロ毒素が排出されない為、重篤もしくは死亡する。一般的な治療法としては、下痢止めを処方することは極力避け、絶食をさせるとともに、輸液を行う。また、透析等も検討するが、対症療法的な処置と言わざるを得ない。
特殊な例では、体験学習などで牧場を訪れ、O157菌の付着している乳牛の乳絞りをした子供が感染したことがある。大人と異なり、子供は免疫が弱いためと考えられる。

歴史

  • 1982年 - アメリカ合衆国オレゴン州ミシガン州などでハンバーガーによる食中毒が発生した。この時O157が原因菌として初めて特定された。
  • 1984年 - 大阪府の兄弟が出血性腸炎に。同様の患者が東京都などでも現れた。その後の調査でO157と判明。
  • 1990年 - 埼玉県浦和市(現在のさいたま市)の幼稚園において、井戸水が原因で集団感染。園児2名が死亡。
  • 1996年 7月13日 - 大阪府堺市学校給食による学童の集団感染。患者数7,996名、死者3名。疫学調査により原因食材としてカイワレ大根が疑われると当時の厚生省(現厚生労働省)が発表したことは、大きな風評被害をもたらした(堺市の学校給食の責任者も自殺した)。また、この事件を契機にHACCPが注目を浴びた。
この問題については、該当食材が残存しておらず、最終的に汚染源は特定されなかった。しかし生野菜汚染が疑われたことから、学校給食などでは温野菜導入の契機となった。
  • 2005年 - 香川県香川郡香川町(現在の高松市香川町)の公営老人福祉施設と同県丸亀市特別養護老人ホームでO157集団感染。両施設の患者から採取したO157の遺伝子が一致したことを県当局が発表し、感染経路の特定に力を注ぐ。2006年2月16日香川県は提供された給食の保存食の浅漬けからO157が検出されたが、遡り調査でO157は製造工場、他製品を含めどこからも検出されず原因不明であると発表。
  • 2005年 11月23日 - 大阪府高槻市児童福祉施設で男児(3)が病原性大腸菌O157で死亡した。同所では2-7歳の幼児13人が下痢腹痛の症状を訴え、入院した。そのうち死亡した男児も含めて二人から病原性大腸菌O157が検出された。市は感染経路の特定を急いでいる。
  • 2006年 - アメリカ合衆国ウィスコンシン州ニューヨーク州などでカリフォルニア産ホウレンソウによる食中毒が発生し、以来全米の20州以上で約150名がO157に感染・発症、1名が死亡した。
  • とくに1996年に多発。87件で患者数10,332人を数え、大きな社会問題となった。
  • 2007年 5月28日 - 東京都西東京市武蔵野大学の学生食堂を利用した13~54歳の学生ら36人が、下痢や吐き気の食中毒症状を訴え、検査の結果、病原性大腸菌・O157が検出されたと発表した。

関連項目

  • 食中毒
  • 溶血性尿毒症症候群(HUS)
  • 菅直人
  • 水夏~おー・157章

外部リンク

おういちこうなな おういちこうなな
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意